<   2013年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

ちょっと前に書いたエントリーとちょっとかぶるんですが、

アンチファンに学ぶ、自分を信じるということ

バカにされたり、なめられたりするのは自分が悪いのかっていう。


前までは絶対自分が悪いと考えていました。
そうじゃないと成長できないと。
誰もバカにできないように、誰からもなめられないようにならなきゃダメだって。
でも最近はちょっと変わってきたんです。

っていうのは最初から否定するつもりでしか、ものを見ない奴っているじゃないですか。


ある会社で部下が上司の悪口を言ってたらしいんですが、その内容っていうのが、
上司が定時で帰ったら、
「定時で上がりやがって。上司なら部下のために残業しろや」
上司が残業してたら、
「さっさと帰れよ。上がりにくいんだよ」
だったとか。

これは完全に言ってることが矛盾してるし、指摘でも非難でもないただの悪口です。

こういう人間がいる以上、「誰からもバカにされない」ってのは不可能なんじゃないかと。
それどころかこういう人は、すごい人や物を否定することで自己満足を得てるわけなんですよね。
要は何でも否定しようと思えばできるし、そういうことをする人はたくさんいます。
だからそんな奴の言葉なんか気にしちゃダメだし、そんな奴を認めさせようなんて思わなくていい。
軸がブレることにしかならないんですよね。

みんなが正当に評価をする世の中であれば、それをそのまま受け止めればいいだけなのに、
そうじゃないから紛れが生じてしまう。
もどかしくはありますが、そこで必要となるのはその中から嘘と誠を見極める力です。
それを身につけて、上がっていきましょう。
邪魔する奴らは置いていけばいい。
[PR]
by kimjiyoung | 2013-07-31 09:27 | 雑記・エッセイ | Comments(0)
今回おめでとうメッセージをくれた人は僕のことが好きだとみなし、
飲みに誘うなどのことをするかもしれません。
そこで冷たくされたらメチャへこむので、
「いや、飲みに行くのはちょっと…」って人はあらかじめ取り消しておいてください。
[PR]
by kimjiyoung | 2013-07-26 20:56 | 雑記・エッセイ | Comments(0)
先日発表したとおり、ZOMBIESTARZというバンドに加入しました。

↓これHPね↓

ZOMBIESTARZ official


ZOMBIESTARZから僕を知った方にはこのブログを熟読していただくとして、
僕からZOMBIESTARZを知ったという方のために少々説明をば。

僕が本格的にバンド活動を始めたのが8年前とかかな?
SUPER COLAってバンドに入ってから初めてCDをリリースしたり、
地方へライブをしに行ったりしたわけですが、
それからALL SYSTEMS GO→PSYCHO FOOD EATERS(support)
→TV-ADDICTIONS→LEXT
と渡り歩き、ZOMBIESTARZが6バンド目になります。

で、ZOMBIESTARZは元SHACHIのタケさんと、WRECKingCReWのマーが
2012年に結成したバンドで、シャチもレックルもSUPER COLA時代に絡みがあったバンドです。
(どちらも年間100本以上のライブをこなしていたバンドで、僕なんかとは踏んだ場数が桁違い)
だからZOMBIESTARZ周りのバンドにも、
「昔SUPER COLAってバンドやってて」と言うと一番話が早かったり(笑)。

ZOMBIESTARZに加入することになったのは、自分で言うのもアレですが、
SUPER COLAや、それ以降の韓国のUNIONWAYの連中と絡んだりしてる中で、
僕のプレイや人間性を見てタケさんが目をかけてくれていたようで。
もちろん僕もタケさんのことは慕ってましたし、
今回お互いのタイミング的に自然とそうなったって感じです。
バンドのコンセプト的にも「死んでも死にきれねぇぜ」とか言って、
墓場から僕を手招いてるとしか思えませんでしたしね。
バッチリすぎます(笑)。
マーとはちゃんと話したことはなかったですが、
同い年ってこともあって最初から呼び捨てタメぐちですぐに打ち解けたので心配なしって感じです。


馴れ初めはこの程度にして(笑)、次はZOMBIESTARZの活動についてです。

まず、ほかのバンドと明確に違うことがありまして、
このバンドは音源を作っても売りません。
無料配布してます。


最初に聞いたときは正直驚きましたけど、話を聞いてみると納得。
CDが高いとか、買う価値のある音が入ってないとか、
ファイルのコピーはいいとかダメとかいろいろ言われていますが、
要は曲を聴いてもらって、ライブハウスに足を運んでもらうのがゴールなわけですよね?
現状でそれを実現するためのシンプルな方法を採っているだけというか。

ライブハウスでは物販にTAKE FREEで置いてありますし、
HPのフォームから発送も申し込めます。→ DEMO CDR ENTRY FORM
送料もバンド持ちなので、ガシガシ申し込んでくださいね。(ちゃんと歌詞も付いてます)

この方法で配布枚数が1000枚を超えてるっていうんですから、
あながちバカにできませんよね。


もちろんライブ活動も精力的に行なってます。

d0082970_10412294.png


このフライヤーには9月までのスケジュールが載っていますが、
HPでは10月のライブも発表されていますので、チェックしてみてください。
ZOMBIESTARZ LIVE SCHEDULE


とまあ、そんな感じで新天地での活動をスタートさせました。
やってみないと分からないこともありますし、
何の問題もなく進むなんてことはないかもしれませんが、
それでも今は新しいことが始まるっていうワクワクした気持ちと、
自分を試せるチャンスをもらえたことに対しての喜びに満ちています。

やりたい事やらず、死ねねぇぜ!
ZOMBIESTARZをよろしくお願いします!!
[PR]
by kimjiyoung | 2013-07-26 11:05 | バンド・音楽 | Comments(0)
みなさん、こんにちは。
昨日、7月25日は僕の誕生日でして、満34歳になりました。
twitterやfacebookでもたくさんのメッセージを頂きました。

facebookでは友達登録してると誕生日を知らせてくれるんですよね。
画面の右上に「今日は○○さんの誕生日です」的な感じで。
で、そこをクリックして出てきた枠にメッセージを入力すれば本人に届くという。
とっても楽チンです。

ちょっと前まではそういうものに対して否定的だったんですよ。
大切な人の誕生日は、覚えるなり手帳にメモするなりしておいて、
ただ「おめでとう」じゃなくて、別の言葉もきちんとそえるべきだろうと。
機械が知らせてくれて、それに対応してるだけのことに何の意味があるのかって。
mixi時代なんかは特にそう思っていて、告知で誕生日を知ってもわざとスルーしたり、
大切な人の誕生日は手帳に書いたりしていました。

でも最近は考え方も変わり、
SNSを通したひと言のメッセージでも素直にうれしいと思えます。
だって「めでたい」って気持ちが少しでもなかったら、
ひと言の祝いの言葉すら送らないでしょ?
僕の誕生日を覚えていてくれてなくてもいいんです。
1年に1回「おめでとう!」これだけのやり取りでもいい。
ほんの一瞬でも、

「今日はちよんの誕生日なのか。いい1日を過ごしてくれよ」

と思ってくれる人がいるってだけで、幸せな気持ちになります。

だから僕も誕生日をどんな形で知ろうが、ずっと連絡を取ってなかろうが、
祝いたい気持ちが少しでもあれば、ひと言送るようにしてますね。
それを受け取る人も僕と同じ感覚だと信じて。


メッセージをくれた方にはもれなく返信をしましたが、(漏れてる人いないよね??)
この場でもう一度お礼を言いたいです。
ありがとうございました。
35歳になるまでの1年を有意義に過ごしていけるよう、見守ってやってください。
[PR]
by kimjiyoung | 2013-07-26 10:18 | 雑記・エッセイ | Comments(2)
d0082970_7305733.jpg
土曜はACBでライブでした。

来てくれた人は分かると思いますが、全バンド熱量がハンパじゃなかったです。
むしろアツさしかなかった。
そしてそれは自分に足りない所だなと感じました。

個人的には「おい、そこの道あけろ」とSKIPPERSのライブにすごく感じるものがありました。
バンドやライブってあくまで自己表現だし、ZOMBIESTARZもそういうバンドだから、
この日にも同じニオイを持つバンドが集まったんだなって。

まあそれからトリでドラムを叩くことになるんですが、THE HISSHI。
前回の7/7下北沢に輪をかけて必死でした(笑)。
まあでも大切な仲間が何人も応援に来てくれて心強かったし、
なんとかやりきることができました。

そしてこの日のMCで発表されたにも関わらず、
twitterでもfacebookでも一切話題になっていませんが(苦笑)、
正式にZOMBIESTARZに加入することになりました。




見に来てくれたスカヘのヤノックが、

「いままでのバンドの中で一番チヨンさんのキャラが生きてる気がしますね!
歌心ってやつも納得しました\(^o^)/」

と言ってくれたのですよ。

アラウンズのゲンキとかACBの高山さんもよかったって言ってくれましたし、
愛する妹も「今までライブは何度も見てきたけど、今日は特別カッコよかったよ」って。
認めてほしい人に認めてもらえて感無量です。

d0082970_7305630.jpg
このままじゃ死んでも死に切れないのでね。

d0082970_7304071.jpg
打ち上げもスパーク!!


書きたいことはまだいろいろありますが、
それは今後の活動でしっかり示していきます。
そんなわけでこれからもガンガンやっていきますので、
ZOMBIESTARZのチヨンをよろしくお願いします!

d0082970_825460.jpg

[PR]
by kimjiyoung | 2013-07-24 08:04 | バンド・音楽 | Comments(2)

20130719 雑記

「なんか最近きれいになったよね」と言うと、「え?前はブスだったの?」とか
「やせたんじゃない?」と言うと、「え?前は太ってた?」返してくる奴のマイナス思考たるや。
どっちみちお世辞だバカ!


カラオケのデンモクに別バージョンが入ってる時は、
ノーマルバージョンを選んでおくべし。
冒険したら絶対ケガする。


居酒屋のキャッチに付いてって、いい店だったためしがない。
今まで5回ぐらい行って全部ハズレ。
まず店員がみんなギャル、ギャル男。
酒は安いけどまずい。
フードはやたら高くて量少し。
俺、試食販売とかやってたら励ます意味で結構買ってあげたりするのね。
超優しいから。
でも居酒屋のキャッチは今後一切シカトするって決めてる。
みんなも悪いことは言わないのでチェーンの安居酒屋に行きましょう。


「何かを始めるのに遅いことはない」ってよく言うけど、
これって「始めるなら今だ」って思わせるための言葉じゃん?
でも額面どおりに解釈したら、何かを始めようとしても
「別に今始めなくてもいっか。あとでも遅いってことはないんなら」ってなっちゃうね。
俺ひねくれすぎかしら。


「バンドマンが金を持ってない」=「ギリギリ生活できるぐらいしか働かず、ストイックにバンドに打ち込んでる」
みたいなことになってるけど、必ずしもそうじゃないと思うんだよね。
雇用形態は何でもいいんだけど、そこそこの給料をもらえる職場できちんと働いて評価されれば
そこまで金欠にならずにバンド活動できるんじゃない?
それぐらい豊かな国じゃん。日本って。
事情はそれぞれあるんだろうけど、
それなりの年になってバンドで結果も出してないのに、
カネないカネない言ってる奴にはあまり感心しないな。俺は。


待ち合わせの時間にジャストで着いたら、たまに先に着いてた奴が
「5分前行動が基本でしょー」とか言ってくることがあるんだけどはち殺していいですか。
[PR]
by kimjiyoung | 2013-07-19 12:52 | 雑記・エッセイ | Comments(2)

20130713 雑写

d0082970_1062398.jpg
高田馬場でスタジオリハの前に食べたラーメン。

d0082970_1062493.jpg
醤油とんこつラーメン 500円。(替え玉 100円)
味はそこそこでしたが、半玉入ってこの値段なら文句はないかな。

で、味は醤油、味噌、塩の3種類だし、
どの辺が四天王なのかな?と思ってたら店内に貼ってあった。

d0082970_1062462.jpg
読んでもよく意味が分かりませんでした。

d0082970_1062570.jpg
ラーメンを食べたあとは無性にコーヒーが飲みたくなるのだ。

d0082970_1061583.jpg
ZOMBIESTARZでサポートをやることになりまして。
今までこんなに必死に叩いたことあったっけなと思うぐらい必死でした(苦笑)。

d0082970_1061487.jpg
出番終わって一龍へ。

d0082970_1061488.jpg
にんにくそば 700円。

この店に「メンマそば」っていうメニューがあるんだけど、
前に行ったときはそれを頼んだのね。
そしたら普通のラーメンにメンマが足されてるんじゃなくて、
普通のラーメンに入ってるチャーシュー3枚が無くなってメンマ増しなのね。
で、値段は50円UP。
前に食べてすげえ納得いかなかった。
今回はにんにくそばにして正解。
おいしゅうございました。

ほかのラーメン屋でもあるよね。
ネギラーメンを頼んだら、具がネギと細切りのチャーシューだけになってるパティーン。
いや、そうじゃなくてメンマも海苔もナルトも載ってるやつにネギだけ足しといて!

d0082970_1061574.jpg
打ち上げスタート。

d0082970_1061657.jpg
イェーイ!

d0082970_1061651.jpg
出番終わってからずーっと飲んでたから、スタート時点ですでに限界。。。

この日はなんといってもバックドロップシンデレラのアサヒさん(Ba)ね。
昔、MUSHAKUSHAのライブ映像をyoutubeで見てすげえカッコいいなと思って、
それからずっと見たかったんだけど、生で見たらハンパじゃなかった。
もう俺、娘からギター取り上げてベースやらせようかな。

あとSTUDSがすげえ盛り上がっててうれしかったのと、
B-DASHを15年ぶりぐらいに見てクソアガリ&サークルモッシュ。

d0082970_106929.jpg
火曜はハナ会でした。

d0082970_106935.jpg
ACBの林さんがサムギョプサルなどの鉄板料理をバンド関係者に振る舞う会。

d0082970_1061015.jpg
左に写ってる子は俺んちの近所に住んでるらしい。

d0082970_1061030.jpg
タケさんとタクミもいました。


タクミはアンステが終わってから、今はThe Salivansってバンドをやってるんだけど、
音源もらって聞いたらすげえ良かった。
出会ったときはまだ10代だったんじゃねーかな。
いつの間にかそれなりの年になったけど、まだまだ辞めないで続けてほしいですね。
また一緒に演れたら言うことないしね。

http://the-salivans.com/

d0082970_1061117.jpg
カワチ君と土井さん。土井さん相変わらず。

d0082970_106420.jpg
こういう店、実際にはフィリピン人のおばさんだけが働きがち。

d0082970_2125179.jpg
これは今日です。シゲさんと江ノ島デートしてきました!

d0082970_2125032.jpg
表通りの店には行列が出来てたけど、ここはシゲさんが地元民に聞いた穴場。
穴場なのに書いちゃった(笑)。

d0082970_2124978.jpg
生しらす定食+トコブシの煮付け。

江ノ島っていうと「生しらす丼」をイメージすると思うんだけど、
この店のメニューに「生しらす丼」はない。
なぜかっつーと「アツアツのごはんに生しらすを載せたら生じゃなくなるから」だって。
妙に納得(笑)。

d0082970_2125463.jpg
それから東浜に移動して飲み!

d0082970_2125411.jpg
普段は飲まないコロナなんかをいっちゃいました。

d0082970_2125555.jpg
オーナーがシゲさんのご友人で、枝豆をサービスしてくれました。
店を手伝ってる女の子が書いたというメッセージがかわいい(笑)。


話をしたり、ぼーっと海を眺めたり、水着姿の女性を眺めたり、
スマートフォンやタブレットPCをいじったりしながら、お酒をゆーっくり飲んでました。
結局ここで席も変えずに5時間半ぐらい飲んでたのかな。
居酒屋とかだったら絶対無理だよね。
海って不思議。

d0082970_2125031.jpg
ヨガ教室的なやつかな。これは。

d0082970_2125188.jpg
社交ダンスみたいなのもやってたよ。

d0082970_2125316.jpg
帰りの電車でおねむのチヨン君を激写されました!何この寝顔かわいい!

d0082970_2125226.jpg
最寄り駅に着いて、前から気になってたラーメン屋さんへ。

d0082970_21252100.jpg
煮干しラーメン 680円。

d0082970_2125310.jpg
すっきり系のラーメンによくある深めのどんぶり。

この店は某ラーメンブログで10点満点中の9点と評価されていた店で、
期待して行ったんですが、予想どおりとってもおいしかったです。
家から近いし、今度はあぶらそばも食べてみたいな。
[PR]
by kimjiyoung | 2013-07-13 22:18 | 雑写・画像 | Comments(0)

RIDDLE10周年ワンマン 雑感

昨日はRIDDLEの10周年ワンマンライブを見に、
渋谷へ行ってきました。

d0082970_9402077.jpg
ampm無くなったと思ったらローソンになってた。

d0082970_9402179.jpg
去年のワンマンも行ったんだよな。(あれ?去年だったよね?)


僕もそこそこ長いことバンドやってますけど、
ワンマンどころか、2マンもやったことないんですよね。
企画を打つことにすら及び腰だったので、純粋にすげえなって思います。
タカヒロ君が「過去の自分たちにケンカを売る」ってよく言ってるんですけど、
それができなきゃダメですよね。ほんとは。
まずはその姿勢に一礼したい。

ライブは本編ラスト5曲ぐらいのところで帰らなきゃならなくて全部は見られなかったんですが、
それでも十分堪能できました。
まず曲がいい。
僕、自分がボーカルのバンドをやるのがひとつの夢なんですけど、
自分が曲書けないんで、もしやるとなったら楽曲提供をしてもらおうと思ってるんです。
そうなったらシュンスケ君にはぜひ頼みたいですね。
1曲いくらぐらいで書いてくれるんだろうか…。
(あと書いてほしいのはラストコーズのクマさんね)

ライブは現メンバー+サポートドラマーっていう編成で始まって、
アコースティックになったり、元メンバーをゲストに招いたり、
ピアノが入ったりっていう飽きの来ない構成になってました。
その辺もさすがでしたね。

やっぱ元メンバーが帰ってきて演奏するっていうのにはワクワクします。
戦隊モノでも先輩レンジャーが助けに来たらアツいじゃん。
一応、僕もオリジナルメンバーの時からRIDDLEを知ってるんで。

3月にSUPER COLAの解散ライブがあったんだけどさ、
そこでもそんなふうにやればよかったのにってすげえ思った。
土井さんなりに納得いく形があれだったのかもしれないけど、
ライブ当日、元メンバーは全員来てたしね(笑)。
あれはもったいなかったなー。

そんな感じでゲストプレイヤーが目玉に見えがちなイベントだったんだけど、
現メンバーもすごくいいプレイをしてました。
ギターのSHO君なんて割と最近入ったはずなのに何であんなに貫禄あるの?(笑)
確かすごく若いよね、あの子。
曲数も多いのにサラッと弾きこなしてた。
しかもクソ上手い。

シュンスケ君も曲書いてベース弾いてコーラスしてギター弾いてドラム叩いてさ。
マルチプレイヤーにもほどがあんだろ!(笑)

タカヒロ君はもうなんつーか、タカヒロ君でした(笑)。
彼の書くブログが面白いんです。

オーパーツの謎を春日部から解け

文章力もあるんだけど、やっぱ覚悟決めてバンドやってるっていうのが表れていて、
バンドマンにありがちな薄っぺらいブログとは全然違います。
嘘がないんですよ。
なんか嘘くさい奴いっぱいいるじゃん(苦笑)。
多分、RIDDLEを好きだって人はそういう嘘のない所に惹かれてるんじゃないかな。
俺もその中の1人だし。

RIDDLEはドラムを募集してるんですよね。
俺がもうちょい若くて赤羽に住んでたころならオーディション受けさせてもらってたかも(笑)。
でもいつか何かの機会があったら、俺も昨日のワイワイした感じに混ざりてーなーなんて思いました。


そんなわけでRIDDLE、10周年おめでとう。
今後のさらなる活躍に期待してます!
[PR]
by kimjiyoung | 2013-07-12 09:19 | バンド・音楽 | Comments(0)
自分に合った環境に身を置くことは大事です。
もちろん適応力などの基礎的な能力はどこに行っても求められますが、
どうしても合わない環境ってあると思うんですよね。
ほかに選択肢があるのであれば、冷静に判断をして
身を移すべきケースも多いはずです。

でも自分の置かれた環境に対してずっと文句を言い続けている人をよく見ます。
たまにとか少しじゃなくて、
「あれ?もうかなり長いことそれ言ってるよね?」っていうレベルで。

環境を変える能力を自分は持ち合わせていない。
別の環境に身を移す勇気もなければ、よそでやっていける自信もない。
だから現状に甘んじながらも、自分が無力であることは認めたくないから、
自分の置かれた環境や周囲の人を否定することで自分を擬似肯定するしか方法がないっていう。

嫌ならそこにいなくてもいいのに。
周りを否定できるほど自分に力があるなら、
よそで勝負したほうが本人にとっても、否定の対象になってる人たちにとっても、
さらには新天地にとってもいいことでしょ?
そうじゃなくて自分の力不足が招いている状況なのであれば、
黙って自分のすべきことをしっかりやるだけ。
この2つに1つなんですけどね。本来は。
[PR]
by kimjiyoung | 2013-07-09 09:28 | 雑記・エッセイ | Comments(0)
かねてから親交があったTAKEさんからのオファーを受け、
ZOMBIESTARZのサポートでドラムを叩くことになりました。


■7/7(日)KITAZAWA TYPHOON 2013(at 下北沢CAVE-VE)
d0082970_12192818.jpg


■7/20(土)ZOMBIEYARD Vol.3(at 新宿ACB)
d0082970_1215692.jpg



上記2公演では僕がドラムを叩きます。


急遽だろうがサポートだろうが、
僕が叩くからには僕らしく、しっかり爪痕を残すつもりなので、
皆さん応援よろしくお願いします。

今日は再びステージに立ち、バンドで演奏ができる喜びを噛み締めてきます。
遊びに来る皆さん、出演者の皆さん、一緒に楽しみましょう。
[PR]
by kimjiyoung | 2013-07-07 12:20 | バンド・音楽 | Comments(0)