20110413 雑記|愛国心てなんじゃらほい

こんばんは。
今日もよろしくお願いします。
毎日読みに来てくれてるあなた、愛してます。

最近は立ちながらポメラを打つ方法を体得したので、満員電車でなければすかさず打ってます。
通勤が片道1時間ぐらいなんですが、ポメラのおかげでそこまで苦ではないですね。
いい買い物したな。(ウソです。ほんとはひと駅でも早く座って寝たいです)
高校3年間、片道1時間半もかけて通ってたしね。(そのときも毎日死にそうでした)

少し長い時間電車に乗るときは早く降りそうな人の席の前に立つわけですが、
パチンコの台を選ぶのとなんとなく似てます。
寝てるか起きてるか、次が下北沢だから若い人が降りるんじゃないかとか予想してさ。
パチンコやらない人はつまらないからやっぱりこの話やめます。
さて今日は何を書こう。

まずはクイズの答えからでしたね。

答:東京駅
東京駅に向かう電車は皆「上り電車」だから。

では今日の問題。

問題:A、B、Cの3人が100メートル競走をしました。
AがゴールしたときBは90メートル地点にいました。
続いてBがゴールしたときCは90メートル地点にいました。
ではAがゴールしたときCは何メートル地点にいたでしょうか?
加速、減速は考えず、速度は一定だったものとします。


「東京の節電生活に『不便感じない』が7割」っていうニュースがあった。
3割のほう出てこい。
ヤキぶっこむよ?

そういや都知事選。
みんな投票行った?
僕は行ってません。
むしろ行ったことありません。
だって投票権ないもん(笑)。

投票権がないというと「差別されてるんだ」みたいに思われることも多いですが、
僕自身、そう考えたことはないかな。
やっぱり僕は、よその国で生活してるっていう感覚がどこかにあって、
税金も払ってるし、年金ももらえるけど、参政権がないのは当たり前だと思ってる。
じゃあ韓国の政治に関心があるかというとまったくないので、
僕は政治自体に興味がないだけなのかもしれませんね。

でもやっぱり投票にも行かないで、政治にあれこれ言ってる奴は訳分かんないっすね。
行かなきゃダメってことでもないと思うの。
でも参政を放棄したんだから、何がどうなっても黙って受け入れるべきなんじゃないかな。

それじゃあ投票してたら何言ってもいいのかと。
それも違うと思う。
っていうのはね、調子いいときだけ「サムライジャパン!誇らしい!」とか言いながら、
「日本の政治はクソだ」と非難を浴びせるのは一貫性がないんじゃない?
同じ日の丸背負った日本代表でしょ?
そうやって急に反対側から石を投げるんじゃなくて、同じ側に立って
一緒に考えて良くしていこうっていう姿勢が必要なんじゃないかな。

北朝鮮が拉致を認めたのが2002年。
その何年も前からずっと北朝鮮の拉致「疑惑」は取りざたされていたんだけど、
僕が通っていた朝鮮学校では捏造の一点張り。
僕もそう信じてました。
2002年の日朝首脳会談で国が拉致を認めて謝罪したと聞いたとき、
まず「何か事情があったんじゃないか」と思った。
そしてその次に「日本人に申し訳ない」と。

※僕のアイデンティティーについてはこちらをお読みください。
・「在日」であること
・国なんて関係ない?


でも在日同胞のほとんどは「ショック」、「騙された」、「総連嫌い」、
「もう朝鮮学校にも子供を送らない」となった。

もしあなたを育ててくれた父親が人を殺したとします。
それを知った途端に「なんだあのクソ親父。お前が死んで詫びろ」ってなる?
俺はならないと思う。
日本は自分の国ではないけど、生まれ育った国。
政府も東京電力も責める気になれません。

日本はほんとに平和で豊かな国じゃないですか。
週に5日、8時間だけ働いて、土日に祝日、お盆に正月、GWまでしっかり休んでも、
しっかり三食たべてお酒も飲めて、趣味も持てる。
小学生ぐらいの年の子が一日中ゴミの山から鉄くず集めて、
それで一食たべるのがやっとって国もあるんだよ。
それなのに野菜が食えないとか魚が食えないとか。
ブーブー言わないでもうちょっと待ちなよ。
きっと日本がちゃんとしてくれるから。

日本で「愛国心」っていうと日章旗掲げておっかない格好してみたいなイメージあるけど、
愛することは信じるってこと、つまり愛国心は「国を信じる」ってことなんじゃないでしょうか。
Commented by 鼻毛 at 2011-04-14 17:04 x
OK、毎日読みます☆

Aがゴールしたとき、BもCも、ホントは嬉しかったと思います!
Commented by K at 2011-04-15 00:23 x
毎回クイズの答え考えるの楽しみにしてます。
Bが90メートル地点の時なのでその9割でCは81メートルでしょうか?違うかな。
by kimjiyoung | 2011-04-13 23:57 | 雑記・エッセイ | Comments(2)
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31