20181209 Live at 駒ヶ根NIRVASH

上越での夜が明けて長野県は駒ヶ根へ。
宿を出る時に雪がパラついていて少し不安だったのですが、
高速に乗るため進むごとに降雪量が増えていき、
結果ばっちりチェーン規制。。。

機材車はノーマルタイヤでチェーンも積んでいなかったので、
イエローハットに移動してチェーンを購入。
雪の降りしきる中、メンバー3人がかりでチェーンを装着。
そしてスタッフえいこちゃんの安全運転で、

d0082970_10580206.jpg
無事NIRVASHに到着!


サウンドチェックにもちゃんと間に合ってよかった。

そして「ニルヴァッシュ」だと思ってたら「ニルヴァーシュ」というルビが振ってありました。
意味を調べたらNIRVANAと関係があるみたい。
「ニルヴァーナ」だもんね。納得。

d0082970_10580267.jpg
こんなメンツでした。

あと飛び込みで長野のTHE RAPIDも出てました。

駒ヶ根にもNIRVASHにも初めて行ったのですが、
歓迎がものすごかったです。
もうほんと、びっくりするほどに。
ヒデタさんもMCで言っていましたが、
額面どおりに受け取っていいものかと戸惑ってしまいましたから(笑)。
でも気持ち良く思い切りやらせてもらえてうれしかったです。
地元バンドもみんな個性的でカッコよかったなー。

日本にはまだまだ行ったことのない土地に行ったことのないライブハウスがあって、
そこには土地ごとのまだ見ぬシーンがあって、
SHACHIという名前でその中に飛び込んで演らせてもらえる。
ライブハウスを守っている人、シーンを守っている人、
そこに遊びに来るお客さんだってそうだし、
いろんな人の思い、悩み、苦労や喜びがそこには詰まっているわけです。

そして僕が今もこうしてバンド活動を続けられていることは、
バンド関係ではない人も含めたたくさんの人たちの理解と協力のもとに成り立っています。
これはもはや奇跡と言っても過言ではありませんし、
僕1人の問題ではとっくになくなっています。
1ステージ、1曲、1打の重みを改めて感じ、考えなければと思いました。

この日はSHACHIがトリ前でONE’S TRUESがトリ。
前日の上越では自分の出番前でちゃんと見られませんでしたが、
この日はばっちり堪能しました。
いやー、マジですごいバンドですね。
また是非一緒にやりたいです。

d0082970_10580288.jpg
海太、2日間ありがとう!


NIRVASHにもまた近いうちに行けたらなー。
マコトさんをはじめ駒ヶ根の皆さん、ありがとうございました!
by kimjiyoung | 2019-01-26 00:06 | バンド・音楽 | Comments(0)
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28