金子賢さんの話

昨日、弟のチガンがうちに遊びに来てこのブログの話になった。
弟の友達がある日、金子賢選手をバッシングしている友達に対して、
「おい、チガンの兄貴に怒られるぞ」と言ったんだとか。
彼もこのブログを読んでくれているのだそうだ。
とてもうれしいことである。

少し前の話になるが、HERO'Sで金子賢選手と所英男選手が対戦、
結果は所選手の圧勝となった。

金子選手に対しては様々な意見があるが、
その中でも多いのが「アマからやり直せ」というものだ。

僕は全くそうは思わない。
なぜなら、プロ格闘家に必要な要素として

「その選手の試合を観たいと思うか」

という部分はかなり多くの割合を占めるからだ。
プロ格闘家は普通、面白い試合をするための経験をアマチュアで積む。
金子選手は芸能界でそれをやってきたのだから、
専属のトレーナーがついたり、桜庭選手がセコンドにつくのも当然のことに思える。

柔道などの別種目からプロに転向する場合には、
一戦目からプロのリングに上がることに異を唱える人は皆無だ。
金子選手の場合もその意味では同じなのではないだろうか。

当然、このまま負け続ければ
いずれ誰も彼の試合を観たいとは思わなくなるだろう。
アマチュアからやり直すのはそれからでいいはずだ。

例えばその頃に、

「やっぱ俺、格闘技向いてないんで辞めます」

と言ったとしても、それはそれでいいと思う。

少なくとも彼の人生に何の関わりもない人間が、
「なんだよ、それ。ちゃんと最後まで続けろよ」と言うべきではない。
続けることでリスクを背負うのは彼自身なのだから。
[PR]
by kimjiyoung | 2006-11-20 11:03 | 雑記・エッセイ | Comments(0)

著者近影


by kimjiyoung
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30