<   2014年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

10時過ぎにタケさん、続いてちぃちゃんが機材車に戻ってくるが、
11時を過ぎてもマーが来ない。
LINEに既読も付かないし、電話を鳴らしても出ない。
岡山への入り時間も迫ってくるので、仕方なく出発しました。

高速に乗ったあたりで連絡が取れて漫喫で潰れてたということが分かり、
新幹線で来てもらうことにしました。
マーお疲れ(汗)。

d0082970_23491419.jpg
入り時間には余裕で間に合って、無事にサウンドチェック終了。


僕は前日からシャワーも浴びてなかったので、近くの漫喫へ。
入会金なしで352円で済ませられましたよ。
タオル、シャンプーとかもろもろ込みでね。

d0082970_23491378.jpg
それからやっと腹ごしらえ。岡山では定番らしいですが、僕は初でした。

d0082970_23492590.jpg
中華そば650円。だったと思う。


味は見た目どおりの昔懐かしい感じ。
尾道で食べたつたふじと系統が似てるような気がしました。

d0082970_234913100.jpg
このテプラは何のために貼ってあるんだろう。

d0082970_23491840.jpg
隣でブギーのしんちゃんとスタッフさんが食べてました。


僕は結局、替え玉とネギ、ゆで卵も追加して腹一杯に。

この日はSABOTENレコ発で50ccの企画でした。
対バンは他にTHE BOOGIE JACKとSUNSET BUSね。

トップがブギーだったんだけど、僕がリクエストした「初恋シティー」を演ってくれました。
もうほんとに感動して泣いちゃったよ。
「STARRY ROAD」も好き。
この2曲は本当に初恋を思い出す。
初恋っつっても幼稚園の時に何ちゃんが好きだったとかじゃなくて、
本当にした初めての恋愛ね。
ブギーありがとう。また聴かせてね。
(このブログをメンバーは読んでねえと思うが(笑))

2番手はサンバス。
サポートドラマーはOVER ACTIONのマスノリでした。
マスノリは本当にいいドラマー。
ドラムっていう楽器のことをちゃんと分かってる。
(ちなみに俺はよく分かってませんw)
サンバスの曲は他のバンドにあまりないようなリズムパターンが多くて、
本人も苦戦してるって言ってたけど、十分叩けてたよ(笑)。
出会って間もないけど、人間的にも信頼できる。
俺ともよく話してくれるしね(笑)。
OVER ACTIONは解散するみたいだけど、マスノリはどこで叩いても通用するはずなので、
是非また一緒にやりたいです。
俺のドラムのダメな所とかも教えてほしいな。
もしこれ読んでたら教えて(笑)。

3番手が俺らで、トリ前が50cc。
前回見た尾道に比べて、全体的にぐっと良くなってました。
ホームの岡山だし、自分たちの企画だし、水を得た魚のようとでも言いますか。
ただプレイヤーとしてはどうしても内田君が目立ちますね。
ルックスの面でもプレイ面でも、まさに50ccの花形って感じ。

SABOTENは俺があれこれ言うまでもないでしょう。
サケ君のチャイナシンバルがすごくいい音でした。
個人的にはこの日が3回目の対バンだったんだけど、
まだメンバーとほとんど話してないんだよね(苦笑)。
全員同い年だし、9月末の八王子、柏ではもう少し親しくなれたらうれしいな。

d0082970_23491694.jpg
打ち上げ。俺、完全に内田君のおっぱい触ってる(笑)。


いろいろ話しましたが、ハイライトは内田君の
「完全に僕の体目当てじゃないですか!って、こんなこと生まれて初めて言いましたよ!」
ですね。

いい感じに飲んだら酔っ払ってきたので、

d0082970_2349151.jpg
ここに来ました。

d0082970_23491641.jpg
赤丸。値段は忘れたけど高かった。


さすが一風堂、おいしかったです。
ただやっぱ値段がなー。
高けりゃうまくて当然って思っちゃうし、ラーメンにクオリティーはそんなに求めてないから、
500円でそこそこおいしければ俺は十分かな。
替え玉したら千円ぐらいいっちゃうし、やっぱ風龍でいいやって感じです。
一蘭とか絶対行かないしね。

食べてから車に戻って、帰りの運転もマーとちぃちゃんに任せちゃいました。
結局俺、この間1mも運転してません。
なんか申し訳ない。。。

企画してくれた50ccには感謝です。
小森君とは前の尾道でも話せなかったし、トシアキともドラムの話とかもっとしたいし、
ヨシミチには日本語と歌を教えてあげたい(笑)。
今度は東京で一緒にやれんのかな?
その日を楽しみにしてます。^^
[PR]
by kimjiyoung | 2014-07-24 00:45 | バンド・音楽 | Comments(3)

20140712 Live at 大阪 新神楽

先週末は大阪でライブでしたー。

西に向かう時は機材車がお迎えに来てくれるので自宅で待機。
深夜に出発して寝て起きたら大阪でした。
7時半ごろに着いたんだけど、車を止めるなりみんなほとんど何も言わずどっかに行っちゃいました。
機材車にポツーン。。。(´・_・`)



俺なんかしちゃったのかな?と思ったけど、
そのあとは特に何でもなかったので気のせいだったことにします(笑)。

腹が減ったので道頓堀のほうに歩いていきます。
金龍とか神座が並んでるとこ分かる?
その通りに朝8時でも営業中のラーメン屋が何軒もありました。
1、2、3、4…覚えてるだけで9軒かな。
東京だと朝にラーメン食える店ってあまりないよね。
大阪はいいなー。

なのでどこで食べるかクソ迷いました(笑)。
金龍でいいかなーと思ってたけど、せっかくだから違う店にしようかなと。
神座は東京でも食べられるしってことで選んだのがこのお店。

d0082970_23465183.jpg
大盛無料、キムチとゆで卵サービスってとこに引かれました。

d0082970_23465491.jpg
大盛りラーメン600円。だったと思う。


味はおいしかったですよ。
大阪のラーメンって似かよってる部分あるよね?
これも「大阪ラーメン」って感じでした。
凡庸といえば凡庸だけど、この時間に開いてて、この値段で大盛無料、
ゆで卵にキムチが付くなら文句なし。(キムチはおいしくなかったけど)

マクドナルドでアイスコーヒーを買って、車で少し休んだら入り時間。

d0082970_23465250.jpg
打痕が若干右に寄るクセがあります。ど真ん中より少しずらした所が鳴ってる気がするのかな。
スティックケースをこう掛けるのはJOEさんのマネ。

d0082970_23465290.jpg
スティックのつがいが分かるようにハングルを書いてます。

d0082970_23465338.jpg
サウンドチェックを終えて、AT-FIELDの面々と味穂へ。
昼の外ビールよりうまいものなんてあるのでしょうか。

d0082970_23465385.jpg
ボーカルのタケバヤシ君。めちゃいい子でした。
あとこの写真のちぃちゃんちょっとかわいい(笑)。

d0082970_23465429.jpg
ライブスタート。大阪で頑張ってる若手がいっぱい。


全部のバンドを見たけど、AT-FIELDが頭ひとつ抜けてましたね。
噂に違わずいいバンドでした。
演奏がしっかりしてるから、面白いことやってても説得力があるよね。
下手クソでバカやってたらそれはただふざけてるだけだから。
メンバーそれぞれのキャラも立ってるし。
俺の知らない素敵なバンドがまだまだあるんだなーと思いました。
彼らは必ず結果を出すでしょう。

あとAX LITTLE CITYのボーカルの方はすごくいい声してましたね。
やっぱり歌声は持って生まれたものだから。
これからも大事にいい歌を届けていってほしいです。

正直、下手っぴ過ぎるバンドも結構ありました(苦笑)。
「バンドやってる感」だけが先走っちゃって、肝心の歌と演奏と編曲が全然追いついてない。
教えを請われてもないのに僕からアドバイスするのもおかしいから何も言いませんでしたけど、
聞いたら結構年もいってるみたいだし、早く矯正しないとどうにもならなくなる気がしちゃったかなー。
毎日何時間練習しろとかじゃなくて、気付きの問題だと思います。
頑張ってほしいですね。

d0082970_23465949.jpg
打ち上げは楽しく。みんないい子たちでした。

d0082970_2347031.jpg
BAD ATTACKがキンコブでLIVEしてたみたいです。昇太君。


結構いい感じに酔ってきてミナミを徘徊したくなったので、
ここからはMARGALINEのユウスケとAT-FIELDのアキヒロを連れてちょいと別行動。

d0082970_2347070.jpg
ユウスケ行きつけのバーに連れてってもらいました。


この店がかなり良かったです。
ユウスケさすが。
アキヒロはお酒が好きだと言ってから誘ったんですが、この店でも洋酒を堪能してました。
一口飲んでみたけど、歯医者の消毒の味しかなかった(笑)。
あとアキヒロは2700のツネさんに似てると思います。

d0082970_234715.jpg
ずんどう屋に行きたかったけど、明け方でも並んでたので断念。

d0082970_23472142.jpg
そうなるとここしかないっしょ。

d0082970_2346592.jpg
やっぱりこのラーメン好き!

d0082970_2347278.jpg
濃い1日になりました!みんなありがとう!


それから車に戻って仮眠。
窓全開にしたかったんだけど雨が降ってきたからちょこっとしか開けられないし、
1人車中泊でクーラー使うのも申し訳ないしでクソ寝苦しかったけど、
出発時刻までなんとか耐えました。。。

翌日の岡山に続きます。
[PR]
by kimjiyoung | 2014-07-19 10:06 | バンド・音楽 | Comments(0)

20140716 雑写

d0082970_23125957.jpg
6/19は娘の誕生日でした。

d0082970_23134072.jpg
水戸でライブしてきましたー。

d0082970_23145591.jpg
ハコの近くに飯を食う所が無く、駅前まで。

d0082970_23133971.jpg
この手の店の味噌ラーメン好きなんだよね。

d0082970_23134119.jpg
ポスターを貼っていただきました。

d0082970_23134172.jpg
最近、俺とタケさんがこれにハマってます。何も付けずにバリバリいくよ。

d0082970_23134031.jpg
WEAKEND HEROESにいい話をするタケさん。

d0082970_23134254.jpg
ライトハウスの

d0082970_23133721.jpg
ドアというドアに

d0082970_23133716.jpg
こんな注意書きが

d0082970_23133615.jpg
一体どれだけの人がケガしたんだ?

d0082970_23133877.jpg
ここは閉めちゃダメなのね(笑)。

d0082970_23145599.jpg
打ち上げの時間に来てみたら俺らだけ。結局40分ぐらい待ったかな(苦笑)。

d0082970_23171864.jpg
ACB再開を祝う会にて。

d0082970_23171898.jpg
みんなかわいいよ。ほんとに。

d0082970_23172123.jpg
弾き語りもやってますよ。この日、初めて立って歌いました。

d0082970_23172699.jpg
先々週末は富山にも行きました。

d0082970_23172533.jpg
そしたら自動的にここにも行くよね。

d0082970_23172741.jpg
富山ブラックラーメンですよ。

d0082970_231726100.jpg
マジでおいしかった。また食いたい。。。

d0082970_23172975.jpg
富山で早めの誕生日プレゼントを頂きました。

d0082970_23173075.jpg
ZOMBIESTARZロゴ入りタンブラー!

d0082970_23191640.jpg
しかもチタン製ですよ、あなた。

d0082970_23173176.jpg
手に取ってみました。掴み心地もグッドです。

d0082970_23173182.jpg
底にはなんと僕の名前入り!

d0082970_23172922.jpg
ビールをそそいだら、うまいのなんのって!

d0082970_23173270.jpg
こちらも富山で頂いた、アキラお手製ベーコン。

d0082970_23173229.jpg
小さいけど、味が濃いんです。

d0082970_23172862.jpg
薄くスライスして食べました。美味!!

[PR]
by kimjiyoung | 2014-07-16 23:37 | 雑写・画像 | Comments(2)

大阪の朝、機材車で一人

大阪に着いたのが2時間前。
メンバーが心なしか冷たい。
車を止めるなりほとんど口も交わさずさっと消えてしまった。
何か気分を害すことでもしてしまったのか?
気のせいだといいが。

一人、道頓堀のほうへと歩く。
この時間に営業中のラーメン屋が何軒も目に入った。
適当な店に入り腹を満たしてから、コーヒーを買いにマクドナルドへ。
レジには還暦を迎えようかという男性が。
アイスコーヒーをテイクアウトするだけの客に対しても、かなりあたふたしている。
案の定金額を打ち間違え、それを指摘するもそのあとの暗算を更に間違えていた。

マクドナルドで働いたことはないが、
オペレーションの仕組みはかなり複雑だと聞いたことがある。
レジを打っている最中も後ろでマネージャーと思しき女性が目を光らせていた。

親子ほど年の離れた先輩スタッフに教わり、叱られ、働いているのだろう。
時給数百円を手にするために。
彼がなぜそこで働くことになったかは知る由もない。
彼に家庭があるかどうかも知らないが、
決して順風満帆な人生ではないように思う。

ただ一生懸命に働くその姿が、僕には美しく映った。
そして二度と会うことはないであろう御仁に、届きはしないエールを送った。

機材車で一人、冷たいコーヒーを飲む。
吹き抜ける風が心地良い、大阪の朝。
[PR]
by kimjiyoung | 2014-07-12 09:57 | 雑記・エッセイ | Comments(4)
twitterのタイムラインに、ドラムテクニシャン(チューナー?)みたいな人のウンチクが結構流れてくる。
俺はフォローしてないんだけど、ドラマー仲間がRTすっから。

納得できたり勉強になる内容もあれば、そうでないものもあってさ。
ちょっと前には、

「スティックとヘッドは消耗品なんだから、ケチらずにすぐ換えるべし。
ドラムはお金のかかる楽器だと割り切れ」

みたいなことが書いてあって、俺はなんだそれと思った。

こうなってくると感覚の問題だけどさ、(音楽は全部感覚の問題か)
俺はスティックやヘッドを大事に使うことは悪くないと思う。

昔、ドラムマガジンでヘッドを交換するタイミングをプロドラマーに聞くみたいな
特集があったのね。
そこには、

「1本のライブ、1回のレコーディングが終わったら全部張り換える」
「2週間に1回と期間を決めている」
「表を2回交換するのに対して、裏は1回交換する」

って言ってる人もいれば、

沼澤尚「換えない」
つのだひろ「いい音がしなくなったら」
中村達也「このスネアのヘッドはずっと換えてない。秘伝のタレみたいなもんだね」
長谷川浩二「裏のヘッドは破れない限り換えたことがない」

という人たちも。
俺にとっては後に挙げた人たちの言ってることのほうが断然しっくりくるんだよなー。

あとファンキー末吉さんは、

「リハーサルスタジオにあるドラムセットのヘッドがどんな状態であっても、
チューニングと叩き方で鳴らせる自信がある」

みたいなことを言ってた。
こういうほうが真のドラマーって感じがしない?


常に自分が使い慣れてる楽器を、
ベストな状態で演奏できるとは限らないわけじゃん。
極端にひどい状況でないのなら、ある程度の対応力って必要なのね。
「これじゃなきゃだめ」、「こうじゃなきゃだめ」っていう縛りを
自分に与えることは大きなデメリットなんじゃないかな。

料理もそうじゃん。
レシピを調べてさ、そのとおりに食材を買い揃えて作ったら
そりゃおいしく作れるに決まってるわけで、そんなのは誰にでもできるんだから
冷蔵庫に残ってる食材で、台所にある調味料で
いかにおいしく作れるかってのが料理の醍醐味だと思うんだよね。
それと同じなんじゃないかなっていう。

よくライブハウスのドラムセットの所に忘れ物のスティックがたんまり置いてあったりするけど、
あれ、500円玉が山になって置いてあるのと同じだからね。
あそこに束になったままだったら使い道もないんだから、
若手のドラマーはまだ使えるスティックがあったら恥ずかしがらずに持って帰りましょう。
(もちろんちゃんとハコ側の許可取ってからね)

自分の好みとは多少違っても、握り方や握る長さ次第で結構使えるもんだし、
いろいろなスティックを使ってたら対応力が身に付くはず。
これは決して悪いことではないよ。

あとそんなにすぐヘッドがボコボコになるなら叩き方を見直したほうがいい。
力の入れ過ぎか、チップでヘッドを擦っちゃってるんじゃないかな。
上手いドラマーはヘッドに対してチップが垂直に入ってすぐに離れるから、
ヘッドがそう簡単には傷まないんだって。
湊雅史さんなんかはバカでかい音出すけど、叩いた後のヘッドを見たら新品みたいらしい。

自分でも「そろそろこのヘッドも死んだかなー」と思っても、
一回全部のボルトをダルダルに緩めてから張り直すとまだ結構鳴ったりするからね。
俺の耳がバカなだけなのかなと思ったりもするけど、
それでもライブハウスのPAさんに「スネア鳴ってたねー。何使ってんの?」とか聞かれたりするから
そんなに間違ってもないのかなって。

それに「お金=時間」じゃん。
まだ使えるスティックやヘッドをバンバン捨ててたら、
結局余計に働かなきゃならなくなったり、他のことを我慢しなきゃいけなかったりするから、
そういう意味でも馬鹿にできない問題だよ。

ただそのスティックとヘッドをケチるなって言ってる人は有名なドラムテクニシャンだかチューナーだかで、
俺は大して評価もされてないアマチュアドラマーだから、単純に説得力に違いはあるかもしれないよね。
だけど「あ、なんかチヨンの言ってることのほうが自分には合ってる気がする」って人もきっといるはず。
その感覚を大事にしても損はないと思うよ。
[PR]
by kimjiyoung | 2014-07-10 01:40 | バンド・音楽 | Comments(0)
初対面の人に名前や年齢を聞く時は、まず自分から言うようにしてます。

「僕、チヨンっていうんですけど、お名前聞いてもいいですか?」
「僕、35なんですけど、おいくつなんですか?」

って感じで。

で、これをやると結構「?」みたいな顔されるんですよね。
「何でこの人いきなり聞いてもないこと言ってくるんだ?」とでも言いたげな顔を。

なぜ僕が自分のことを先に言うかというと、
逆の立場だった時に「名前何ですか?」って急に聞かれたら、
「いや、お前が先に名乗れよ」と思うからなんですね。
年齢も同じ。テメーの年を先に言えと。

この話を打ち上げなんかで何度か話したことがあるんですが、
どうやら誰もそんなこと思わないみたいで(笑)。
なのに僕が勝手にそれを礼儀だと思ってるから「?」みたいな顔をされる。


で、名前を聞いた時に「ヤッスンです」とか「ちゃんちいです」とか言われたら、
「いや、ニックネームで呼ぶかどうかは俺が決めるから、ちゃんと名前教えて」と言ってしまう。
これも僕の感覚的には当然で、親しくなるかどうかはこれからのお互いの出方しだいなのに、
のっけからフレンドリーを強要されても困るんです。

何年か前に某所でライブをやった後の打ち上げで10歳ぐらい年下に見える子に名前を聞いたら、
「組長です」って言われたのね。
組長だよ?組織の長。
いくらなんでも先輩にそう呼ばせようとする感覚はさすがに理解できなかったから、
「いや、初対面だし、ましてや先輩だし、なんで俺が君を組長って呼ばなきゃならないの?
ちゃんと名前を教えてよ」と言ったらぎょっとしてた。
おそらく今までは誰もそこに異を唱える人はいなくて、
みんな「そうなんだ。それで組長は普段どんな音楽聴いてんの?」ってなってたんだろうね。


こうなると礼儀って何だって話になっちゃうんだけどさ、
先人に学ぶか否かってことなんだよね。
自分の成長のために、自分より経験のある人から何かを学びたいなら、
教えを請うためにはその相手を敬う必要がある。
逆に「こいつから学ぶことなんてねえな」と思ったら相手が先輩だろうが敬う必要はないし、
先輩側は敬われたければ先人らしくすべきで、先輩ヅラをしたからには後輩の責任を持つ義務が生じる。

つまり後輩が後輩らしく、先輩が先輩らしくしないのは上下関係の放棄なんだよね。
それを分かったうえで先輩に生意気こいたり、後輩に甘くするならいいんだけど、
きちんと敬わずして後輩ヅラしたり、責任も取れないのに先輩ヅラすんのは矛盾してる。

僕が後輩に礼儀を求めるのは自分が先輩としての責任を果たしたいがゆえで、
先輩に礼儀を尽くすのは教えを請いたいがゆえです。
そうでない場合は言わずもがなで。

よってこのスタイルは今後も変えずにいきますよ。
どのみちこの感覚が分からない人とは深い仲になれないはずだから。
[PR]
by kimjiyoung | 2014-07-05 13:45 | 雑記・エッセイ | Comments(6)