<   2016年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

僕が普段気を付けていることのひとつに、
「わざわざ間違えにいかない」ということがあります。

人間はミスをします。
ミスはできればしたくありませんよね。
失敗から学ぶことはもちろんありますし、失敗を恐れていては何もできませんが、
回避できる状況で回避しないのはもったいない。
今日はそんな話を。


例えばコンビニに行ったとします。
3人の子供たちにアイスを買って帰ろうと思いました。
いろんな種類のアイスがありますよね。
子供たちに選ばせようと3種類のアイスを買って帰りました。

これ、多くのパパがよくやってそうですが、
わざわざ間違えにいっちゃってますね。

ピノとガリガリ君とアイスの実を買って帰ったとするじゃないですか。
3人それぞれが別々のアイスを一番食べたいと思う確率はかなり低いわけですよ。
誰かが譲ったり、じゃんけんで負けて諦めたりして、
何かしらの不満が残ってしまうおそれがあります。

なぜこうなるかというと、選択肢を与えることがあたかも
子供のことを考えているように錯覚してしまうんですね。
子供と一緒にコンビニに行ったなら好きなものを選ばせればいいですが、
買って帰るとなると話が違うわけです。

ここでの正解は、何でもいいので同じ種類を3つ買って帰ることです。
それなら子供たちはただ喜んで、3人で同じアイスを食べるだけ。
100%おいしいねー、で終わります。


同じように外食する時、複数の子供に何を食べに行きたいか聞いちゃだめです。
意見が割れた時に誰かが「自分の意見は通らなかったんだ」というストレスを感じます。
なので正解は、行き先を妻と2人で決めて黙ってそこに連れていくこと。
外食するってだけで子供は喜びますから。
「なんで何を食べに行きたいか聞いてくれなかったの?」なんて思いません。

これも「意見を聞く」ということが優しさで、
親が勝手に決めてしまうことが悪かのように錯覚してしまうために起こることです。
家庭だけでなく仕事でもバンドでも、できないリーダーにありがちですよね。
意見を聞くべきところと、独断で決めるべきところを見極める必要があるわけです。


次いきますね。

これはうちのかみさんが結構やるんですが、
例えば休みに遊園地に行く計画を夫婦で立てたとします。
そうすると妻はすぐ子供たちに「みんな、次の休みは遊園地に行くよ!」と話すんです。
子供たちは当然喜びますよね。
ただ当日雨が降るかもしれないし、
事情が変わって行けなくなるかもしれないじゃないですか。
マイナーな所だと閉園してることだってありえます。
大人同士が予定を合わせるわけじゃないんだから、
子供にあらかじめ伝えるメリットは特にないわけです。
まあ、子供たちが喜ぶ顔を早く見たいんでしょうね。
その気持ちは分かりますが、やはりわざわざ間違えにいかないという観点でいえば
ギリギリまで黙っておくことが正解。
予定どおり遊園地に行ければみんながハッピー、
行けなかったとしても誰も落ち込みません。
だって遊園地に行くはずだったなんて知らないんだから。
あらかじめ話すのはリスクとリターンのバランスが悪すぎます。


次。


僕は字幕翻訳の仕事をしてるんですが、
かなりややこしいのが日本語における男性の一人称です。
女は全員「私」でいいんですが、男の場合はキャラや話す相手によって変えなければなりません。
「俺」、「僕」、「私」と、おじいさんであれば「わし」まであります。
主役クラスだと間違えませんが、脇役だと「何だっけなー」となることも多いのですが、
記憶を頼りに当てずっぽうで訳すのは一番だめ。
完全にわざわざ間違えにいってます。
そして、過去のデータを遡れば既出の一人称が分かりますが、これもイマイチ。
時間がかかりますよね。

正解は一人称を省いた言い回しにすること。
毎回そうするわけにはいかないまでも、ほとんどの場合はこれで何とかなります。


あとはバラエティー番組とかだと、
ガヤの声が男か女か分からないこともあります。
それで「どっちかなー。『そうだよな』かなー。『そうよね』かなー」なんてことで悩んじゃう。
何度も聞き直して、なんとしても男女を区別しようとしたりね。
そこでは「そうでしょ」とか「そうじゃない?」とか、
同じニュアンスで性別を選ばない言い回しにしちゃえばいいんです。
そうしておけば視聴者は何の違和感も覚えませんよ。
悩んでもしょうがないことに時間を割いたせいで、
チェックが行き届かなくて誤植が残ってたなんてことになったら何をやってるのか分かりませんからね。


僕が実生活でよく感じるというところで家庭と翻訳を例に挙げましたが、
似たような考え方で回避できるミスは多いはず。
あなたの生活における小さなヒントになれば幸いです。
[PR]
by kimjiyoung | 2016-02-18 00:23 | 雑記・エッセイ | Comments(0)
昼間のイベントだったので、
打ち上げが終わって解散した時点でまだ16時過ぎぐらいでした。

d0082970_0235920.jpg
高円寺に帰らない組で2軒目は串カツ田中。チンチロリンハイボールを飲みまくりました。

3SET-BOBのユウスケと元気堂の田中君ね。

d0082970_02408.jpg
都内で用事を済ませた、かみさんと子供たちも合流。

d0082970_024166.jpg
からの三軒目は焼肉。ベロベロです。アホですね(笑)。


こうして後輩バンドマンが飲みに付き合ってくれるのはとてもうれしいことです。
ちゃんと先輩らしくできてるか分かんないけど(笑)。

また行こうなー。
反高円寺連合!w
[PR]
by kimjiyoung | 2016-02-14 08:54 | バンド・音楽 | Comments(0)

20160131 Live at 下北沢SHELTER

d0082970_02437.jpg
“おい、そこの道あけろ”にお呼ばれして2MANやってきました。

d0082970_024276.jpg
入り時間には来ていたマコト氏。ステージドリンクの差し入れもありがとね。

d0082970_02429.jpg
ライブハウスのHPにありそうな写真ですね。この開演前のステージの感じ、ワクワクしますよね。

d0082970_024370.jpg
やっぱりシンバル一式持ち込みはいいですね。この日も気持ちよく鳴ってくれました。

d0082970_024126.jpg
海太に隠し撮りされてました(笑)。

おいそことは僕がZOMBIESTARZに入ってから出会って、
オンステージでもオフステージでも仲良くしている後輩です。
正典の歌を最初に聴いた時は本当に驚いて、
これはとんでもないバンドになるな、と思ったことを覚えています。

ただそれからメンバーチェンジを繰り返したりする中で、
ライブからも音源からも、僕が思うおいそこらしさみたいなものが
少しずつ感じられなくなってきていました。
もがいてる感じ、伝えようとしてる感じは分かるんだけど、
何かこう押し付けがましいというか、独りよがりというか。

そして今回のライブでは正典がベースを弾きながら歌うと。
そしてギターは半年前に入った新メンバー。
大丈夫なのかと。

言うまでもなく一番不安だったのは本人たちでしょう。
しかもベースが脱退して今の3ピースの形になることが決まったのは、
この2マンのオファーをSHACHIに出したあとだったみたいだし。

当たり前ですけど、バンドってそんなに簡単なものじゃないんです。
メンバーチェンジやパートチェンジをした直後のライブが散々だったなんてことは、
今までに何バンドも目にしてきました。

そして見た、おいそこのライブ。







号泣しました。


やっぱり奴らは本物でした。
マジ号泣。
そんで「あれ?人いっぱいなのにあまり盛り上がってないぞ?」なんて思って周りを見たら、
みんな泣いてやがんの(笑)。

いやー、本当にいいライブでしたね。
僕が初めてACBでおいそこを見た時に感じた衝撃を初めて超えたライブでした。

ライブを見ながら勝手にいろいろ想像しちゃいましたよ。
つらかっただろうな、悩んだだろうな、メンバー同士でもめたりもしたのかな、
そんな時には故郷が恋しくなっただろうなとか。(おいそこは全員上京組)

やっぱり何でもそうですけど、ぶれちゃだめなんですよね。
覚悟が出来てる奴が一番強いんです。
あの日のおいそこは言わば背水の陣で、やらなきゃやられるっていう状況の中、
余計な考えを全て捨てて立ち向かってきた。
だからあそこまでまっすぐに音を届けられたんじゃないかと思います。

海太も芯がしっかりした力強いドラミングで屋台骨を支えてました。
名バンドに名ドラマーあり。
いい歌い手に出会って、その背中を見ながら演れることはドラマーにとって最高の幸せです。
羨ましいぞ。
俺のことも羨ましいだろ(笑)。

d0082970_024066.jpg
見に来てくれた矢野(SKALLHEADZ)と海太と。2人とも大好きなドラマーです。

他にも後輩バンドマンがたくさん来ていました。
そして「SHACHIを初めて見ました。すごくカッコよかったです」と、
たくさんのお客さんに声をかけていただきました。
本当にうれしかったです。

打ち上げは近くの中華屋で軽く。
ギターの松野君が隣の席だったのでたくさん話しましたが、すごくいい子でした。
これからおいそこをよろしく頼みますよ。


正典がこの日のライブ中に言っていたこの言葉が今も胸に深く刻まれています。

怖かったんだ。
本当は怖かったんだ。
でも突き進むしかない。
突き進めば壁にぶつかる。
突き進むからこそ壁にぶつかる。
立ちはだかるその壁を自分の拳でぶち破れ。


d0082970_815853.jpg

[PR]
by kimjiyoung | 2016-02-14 08:42 | バンド・音楽 | Comments(0)

5千円の紙切れ

昨日は祝日で仕事は休み。
家族で街へと繰り出しました。

大型リユースショップが好きで昨日も行ったのですが、
小5の長男がお年玉で買いたい物があると言ってきました。
それが何かと聞くとドラゴンボールのトレカで、値段はなんと5千円超。

ゲームソフトか、漫画本の全巻セットか何かかなと思っていた僕は反射的に
「お前はバカか」と思い切り罵ってしまいました。
あんなもんはただの紙切れだと。
元の値段は数百円、希少価値だけに付けられた金額を
わざわざ払って手に入れる意味があるのかと。

当然のように息子はうなだれ「じゃあいい」と言って諦めました。

そして他に欲しいものはあるかと聞きましたが、すかさず「ない」と言われ
そのまま店を後にしました。


5千円というお金の価値。
人によって違いますよね。
僕は普段の生活で5千円なんて簡単に使ってしまいます。
服やバッグ。
気に入ったデザインなら5千円なんて安いです。
カッコいいスニーカーが5千円なら即買い。
飲みに行って会計が5千円だったら安くてラッキー。
賭け事では5千円なんてものの20分で溶けていきます。

カード売り場の前で息子に怒鳴っていた時も、
僕は手に1万円以上の服が入った紙袋をぶら下げていました。


息子が欲しがった5千円のカード。
息子にとっては5千円、もしくはそれ以上の価値があったのかもしれない。
だからといってそれを買い与えることが親として正しいとは思えませんでした。
でもそれは「価値観」という感覚的なものでしかないんですよね。
息子は当然僕のお金の使い方をある程度は知っています。
思春期に入ろうとしている息子と父親の間に厚い壁を感じた瞬間でした。

しかも昨日は弟や妹が5千円くらいのおもちゃを買ってもらったことを知って、
それなら自分も買っていいかもしれないと恐る恐る言ってきたんですよね。
それを頭ごなしに否定されたことでかなり傷ついたはずです。
僕も昔、お金の使い方を親に責められて嫌な思いをしたことを思い出しました。


明日からまた休み。
もう一度その店に行ってトレカを買ってやればこのもやもやは消えるのか、
それとももっと大きくなるのか。

まだまだ分からないことばかりです。
[PR]
by kimjiyoung | 2016-02-12 09:10 | 雑記・エッセイ | Comments(2)

うしにく

この前、焼肉を食べに行った時のこと。
末っ子が牛肉を「うしにく」と言っているのを聞いて、
大人たちが「違うよ。『ぎゅうにく』って読むんだよ。ははははー」と笑った。

末っ子は「あれ?おかしいな…」みたいな顔。
多分「『ぶたにく』、『とりにく』なのになんでだろう」と思ってたんじゃないかな。
でも大人たちにゲラゲラ笑われたから、それ以上は言葉を発せず飲み込んだように見えた。

「ぶたにく」、「とりにく」のパターンからの類推は考え方として正しいし、
例外があるんだってことも学べた。
間違うことは大事なんだと教えてあげました。

よく言われてることだけど、
ミスを恐れてチャレンジしない人が多い。
逆に何の準備もせず、根拠もなしにミスを連発して他人に尻拭いさせてる人もよく見る。

自分なりに考え、行動し、誤りがあればそれを受け止め正していく。
成長するためにはこの方法しかない。
これは真理です。

そしてミスを恐れる人が多いことについて、
「ミスに対して厳しい人が多いせいだ」とか
「一度のミスをも許さない社会が悪い」なんてことも言われてますけど、
そんなこと言ってたって環境は都合よく変わっちゃくれません。
ミスを恐れない心を、ミスに対する批判を恐れない心を自分が持つしかないんですよね。

そんなことを改めて考えさせられました。


またみんなで焼肉食いに行こうな。
腹一杯食って、でっかくなれよ。
[PR]
by kimjiyoung | 2016-02-10 09:19 | 雑記・エッセイ | Comments(0)

20160123 Live at 心斎橋JANUS

SHACHIの2016年ライブはじめは大阪でしたー。

d0082970_1922955.jpg
心斎橋JANUSでGELUGUGU企画!


まずJANUSでは初めてライブしたのですが、素晴らしいハコでした。
駐車場から楽屋からスタッフさんから、何から何までしっかりしてます。

そしてこの日はPAでキョウヘイ君が来てくれました。
シンバルを買い揃えた甲斐もあって、いい音出してくれたと思います。

あとは何と言ってもGELUGUGUのライブが本当にカッコよかった。
もうマジで大好きです。
ずっと物販席の椅子に立って踊ってました。
新加入のヤンマ君もナイスなギタリストでしたし、
コウヘイ君のドラムにも磨きがかかってましたね。
僕が見てきた歴代のドラマーではコウヘイ君が一番好きです。

d0082970_192292.jpg
大阪に行くと必ず駆けつけてくれるミサコちゃん!ありがとう!

d0082970_1922848.jpg
打ち上げスタート。スッと隣の席に来てくれたアズさん。LOVEです。

d0082970_1923068.jpg
帰る時間が決まっててあまり話せなかったけど、僕のドラムも褒めてもらえてうれしかったです。

d0082970_1922740.jpg
いつまでも僕の名前を覚えてくれないパラさん(笑)。それでも好きです!


ゲンさんもケンタ君も優しいし、どうなっちゃってるんですかい??(笑)
次に一緒にやれるのは八王子のフリーライブ。
お願いだから、おっくんタイテかぶさないで。とぅぬむ。。。

d0082970_1922849.jpg
皆さん、ありがとうございました!


帰りは(行きもでしたが)ヒデタさんのスペシャルドライビングで帰ってきました。
いつも運転、本当にありがとうございます。。。(汗)
[PR]
by kimjiyoung | 2016-02-02 21:57 | バンド・音楽 | Comments(0)
新年ライブはじめは、実は弾き語りでした。

d0082970_1843058.jpg
このギターまじかわいい。弦も張り替えたよ。

d0082970_1843125.jpg
WALLでセイジ辞める月間でした!


1.ここまま君だけを奪い去りたい/DEEN
2.끝사랑/김범수
3.光/おい、そこの道あけろ
4.帰りたくなったよ/いきものがかり

を気持ちよく歌わせていただきました。


d0082970_1843031.jpg
全然僕のお客さんではないのですが(笑)。

d0082970_1843132.jpg
酒田からthis isが単発で来てました。楽曲がグンバツにいいバンド。


次の弾き語りも決まってます!

d0082970_19514447.jpg


2/15(月)に池袋KINGSXでお待ちしてます!
3ドリンク付き1000円で入場できますので是非!
[PR]
by kimjiyoung | 2016-02-01 19:54 | バンド・音楽 | Comments(0)