必要とされる人間に

毎朝テレビをつけるとイジメの話。
俺も昔イジメられてたけど、つらかったなー。
まぁあの時は俺も調子こいてたし、イジメてたやつらもバカだったから
変に納得してるんだけどね。
今となっては貴重な経験したなと思う。
そういう経験してないと、
「死ぬ勇気があったら生きられるだろ」とか言えちゃうんだろうな。――

日韓W杯の時は韓国でデビューの準備をしてたんだけど、
結局企画がポシャって半年で日本に帰国。
契約してた芸能プロダクションもクビになった。
でも、自分の意思でもう一回韓国に行ったんだ。
このまま引き下がれないなって。

渡韓した当日はマネージャーや他のタレントもみんな忙しくて、
誰もいない合宿所に一人でいた。
ふと「俺、呼ばれてもないのに何で来たんだろ?」って思って
ベッドにつっぷして大泣きした。――

やっぱり人間は誰かに必要とされることに、
生きがいを感じるように出来てるんだと思う。
自分もそう思ってくれる人がいるから生きてるし、
「あ、俺いなくてもいいんだ」って思ったら、
どうなっちゃうかわからない。

必要とされる人間になりたい。
強くそう思う。
[PR]
by kimjiyoung | 2006-10-18 19:10 | 雑記・エッセイ | Comments(0)

著者近影


by kimjiyoung
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30