20180127 Live at 心斎橋DROP

浜松の翌週は大阪でライブでした。

最近、大阪への移動は高確率で夜行バス。
初めの頃は新宿から乗ってたんですが、最近は横浜発が多いですね。
西に行くならそっちのほうが断然ロスが少ないので。

そんで朝方になんばハッチ前に着いて、
PUNK DRUG NIGHTに出た時のことを思い返しながら
アメ村のほうに歩いていくのが定番です(笑)。

で、軽く腹ごしらえをしてから漫喫に入るんですが、
この日は何となく

d0082970_20145124.jpg
久々に神座を食べました。たまにはいいですね。

漫喫で少し休んでからGREENでスタジオリハ。
これも最近は定番。(AT-FEELDがいるのも定番)


からの会場入り。

d0082970_20145152.jpg
SMASH UPのツアーファイナルに呼んでいただきました。


で、さっきの夜行バスの話なんですが、
DROPに挨拶に来ていた元39degreesのバクに聞いたら町田発のバスがあるとか。
それは知らなんだ。。。

夜行バスを検索する時もそうですし、ラーメン屋とかもそうなんですが
県境に住んでるとその辺が不便なんですよね。
「町田・相模エリア」みたいなのが独立してあればいいんですが。
次から町田発も調べてみよっと。


この日の対バンですが、
まずSMASH UPとはそこそこ付き合いが長くて、もう10年以上になりますね。
彼らが去年デビュー10周年でしたが、ちょうどその頃に
僕もライブハウスでコンスタントにライブをし始めたところで。
ランハイとか京都のSCREAMとかEGNISHとかとよく一緒にやってた記憶が。
それ以降、僕は対バンする度にバンドが変わっていて、
SMASH UPはドラマーが変わってました(笑)。
それを経て僕はSHACHIでドラムを叩くことになり、
SMASH UPはヨシキとサクをメンバーに迎えて、
それからより距離が近づいた気がします。
(俺が好きなLINKとかMoonlightとか全然やってくんないけど)

SKA FREAKSは、詳しい話は省きますが元レーベルメイトってやつですね。
SKA FREAKSのメンバーはそのことを覚えてないんじゃないかってぐらい
浅めの付き合いでしたが(笑)。
でも地元の滋賀を背負って活動している姿はずっと見てきましたし、
それにお互いにバンドを続けてきてこうやってまた対バンできることは
本当に喜ばしいですよ。
誰に頼まれるわけでもなく好きでやってることですが、
やっぱり年々辞めていく仲間も増えてくるわけで。
メンバーもみんな好青年で、演奏力もあって、
とても好きなバンドです。
また一緒に演りたいな。

SHIMAとライブハウスで対バンするのはSHACHIでは初でしたが、
5年くらい前に別のバンドでACBで一度対バンしたことを
メンバーのみんなは覚えてくれていました。
「お久しぶりですね。ACB以来ですよね?」と。
うれしかったなー。
バンドをやっている理由、続ける理由っていろいろありますけど、
「誰かの記憶に残りたい」、「誰かの人生に自分が存在していたい」という思いが僕は強いので。


ライブはこの日もいつもどおり思い切りやれましたが、
やっぱり反省点は残るわけで。。。
録った音を聴いて、練習して実践する。
これの繰り返ししかないので、なかなか進歩が遅くて申し訳ないですが、
諦めずにやっていきたいと思います。


打ち上げには僕以外ドラマーが誰も参加しないという状況になりそうでしたが、
サクを口説いて残ってもらいました。
無理させちゃったけど、たくさん話せてうれしかった。
ありがとう。

SMASH UPとは4月に静岡でまた対バンが決まっています。
少しでもステップアップして再会したいです。
見に来てくれた皆さんもありがとうございました!
[PR]
by kimjiyoung | 2018-02-16 23:18 | バンド・音楽 | Comments(0)

著者近影


by kimjiyoung
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31