辛党と好き嫌い

僕は甘いものが苦手だ。
小さい時から、「お菓子をあげる」と言われて
出てきたのがチョコレートだったりするとげんなりしていた。

今も家に人を招くとたいがいは、手土産に甘いものを買って来るから、
そのほとんどは、そのまま冷蔵庫の中で何日かかかって腐り、
結局ゴミ箱行きとなる。(これからうちに来る方は、手ブラで結構です)

誰かの誕生日で皆でケーキを食べようとなった時などは、
僕はただ座ってだけいる。
気の利く人が「食べないの?」と聞いてくる。
「甘いの苦手なんで」と答えると、
そのうちの誰かに「これそんなに甘くないよ」と言われる確率97%。。。_| ̄|○

僕が一口食べてから、「甘すぎて食べられない」と言ったならまだし(以下略

ほぼ同じようなケースで、
誰かが「にんじんが食べられない」と言ったとする。
そこにいるうちの誰かが
「えー? にんじんおいしいじゃーん」と言う確率98.2%。。。_| ̄|○

いや、だから、今は多くの人がおいしいと思って食べているものの中で、
食べられないものが何かを話しているんであって、
あんたがそれをおいしく感じるかどうかを言う必要はないのだよ。(省略なし)

こんなこと考えながら人と接してると、めちゃくちゃ疲れるからやめた方がいいね。
[PR]
by kimjiyoung | 2006-10-17 17:52 | 雑記・エッセイ | Comments(0)

著者近影


by kimjiyoung
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30