人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
d0082970_16250602.jpg
長野でライブしてきました!

d0082970_16250672.jpg
サウンドチェック終わりでラーメン。


蕪村という煮干し系のお店。
730円とかだったっけな。
おいしかったです。
ただセブンイレブンのカップラーメンにもなっている某店に酷似していました。
お店のラーメンが悪いんじゃないですよね。
カップラのレベルが高すぎるだけで。。。

d0082970_16250674.jpg
ライブスタート。


トップのバンドは大学生っぽい感じの若い子たちだったんですが、
「すげえいい曲だなー」と思って聴いてたらWANIMAのコピバンでした(笑)。
「バンド楽しい!ライブ楽しい!(WANIMA大好き!)」っていう
純粋さ全開なステージに心を洗われたました。
ライブを心から楽しんでいるという意味では負けちゃってたかも。

次の少女というバンドは高校2年生だとか。
こっちはオリジナルでした。(多分)
曲も演奏も個性的でカッコよかったんだけど、
もうすぐ解散しちゃうらしくて残念でした。
メンバーはそれぞれまた違う形でバンドを演るのかな?
やめちゃったら寂しいな。

この日は何と言ってもClock Endですね。
ここ最近では一番のヒット。
ヒットじゃないな、ホームラン。
マジで良かったです。
日本には僕の知らないすごいバンドがまだまだたくさんいるんだなと思いました。
HPとかを見る限りそんなに活発には動いてないみたいなんですが、
またライブが見たいです。
頂いた音源は激しく聴いてます。
「メロディー」っていう曲が特に好きなんですが、
サビの「メロディーがー、メーロディーが(タンタン!)」って所の
スネア2発「タンタン!」が天才。

MVがあるので貼っときますね。



3SET-BOBとは久々の対バンでした。
ただでさえ楽曲の幅が広いのに、更に同期を使い始めたりとかで
どんどん新しい姿に変化していきますね。
3ピースでやれることを目一杯というか
若干あふれちゃってるぐらいに詰め込んでいる
おもちゃ箱みたいな遊園地みたいなバンド。
ツアー気を付けて回ってこいよー。

そういえばトップのバンドからずっと
最前で激しく踊って楽しんでる男性のお客さんがいて、
「SHACHIの時も同じ感じで見てくれるのかな?」と思ってたら
SHACHIの時いなくなってた!
なんで??(笑)
NANISAMA?までは間違いなくいたんだけどな。。。

JUNK BOXのラストはヒダカさん。
数年前までは音源聴いたりテレビで見たりすることしかできない人だと思ってたけど、
今では「ちよんって剛力彩芽に似てきたよね?」という
イジリを頂くぐらいにはなったぞ!数年前の俺よ!(笑)
この日限りの編成っぽい感じでのライブでしたが、
やっぱりヒダカさんの曲は、ヒダカさんの歌はカッコよかったです。
またご一緒させてもらえたらうれしいですね。

それからVenueに会場を移して第2部のスタートだったのですが、
早朝出発で運転してきて帰りの運転もあったので、
Fine Fieldを半分くらい見たところで抜けさせてもらいました。。。

長野にはSHACHIで何度も来させてもらっていますが、
いつも温かく迎えてくれる皆さんがいて本当に感謝してます。
また必ず帰ってきます!
ありがとうございました!
# by kimjiyoung | 2019-03-14 23:47 | バンド・音楽 | Comments(0)

20190217 Live at 新宿ACB

d0082970_16242428.jpg
ACBでライブでした。


サウンドチェックを終えて楽器店へ。

d0082970_16242450.jpg
耳栓買いました。


耳栓自体は百均のやつで事足りるんですが、
このケースが欲しくて買いました。
画像では分かりづらいですが、
リングが付いていてキーホルダーに掛けられるやつです。
ずっと探してたんですが、なかなか無くて。

ただ耳栓自体がむちゃくちゃ硬くて、
ギュッて潰してもすぐ戻っちゃうし全然耳に入らないっていう。。。
海外仕様なのかな??
ケース以外全捨てかもしれない。。。
色は真っ赤でカッコいいんですけどね。
大体肌色か蛍光イエローだから(笑)。

百均のやつでも当たり外れがありますよね。
ちゃんと潰れてゆっくり戻ってくれるやつと、
上に書いたみたいにすぐビョンて戻っちゃうやつが。

僕、耳栓結構使うんですよ。
ドラムを叩く時はコーラスの音程取るのに片方には耳栓してますし、
電車、バス、新幹線とかで寝たい時には必須ですね。

あと冬は耳栓が潰れやすくて入れやすいですよね。
最近は暖かくなってきたので潰れづらくて。
耳栓の話長いですね(笑)。


ライブはrhyrhyrhythmのレコ発だったのですが、
出番前だったので楽屋で音漏れを聴きました。

数年前までは1つ前のバンドの最後の曲が終わるまで平気でフロアにいたりしてましたが、
今それやっちゃったら自分のライブに集中できず気が散っちゃってだめな気がします。
だからそのころは集中できてないままライブしていて「こんなもんか」って思ってたのかも。
もちろんその時は適当にやってるつもりはなかったですよ。
その時なりに全力でやってたつもりでしたが、今思うとっていう。
まだまだこれからも変わっていかなきゃならない所、
今の自分に気付けていないことがたくさんあるんじゃないかな。

あとトリ前に出ていた沖縄の奢る舞けん茜というバンドがカッコよかったです。
読めないし覚えづらいんですが、メンバーがMCで何度もその名前を言っていて
おかげで覚えられました(笑)。

この日は機材出しながら飲む人は飲んでてって感じで打ち上げはなかったので
缶ビールを買って終電前の電車で帰ったんですが、
やっぱりACBは僕にとって特別ですね。
今まで一番たくさんステージに上がったライブハウスだし
これからも何度も足を運ぶことになるんだろうと思いますが、
実際に一度閉店してますしね。
自分がいつまでドラムを叩けるかだって
自分の意思ではどうにもならない状況になるかもしれないわけだし、
やっぱりバンド活動ができること、ライブができること、
ACBのステージに立てること、そこにみんなが遊びに来てくれること、
そのどれも当たり前じゃないんだなと改めて思いました。

呼んでくれたリョウスケさん、林さん、ケイタロウさん、マリカちゃん、
遊びに来てくれた皆さん、ありがとうございました!

d0082970_16242472.jpg
新宿ACBでまた遊びましょう!

# by kimjiyoung | 2019-03-11 20:03 | バンド・音楽 | Comments(0)

20190210 Live at 高松TOONICE

神戸から高松へ。

d0082970_16233356.jpg
これ飲んじゃうっすよね。儀式的なアレで。玄米茶。

d0082970_16233380.jpg
メンバー、スタッフでカウンターに並んでお好み焼き。

タケさんが連れていってくれたのですが、
肝玉というレバーなどが入ったお好み焼きで
香川(高松?)の知られざる名物らしいです。
おいしかった。

d0082970_16233323.jpg
VIVASNUTに呼んでいただきました。

前回高松に来たのは去年の11月だったので、
3か月ぶりに来られたってことですね。
僕はSHACHIに入るまで四国に足を踏み入れたこともなかったので、
こうしていろんな所に呼んでもらえてライブができることは
本当に恵まれているなと改めて思います。
それに対して自分はドラムでちゃんと応えられているのかと考えると、
やはりまだまだ全然だめですね。。。
でも少しずつでも良くなれるように自分を信じて、
メンバーを信じてやっていくだけなので
これからも頑張っていきたいです。

VIVASNUTは東京で活動していた時に知り合ったのですが、
正文が高松に帰ってからのほうがむしろ近い間柄になれている気がします。
この日のVIVASNUTのライブも本当にカッコよかった。
メロディー良し、アレンジ良しで演奏もみんな上手だし。
(ケイ君のベースはマジでイカしてます)
次はACBで一緒にやれたらうれしいな。

d0082970_16233373.jpg
遅くまでつきあってくれてありがとう。またね。

# by kimjiyoung | 2019-03-07 23:25 | バンド・音楽 | Comments(0)
d0082970_16213855.jpg
神戸でライブしてきました!

d0082970_16213981.jpg
カッコいい。

d0082970_16213806.jpg
サウンドチェックからスタジオリハを挟み、
かわいい後輩がバイトしているカフェに特攻んできました。

d0082970_16213831.jpg
中華街を通ってハコに戻りました。


よく言われていることかもしれませんが、横浜と神戸ってどこか似ています。
それぞれ東京と大阪が隣にあって、どちらも港町で、中華街もあって。
小洒落たところも同じような。
僕は神奈川の中でも段ラスにマイナーな地域で生まれ育ちましたが(苦笑)、
そんなこともあって神戸にはちょっとした親近感を持っています。

この日はちょうど旧正月だったので中華街はすごく賑わってましたね。
色々飲み食いしたいところでしたが、本番前なのでぐっと我慢して素通り…。

d0082970_16213840.jpg
今度はゆっくり遊びに来たいなー。

d0082970_16213963.jpg
ライブスタート。


この日はSMASH RAIDの20周年記念として、
アメリカからTHE DICKIESを迎えての公演でした。

トップのSKIPPERSからトリのTHE DICKIESまで、
PUNK全開で突っ走ったイベントでしたね。

呼んでくれたアキヒロ、いつもありがとう。
遊びに来てくれた皆さんもありがとうございました。

d0082970_16213914.jpg
チャイナのアニキに使用済みスティックをねだっちゃいました!(笑)
めちゃめちゃ優しくてカッコよくて大好きです!!

d0082970_16213900.jpg
食べちゃいました。


翌日の高松に続きます。
# by kimjiyoung | 2019-03-06 21:04 | バンド・音楽 | Comments(0)

20190119 Live at 福井CHOP

福井でライブしてきました!

d0082970_23390976.jpg
個人的には初福井でした。CHOPにやっと行けたー!(嬉)

d0082970_23390963.jpg
LOOKLIKEに呼んでいただきました。

LOOKLIKEとは出会ってどれくらいだろう。
5、6年かな?
そこまでべったりでもなく、
かといってあまり空き過ぎない感じで対バンできてる気がしますが
やっぱりちょうど脂が乗ってくる頃というか、
どんどん音源作ってガンガンライブやって
いろんなものを吸収して前に進んでる感じがすごくしますね。
この日のライブもすごく良かったです。
体が鍛えられて絞られて、どんどん締まってくる感じって言うんですかね。
説明が難しいけど、そんなイメージ。
3人ともスキルも高いし、ルックスもいいですしね。
ハヤトのハイトーンだったり、
勢いのあるカズのドラミングに目が行きがちかもしれませんが、
僕にはユウマの堅実なギタープレイや控えめながらも曲に彩りを与える下ハモが
キラリと光って見えますね。

お前は評論家かって感じですが、
まあ思ったことを書くのがブログなのですみません(汗)。
僕も僕で「じゃあ自分には何がある?何ができる?」と
常に考えてやってるつもりです。
負けようと思って演ってる人はいませんからね。

d0082970_23390900.jpg
ドラマー大...ではないですね。小集合(笑)。


CHOPには初めて行ったと書きましたが、楽屋にゴミ箱がないんですよ。
持ち込んだごみは持って帰る、
近隣のコンビニで買った物ならコンビニへ捨てに行くという方針なんだとか。
それでも誰の物か分からなくなったペットボトルとかが残ったりするわけですね。
それは終演後に出演者がまとめてコンビニに捨てに行くと。
(この日はLOOKLIKEのメンバーが捨てに行ってました)

こういうルールがあるライブハウスは多くないんじゃないかなと思いますが、
(僕はここ以外に知りません)
僕はすごくいいと思いました。
ライブハウスってどこも大変だと言うじゃないですか。
実際にCHOPもダニ純君が1人何役もこなしてましたし、
楽屋のごみを片づけることまでハコ側にやらせちゃだめですよね。本来は。

分かりやすいところでは終演後、
ライブハウスの前にお客さんや演者がたまると近隣から苦情が来てしまうので、
それを防ぐためにスタッフが見張ったり声をかけて帰らせたりします。
当然それには人件費が発生するわけで、
少なからずライブハウスの経営を圧迫します。
そのためにチケット代やドリンク代を上げなければならなくなり、
結果お客さんの財布の紐を締めてしまうという悪循環に。

そういった意味で、楽屋にごみ箱を置かないというのは
好循環を生む良い例なのではないでしょうか。
啓蒙にもなるはずですしね。
僕はこの日以降「楽屋はきれいに使わなきゃ」となったので。

そう考えると、終演後はスパッと片づけて
サクッと搬出をして早くハコを出てあげたほうが
ライブハウス的には助かるんですかね。
余韻たっぷりに残りがちになっちゃいますが、どうなんでしょう。
いずれにしてもライブハウスという大切な場所を守っていくために、
できることはやっていかなきゃと思ってます。

福井CHOP、LOOKLIKE、ありがとうございました!
# by kimjiyoung | 2019-02-27 23:02 | バンド・音楽 | Comments(0)
d0082970_23382010.jpg
府中の翌日は熊谷でライブでした!

d0082970_23382098.jpg
メンツ濃すぎることないですかこれ(笑)。

d0082970_23382052.jpg
熊谷に来たら必ず食べるきくちひろき。この日は赤鬼にしました。


この日はトリで演らせてもらったのですが、どのバンドも色の強いライブをしてました。
イベントは全体的にまあ押す押す(笑)。

この日はキャプテンズを初めて見たのですが、なんかもうすごかったです。
1か月以上たった今でも余韻が残ってるくらいに。。。
ユタ州もそうだしセクマシもそうですが、やっぱり振り切ってるバンドはカッコいいですね。
自分に足りない所だとも思いますし。
やろうと思ってできることでもないのかもしれませんが、
中途半端が良くないのは間違いないので、自分なりにもっと突き詰めてやっていかなきゃなと。

僕ももう今年で40歳になります。
ドラムを叩き始めてからは28年......28年??
もうそんなにやってるのかー。
でもまだまだ全然やれると思ってるし、変われると思ってるし、
やるしかないのでやりますよ。
少しずつだとしても前に進みたいです。

呼んでくれたヤマさん、ありがとうございます!
遅くまで残ってくれた皆さんも本当にありがとうございました!
# by kimjiyoung | 2019-02-22 19:26 | バンド・音楽 | Comments(0)

20190105 Live at 府中Flight

d0082970_23360573.jpg
新年一発目のライブは府中でした!


機材搬入、サウンドチェックを終えてから腹ごしらえにぶらっと駅前へ。
そんなにいろいろ探してる時間もなかったので、
目に入ったラーメン屋へ。

d0082970_23360512.jpg
ここ。

d0082970_23360511.jpg
ラーメン。650円とかだったかな。


味は悪くなかったけどこれで650円は高い印象。
最近はカップラーメンでもなかなかのクオリティーですしね。
特に博多とんこつだったらワンコインで替え玉無料ぐらいがいいなー。
博多天神食べたい。

そういえば風龍がいつの間にかラーメン650円になってましたね。
前はよく食べてましたけど、新宿とか渋谷だったら天神行っちゃうなー。

d0082970_23360584.jpg
大國魂神社は初詣(?)の客で賑わってました。


そういえば初詣って2回しか行ったことないです。
高3の時にクラスのみんなで行ったのと、二十歳ぐらいの時にも1回行ったっけな。
あんまそういう習慣なくて。。。

d0082970_23360657.jpg
ライブスタート!ユタ州の企画に呼んでいただきました!

1バンド目は花団。
12月のAdmに引き続き(笑)。

僕、花団のメンバーとは同い年なんですが、
それでガンプマンともずっとタメぐちで話してたんですね。
そしたらこの日、ハコの前の自販機の所でガンプマンに
「おごるよ。俺年上だし」って言われたんです。
すぐにタメだと伝えたんですが、ずっと年下にタメぐちきかれてると思われてたわけじゃないですか(汗)。
訂正できて良かったけど、他にもそういう人がいたら嫌だなー。
実年齢より下に見られるほうだからありそうで怖いです。
僕は相手が1学年でも上だったら例外なくさん付け敬語です。
あ、スタッフのエイコちゃんにはさん付けしないか。
例外ありましたね(笑)。

ちなみにガンプマンにはそのままジュースをごちそうになりました(笑)。
ありがとう!^^

2バンド目はSABOTEN。
SABOTENのメンバーともタメですね。
対バンは久々だった気が。
ヤッソーの髪形が会う度に違うので、それがちょっと楽しみだったりします(笑)。

3バンド目はkobore。
koboreとの出会いは去年の福島で、それもユタ州の企画でした。
今回の府中はその2バンドの地元なので、それもうれしかったですね。
自分の出番前だったので袖からのぞく程度しか見られませんでしたが、
カツキのドラムはマジやばいですね。。。
しかも謙虚で人なつこい。
そういう完璧なやつやめて(笑)。
ていうかkoboreはみんなそうか。
改めてすごいバンドだなと。

そして4バンド目はSHACHI。
新年一発目ってことで、ってわけでもないですが(笑)、
思い切りやらせていただきました。

トリはユタ州。
いつでもどこでも全力で振り切ったライブを見せてくれるユタ州ですが、
地元での企画ということでこの日はやはり一味違いましたね。
バンドってカッコいい、ライブハウスって楽しい、ライブって心が震えるんだってことを
改めて感じました。
あといつも「カレーライス」を聴いて泣くんですが、
この日は他の曲でも泣いてしまいました。

d0082970_20204255.jpeg
ドラマー大集合!(たっちん不在)


呼んでくれたユタ州、府中Frightの皆さん、遊びに来てくれた皆さん、
ありがとうございました!
翌日の熊谷に続きます!


# by kimjiyoung | 2019-02-21 19:49 | バンド・音楽 | Comments(0)

20181222 Live at 磐田FMSTAGE

2018年、最後のライブは磐田でSHACHI企画でした!

d0082970_10575068.jpg
行きの待ち合わせ場所で時間に余裕があったので立ちそば食べました。


立ちそば好きなんですよねー。
数分で食べられちゃうのも大きいです。
食べるのは大体、山菜そばかかき揚げそば。たまに天玉そば。

d0082970_10575148.jpg
FM到着。

d0082970_10575100.jpg
静岡なメンツ。

d0082970_10575186.jpg
カレンダーも販売。画像で見る以上に現物はかなりいい感じですよ!


開演前まではGOOFY遠藤さんを囲んで談笑。
久々にお会いしましたが、遠藤さんは本当に面白いです。
ただこの日はかなり具合が悪そうでした。。。
と思ったらライブはバシッとやってくれましたね。
でもやっぱり打ち上げは出ずで帰られました。。。

aroundsはギターが不在でヘルプがテッコ君でした。
まあ僕はその編成のライブが見られて大満足でしたが。
みんなそうだったんじゃないかな。
またこれからギタリストを探すみたいですね。
いいメンバーが見つかることを願ってます。

トップで出てもらったATOMIC SKIPPERは浜松のSMASH UP企画で知り合って、
地元が磐田ってことで呼ばせてもらいました。
この日も熱量たっぷりのライブを見せてくれました。
アトスキはドラマーが不在とのこと。
ヘルプがだめとかでは全然ないですが、
バンド側としては正規メンバーを見つけたいところでしょう。
早く決まるといいですね。

SHACHIは僕が入ってからはこの日が初披露となったレパートリーも2曲混ぜ込み、
ダブルアンコールまで頂いて思い切りやらせていただきました。
遊びに来てくれた皆さん、ありがとうございました。

d0082970_10575121.jpg
大先輩のツヨシさんと、ダチのしんちゃん。2人とも大好きです。

d0082970_10575141.jpg
忙しい中駆けつけてくれたみさこ嬢もありがとう!


2018年の締めがSHACHIの地元磐田でよかった!

d0082970_20225767.jpeg
2019年もよろしくお願いします!

# by kimjiyoung | 2019-01-30 20:28 | バンド・音楽 | Comments(0)

20181209 Live at 駒ヶ根NIRVASH

上越での夜が明けて長野県は駒ヶ根へ。
宿を出る時に雪がパラついていて少し不安だったのですが、
高速に乗るため進むごとに降雪量が増えていき、
結果ばっちりチェーン規制。。。

機材車はノーマルタイヤでチェーンも積んでいなかったので、
イエローハットに移動してチェーンを購入。
雪の降りしきる中、メンバー3人がかりでチェーンを装着。
そしてスタッフえいこちゃんの安全運転で、

d0082970_10580206.jpg
無事NIRVASHに到着!


サウンドチェックにもちゃんと間に合ってよかった。

そして「ニルヴァッシュ」だと思ってたら「ニルヴァーシュ」というルビが振ってありました。
意味を調べたらNIRVANAと関係があるみたい。
「ニルヴァーナ」だもんね。納得。

d0082970_10580267.jpg
こんなメンツでした。

あと飛び込みで長野のTHE RAPIDも出てました。

駒ヶ根にもNIRVASHにも初めて行ったのですが、
歓迎がものすごかったです。
もうほんと、びっくりするほどに。
ヒデタさんもMCで言っていましたが、
額面どおりに受け取っていいものかと戸惑ってしまいましたから(笑)。
でも気持ち良く思い切りやらせてもらえてうれしかったです。
地元バンドもみんな個性的でカッコよかったなー。

日本にはまだまだ行ったことのない土地に行ったことのないライブハウスがあって、
そこには土地ごとのまだ見ぬシーンがあって、
SHACHIという名前でその中に飛び込んで演らせてもらえる。
ライブハウスを守っている人、シーンを守っている人、
そこに遊びに来るお客さんだってそうだし、
いろんな人の思い、悩み、苦労や喜びがそこには詰まっているわけです。

そして僕が今もこうしてバンド活動を続けられていることは、
バンド関係ではない人も含めたたくさんの人たちの理解と協力のもとに成り立っています。
これはもはや奇跡と言っても過言ではありませんし、
僕1人の問題ではとっくになくなっています。
1ステージ、1曲、1打の重みを改めて感じ、考えなければと思いました。

この日はSHACHIがトリ前でONE’S TRUESがトリ。
前日の上越では自分の出番前でちゃんと見られませんでしたが、
この日はばっちり堪能しました。
いやー、マジですごいバンドですね。
また是非一緒にやりたいです。

d0082970_10580288.jpg
海太、2日間ありがとう!


NIRVASHにもまた近いうちに行けたらなー。
マコトさんをはじめ駒ヶ根の皆さん、ありがとうございました!
# by kimjiyoung | 2019-01-26 00:06 | バンド・音楽 | Comments(0)

20181208 Live at 上越EARTH

d0082970_10570830.jpg
上越でライブしてきました!

d0082970_10571276.jpg
ONE’S TRUTHが呼んでくれましたー。


ドラムの海太とはおいそこ時代からの付き合いですし、
なんならその前のジェネでも対バンしてますし、
タケ君とはライブハウスで顔を合わせて挨拶したことはありましたが、
ONE’S TRUTHのライブはまだ見たことがありませんでした。
海太の前のドラマー2人も知ってるんですけどね。
なぜかそのタイミングがなくて。

実力についてはうわさで聞いてましたし、音源も聴いてはいたのですが
やっぱり生で感じるサウンドとパフォーマンスはすごいものがありましたね。
音楽性も「◯◯っぽい」と表現できるような似たバンドが思い浮かばないほどの
オリジナリティーを感じました。
しかも変に個性的な方向に突き抜けているのではなく、
音の幅はものすごく広いという。
逆にONE’S TRUTHを見て「カッコいい!こういうのやりたい!」となるフォロワーが
これから出てくるんじゃないかとも思いましたが、
あれはまねするのも簡単じゃないですからね(汗)。
そういう意味でも非常に貴重なバンドなんじゃないかと。

今はベースが空席で、この日はCATS EYEの亮がサポートで弾いてたのですが、
全く違和感はなかったですね。
亮はもともとベース上手だし、しっかり歌えますしね。

この日はSTUNNERも一緒でしたが、相変わらず熱すぎました(笑)。
いや、すごいですね、髙木正典は。本当に。
ただ歌うたいってああじゃなきゃいけないのかなと。
詞を書いて、メロディーに乗せて人に何かを伝えるって普通のことではないので、
普通の人が普通にやったところで何も起こらないわけです。
だから非凡でない僕は、その歌うたいを後ろで支えることに喜びを見い出し
それがバンドという形で成立するのではないかと思います。

僕らもアンコールまで全力で演らせていただきました。
上越の皆さん、ありがとうございました!

翌日の駒ヶ根に続きます。
# by kimjiyoung | 2019-01-21 08:43 | バンド・音楽 | Comments(0)