<   2012年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧

20120831 雑記

残暑が厳しいね。
好きな季節をたまに聞かれたりするけど、僕はどれも好きです。
四季のある国に生まれて幸せ。


よくテレビで「生活の意外な所に潜む雑菌」みたいなやつやってるじゃん。
ソファーの雑菌の数がどんだけだとか、
包丁の柄の部分には便座の何倍雑菌が付いてるとか。
マンゴツどうでもいい。
体に害ないだろ。
それとウンコの何倍だったら分かるけど便座ってなんだよ。
太もも当たるだけの所と比較すんなタワケ。


ガキの使いのハイテンション・ザ・ベストテンを見るたびに、
俺は芸人になんて絶対になれないなと思う。
すごいよね、あの人たち。


人間関係の悩みって耐えないもので。
自分の味方って誰なんだろうとか考えちゃうけど、
やっぱその人のためにどれだけリスクを負えるかってことなんだよね。
リスクってのは具体的には時間であったり、お金であったり、恥であったり。
バンド関係者でも、現場で会ってなんとなく親しげにするのは簡単じゃん。
そのレベルで親しい奴ならいくらでもいるけど、
自分たちの企画したライブに誘うとか、誘ったライブに出るとか、
プライベートの時間割いて会うってなると本当の信頼がないとできないよね。
俺はそういうところで判断しちゃうし、判断されてると思ってる。

バンド関係じゃなくてもそう。
俺から飲みに2回誘って2回とも都合が合わなくて、
それからしばらくしても向こうから誘いがなければ、
俺はある程度そいつには見切りつけちゃうな。
逆にそういうとこきちっとしてくれる人とはずっと付き合っていこうと思う。
なかなかいないけどね(苦笑)。


俺の義父、つまりかみさんの親父さんは昔滋賀で校長先生をやってたり、
今も教育関係の仕事をしてる人なんだけど、夏休みにちょっと面白い話を聞いた。

「教師が親に勝るところが何か分かるか?
子供たちを客観的に見ることができるところなんだよ。
親は自分の子供を客観的に見られない。
だから自分の子供は客観的に見てどうなのか、
ほかの子と比べてどうなのかっていう意見を大事に受け止めるべきなのに、
『自分の子供のことは親である私が一番よく分かってる』とか、
『若いからまだ何も分かってない』と言って教師の話を聞かない親が多い。
お前はそんな親になるなよ」


オカルト批判にもちょっと疲れてきたけど、
書店に行くとオカルトの根強さにいつも驚かされる。
いまだに細木数子のでっかいポップがどーんと置いてあるし、
「誕生日でその人の性格が分かる!」とかの類の本がずらーっと並んでるもん。
正気の沙汰じゃないよね。
誕生日で性格分かるの?マジで?ハンパない(笑)。
雨男だ晴れ男だとか、血液型性格判断とかもまだやってるっしょ。
インターネットがない時代ならいざ知らずさ。
まあ、そんな思考回路だったら原発反対すんのも無理ないわな。。。
[PR]
by kimjiyoung | 2012-08-31 09:28 | 雑記・エッセイ | Comments(0)

ビートの謎

曲のリズムを表す時、数字に「ビート」を付けて
「○ビート」っていう言い方をしますよね。
最も一般的なのは8ビート、次が16ビートで、その次が4ビートかな。
2ビートの曲なんてポピュラーミュージックではあまり聞きませんね。

それでね、この「ビート」には様々な謎があります。

まずビートの定義ですが、beatは「打つ」とか「叩く」という意味なので、

「1小節の間に一定に鳴らされる最も短いパルス、
主にハイハットなどのシンバルが何回叩かれるか」


で、ビートは定義されます。

ですが、8ビートっぽいノリなのにハットが4分で打たれていたり、
逆にハットはチキチキいってるけど、
弦楽器が8分のダウンピッキングで演奏されている曲もあります。
その場合、前者は8ビート、後者は16ビートと言われますが、
そこをつのだ☆ひろさんのグルーヴ理論では、
前者を「8グルーヴの4ビート」、後者を「8グルーヴの16ビート」と呼びます。
あくまでビートは「打つ」という意味だってことですね。
「グルーヴ」という概念を持ち込むことによって、かなりすっきりします。
ただなかなか一般化はされていないみたいで、僕も会話で使うことはほぼないという…。

それから4ビートは理論上、ハイハットが「チッ、チッ、チッ、チッ」、
もしくはライドシンバルが「チン、チン、チン、チン」と
1小節に4回鳴らされるもののことですが、
実際には「チーンチーキ、チーンチーキ」といういわゆるジャズビートのことを
「4ビート」と呼ぶのが一般的になっています。

まあそれでも、4分音符を基調にして構成されているリズムには違いないので、
そこはそんなに引っかからないのですが、問題は「2ビート」。

僕は上に「2ビートの曲なんてあまり聞きませんね」と書きました。
それを読んで「え?いくらでもあるじゃん。パンクは大体2ビートでしょ」と思ったあなた、
ビートの定義を誤解しています。
2ビートとは本来、マーチ(行進曲)や4分の2拍子の曲に用いられるもので、
メロコア、メロディックパンクと呼ばれるジャンルに多く見られる、
BPM200前後の「ドッタンドコタン」というリズムは分類上は8ビートです。
ただし2拍目と4拍目にバックビートが入る、いわゆる8ビートとはノリがまったく異なるので、
これを「倍テン」と呼びます。
(アクセントが倍になり、倍のテンポになったことと等しいので。ダブルテンポ、ダブルタイムとも)
プロの現場ではよく聞くんですが、インディーズバンド界隈ではなぜかほとんど聞かないですね。
ハイハットが8つでスネアドラムが全拍の表に入るリズムは「頭打ち」とか言うんですけどね。
何でそれが裏になると、いきなりビートが4分の1になってしまうんでしょう。

「ドッタンドコタン」を2ビートだなんて言い出したのは誰なんだろう?
おそらくデスメタルなんかの超高速で難解な拍子のリズムを表すときに、
「高速2ビート」って言葉が出てきてそれが使われるようになったのかなー。
確かにメロディックパンクだとそのリズムパターンがメインになることが多いから、
通常の8ビートを基準にして「倍」って言うのもおかしいのかな。

それとダンサブルなリズムを「ハネる」とか「ハネ系」って言う人もいますけど、
「ハネる」っていうのはシャッフルのことね。
ピョンコピョンコってジャンプする感じになぞらえてるんです。

あとは「ツービート」、「フォービート」、「エイトビート」ときて、急に「じゅうろくビート」になる謎ね(笑)。
でも「シックスティーンビート」なんて言った日にゃ変な目で見られるのは確実なので
僕も「じゅうろくビート」って言いますけどね。
一般化ってなんか嫌だなー(苦笑)。
[PR]
by kimjiyoung | 2012-08-29 10:07 | バンド・音楽 | Comments(3)

20120825 Live at 新宿NINESPICES

土曜日はLEXTのヘルプをやってきました。
d0082970_7131810.jpg
サウンドチェック後、どう考えてもラーメンが食いたいのに無理やりにドトール入店。

d0082970_7132464.jpg
3か月ぶりにステージ復帰したミノリ(ex.PSYCHOFOOD EATERS)。

d0082970_7132262.jpg
LEXTのオリジナルメンバーでありバンマスのゲン君。

d0082970_7132226.jpg
ニシダ君はMATTERのインタビューで渋谷へと消えました。

d0082970_7132045.jpg
WordsWeedsのレコ発。


WordsWeedsとは5、6年前にSUPER COLAで2回ぐらい対バンしてまして、
それから名前はなんとなく聞いてましたが、見るのもそれ以来で。
カッコよかったですよ。
曲もアレンジも。
俺が嫌いなありがち感も無かったしね(笑)。
ヨシ君はかなり華がありますね。
ギターも上手だし、男前でナイスガイです。

でも人気ないのかなー。
山梨のバンドとはいっても、新宿のレコ発にしては寂しいフロアでした。
もちろん彼らは全力でやってた。
すごくいいライブだったから、もどかしかったですよ。
もっと評価されるべきです。

ライブを見ながらほかにもいろいろ思ったの。
バンド続けててよかったなって。
そんなことはしょっちゅう思うし、全然大げさな話ではないんだけどさ。
なんつーのかな、何年かぶりにライブを見ながらさ、
「この何年の間にどんなことがあったのかなー」とか想像するわけ。
いいことも悪いことも、プライベートでもいろんなことがあっただろうな、
それで今日ここに立って音を出してんだなって。
そうやって空白の何年かを勝手に埋めてくわけよ。
今、俺の中にWordsWeedsってバンドと3人のメンバーはしっかり存在してる。
でも例えば先月に辞めちゃってたら、何年前かの記憶さえどんどん薄れていって、
いつか消えちゃってたかもしれないよね。

同じように俺がドラムを叩いてる姿を見て、WordsWeedsのメンバーも何かしら思ったはずじゃん。
何も思ってないかもしれないよ。
ニシダくんの歌しか聴いてなかったかもしれないけど、思ってたことにしといて(笑)。
そうやっていろんな人の心に存在し続けたいんだよね。
それが俺がドラムを続けていく大きな理由のひとつなんだなって思った。

本当はそんなに広くないライブハウスで企画打てばお客さんいっぱいにできるようになってさ、
カッコいいのに埋もれてるバンドを企画に呼んで引き上げてやりたいけど、
俺が全然結果出せてないからマジで情けない限りでさ(苦笑)。
他人の心配してる場合じゃないよね。まったく。

後期ジョジョのセリフにもあるけど、みんな納得したいだけなんだよね。
まだまだ全然納得できないんだよ。
だからバンドを続けてる。
俺みたいな子持ちの会社員バンドマンも、
独身実家暮らしフリーターバンドマンもそこんとこは同じだと思うのね。
WordsWeedsにもこれから納得いく活動を続けて、納得いく結果を残していってほしいな。

ミノリも久々のライブをすごく楽しんでて俺もうれしかったな。
デリカシーが無いのと、ゴミを道端に平気で捨てるのを直したらほんとにいいギタリストだから、
まだまだバンドは続けていってほしい。

ゲン君とニシダ君もありがとね。
スタジオリハもライブもすごく楽しかった。
必要なときにはまた呼んでね。


d0082970_717881.jpg
この状態で平気で座る奴いるけど信じらんない。

d0082970_7171347.jpg
打ち上げでラストまで残った勇者たち。(23時半ぐらいです)

d0082970_7124153.jpg
いつもは最寄り駅で降りて町田家に行くんだけど、この日は近くのふじ家に。


横浜家系をうたってる割に味は全然家系じゃないけど、ラーメンが390円なのね。
町田家が700円だから半額に近い値段。
家系を忘れて、ただの390円ラーメンだと思えば全然食えるかな。

d0082970_7124523.jpg
4台買った奴めちゃくちゃ損じゃん。

[PR]
by kimjiyoung | 2012-08-27 21:50 | バンド・音楽 | Comments(0)

8/25(土)はLEXTで叩きます

8/25(土)は新宿NINESPICESでドラムを叩きます。
LEXTというバンドのヘルプです。

d0082970_2195625.jpg
こんばんは!僕たち、

d0082970_219574.jpg
LEXTです!


8/25(SAT) at 新宿NINESPICES
NINE SPICES presents「WordsWeedsレコ発TOUR東京場所」

Saunash / LEXT / Happy Birthday To Me / WordsWeeds

OPEN 18:00 / START 18:30 
ADV 1800 / DOOR 2300


d0082970_220598.jpg
よろしくね。

[PR]
by kimjiyoung | 2012-08-24 02:44 | バンド・音楽 | Comments(0)
職場の勉強会で久しぶりに映画館に行ってきた。
劇場映画なんて見たのいつぶりだろ。
パッチギか韓国で見たタイフーンだから、もう7年ぶりぐらいか。
ひょえ~。
だって仕事で毎日ドラマや映画の字幕見てるんだもん。
プライベートでは違うことしたい。
ていうかこの仕事する前から映画は全然見なかったけどね。

今回見たのは「サニー 永遠の仲間たち」(原題:サニー)。

d0082970_2443610.jpg


今、都心で見られる韓国映画がこれか「トガニ」ってやつぐらいなんだけど、
「トガニ」は聴覚障害児に対する性暴力が題材の作品だから、
ドス黒い気分で感想交換会すんのもアレだろってことで自動的にもう片方になった(笑)。

結論から言うと、かなり面白かったね。
仕事の一環ではあったけど、
劇場で映画を見るってぜいたくな時間の過ごし方だな、悪くないなって思った。
普段は電車の乗り継ぎが悪いぐらいでクソイラつくような
せわしない生活送ってっかんな(苦笑)。

内容を簡単に言うと、高校生の娘を持つ母親が、
高校時代の友人たちとの再会を機に過去を回想する、
作品は現代と過去のシーンが絶妙に切り替わりながら展開していくっていうもの。

田舎育ちの優等生だった主人公はソウルの女子高に転校、
いわゆる不良グループのリーダーに気に入られて、その7人でつるむようになる。
その中の1人が自分たちのチーム名みたいなのをラジオDJに付けてもらうんだけど、
それがタイトルになってる「サニー」ってわけ。
一番輝いてる時代だからとかそんな理由でね。
それから年を取って、夢見てた自分と現実は違ったりもするけど、
まだまだこれからもっと輝けるみたいな意味が込められてるんじゃないかな。
俺は「年を取る=劣化」だとは考えないから、そのテーマにはすごく共感できる。

でもさ、俺前から言ってるけどさ、
女って単品だとすごくいい奴でも、
集団になると急にマンギモな生き物に変身したりするじゃん。
そういう所はほんと嫌でさ。
高校時代も女子は毎日全員で机をくっつけて昼飯食ってたのね。
そんなめんどくせえこと嫌な奴だって絶対いるはずじゃん。
しかもその中の半分ぐらいはサラダとヨーグルトだけでさ、
「私、美意識高いでしょ?」っていう男子へのアピールね。
もうツッコミどころが一つや二つじゃないわけ。

あ、早速脱線した(笑)。
とにかく女の友情とか言われても全然ピンとこなかったし、
なんかウソくせえなと思ってたんだけど、
この映画を見てなんかちょっと納得した。
俺のいる部署は男が俺ともう1人いて、あと3人女だから、
「3人は登場人物と自分を重ねたりして見てるんだろうなー」って羨ましかった。

学生時代だけじゃなくて、親になってもやっぱり男親と女親は全然違うじゃん。
主人公は絵が上手な設定なんだけど、
おばさんになってから当時好きだった人に昔描いた絵を渡しに行くシーンがあるのね。
そういうのもさ、多分女の視点から見たらなかなかアツいシーンなのかもしれないけど、
男からしたらやっぱ旦那の立場で考えちゃうのね。
「おい、テメー何やってんだ!」みたいなさ。

俳優陣の演技は全体的によかったと思う。
まあ、演技の上手い下手とかあんまよく分かんないけどね。
なんつーかな、演技が上手いとか下手とかそういうことを気にさせずに
観客を物語の流れに乗せられたら「演技が上手い」ってことになるんじゃないかな。
そういう意味では現代のシーンも過去のシーンもすごく自然に見られたし、
のめりこめたかな。

それに俺は年増の女性がめっぽう好きだから、その辺の満足度もかなり高かったね。
例えばこの映画のヤングチームとアダルトチームでコンパがあるとしたら、
俺は100回中100回アダルトチームのほうに行くね。

あと久々に劇場作品見て思い出したけど、
本編が始まる前の他の作品のトレイラーってほんとよく出来てるよね。
めちゃくちゃ見たくなるもん。
AVで他のタイトルのダイジェストのほうが本編よりもヌける的な。
今回は「ワーキング・ホリデー」と、もう1本は暗いフランス映画だったんだけど、
とりあえず「ワーキング・ホリデー」は長男と2人で見に行こうと思ってる。


「サニー 永遠の仲間たち」公式サイト
[PR]
by kimjiyoung | 2012-08-19 16:18 | プライベート | Comments(0)

TV-A通信 2012年8月号

今日はTV-ADDICTIONSのスタジオリハ。
日曜にあるこのイベントのセットリストを確認してきました。

d0082970_221711.jpg


今日のスタジオではなかなかまとまった仕上がりでしたが、
それを本番で出せるよう、気を引き締めて臨みます。









真面目か!!

d0082970_2132290.jpg
ご来場をお待ちしてます!

[PR]
by kimjiyoung | 2012-08-18 02:42 | バンド・音楽 | Comments(0)

20120811 Live at 関内B.B.STREET

土曜日はライブでしたのよん!
d0082970_745122.jpg
ずっと前からやりたかったB.B.STREET!

d0082970_745224.jpg
中野に続いて牛丸とラーメンを。


天下一品、久々に食べたけどおいしいね。
ライスセットにしてさらにライスおかわりしちった(笑)。

d0082970_745422.jpg
ライブスタート。

d0082970_745270.jpg
打ち上げ!

d0082970_745311.jpg
みんなマジでナイスライブでした。


aroundsとVELOCITYは言うまでもなくさすがのライブだったんだけど、
(VELO坂本さんの歌唱力えげつなかった)
トップで出た24がすごくよかった。
メロディー、アレンジ、演奏力、歌唱力とバランスもばっちり取れてて。
ボーカルの子しか話してないけど、すごくいい子だった。

俺ね、ああいうの嫌いなのよ。
カッコから入る奴。
カッコから入ってもいいんだけど明らかに背伸びしちゃってる奴いるじゃん。
ハタチそこそこで機材車乗りつけて高い機材持ち込んでさ。
そのカネどっから出てきたの?みたいな。
髪型も使ってる楽器も教科書どおりっつーかさ。
MCまで誰かしらのマネだし。
お前らはパンクスかたんなよ。

ちょっと話が脱線したけど、24にはその要素が一切なかったんだよね。
超好感持てた。
本物だね。
そういうチャラチャラした奴らに絶対負けないでほしい。
結果を出せるバンドだと思いました。

d0082970_7445374.jpg
店長のイチ君とドリンクのようこちゃん。
ナイスガイ&ナイスガールだよ!お世話になりました!

d0082970_7445336.jpg
これ全員同い年ね。
フサとしんちゃんはちゃんと帰れたのかな。。。


帰りはarounds号に無理やり乗せてもらいました!
マジ感謝です。(ていうかマジ助かった!(笑))

d0082970_7445363.jpg
ようこちゃん、またね。(はーと)

[PR]
by kimjiyoung | 2012-08-14 21:22 | バンド・音楽 | Comments(2)
d0082970_10395128.jpg
先日乗ったタクシー。
書いてあるとおりネクタイしてなかったけど、車内は極寒でした。

d0082970_10394929.jpg
愛飲しているバーリアルシリーズ。左と真ん中はビールで156円とかだったかな。
右は第3のビールで88円。どれもおいしいよ。オヌヌメ。

d0082970_10403373.jpg
こんなライブを見に行ってきました。

d0082970_10403174.jpg
ヒダカさんのバンドで叩いているこうちゃん。
デカバコだけにすごく気持ちよさそうでした。

d0082970_10405156.jpg
週末にちょっと出かけた時かな。

d0082970_10405880.jpg
ジョナサン。

d0082970_1042555.jpg
立川の花火大会にも行ってきました。

d0082970_10412129.jpg
何年ぶりだっけな。

d0082970_1042331.jpg
どかーん!

d0082970_1043368.jpg
帰りはこうなります。

d0082970_10442012.jpg
もずくの酢が3種類あるんだけど、違いが全然分からない。

d0082970_10452158.jpg
これは先週末。海に行ってきました。

d0082970_10452272.jpg
娘がシャベルを線路に落としやがったので。

d0082970_1046339.jpg
江ノ電に乗って。

d0082970_10462173.jpg
この瞬間がたまんないよね。

d0082970_10462590.jpg
下車。

d0082970_105953.jpg
着きました!notyetのメンバーが働く海の家へ。

d0082970_10552627.jpg
フラダンスタイムだったのかな。

d0082970_1059057.jpg
恒例のやつもやりました。

d0082970_1059315.jpg
マサシくん、リュウくん、お世話になりました!

d0082970_105991.jpg
海の家利用者の証。こういうのあまり切りたくないよね。

d0082970_10591981.jpg
日焼けのケアもしっかりしないと。


仕事の夏休みは来週からなので、後半はまたそのあとにでも。
まだまだ楽しみたいところです。^^
[PR]
by kimjiyoung | 2012-08-11 11:06 | 雑写・画像 | Comments(0)

20120810 雑記

こんにちよん。
今日も書くぜ。
読めよ。


先に消化酵素を入れるとか何とかで、野菜から順番に食えみたいに言うじゃん?
俺もなんとなくそれやってたんだけど、
10分とかそこらで食い終わる牛丼屋でも律儀にサラダから食ってる自分が滑稽に思える。


つゆの少ないうどんを何で「ぶっかけうどん」っつーんだろ。
どっちかっつったら普通のうどんのほうがつゆぶっかけてると思うんだが。


ベルトループが付いてるズボンにベルトを通さずにはくことに抵抗がある。
ベルトなしでサイズがぴったりでもなんかマヌケっつーかさ。
女の子はたぶんそういう感覚ないよね。
ベルトなしではいてるのたくさん見かけるし、全然変にも見えない。


飲みの席なんかでは15分ルールを実践してる僕ですが、
(15分間誰からも話しかけられなかったら無条件で席を立つという自分ルール)
この話をすると決まって「自分からいかなきゃ」と言われる。
それなんだけどさ、まずいける状況ならいく前提での話だし、
(俺はそんなに人見知りじゃありません)
いける状況じゃない場合でいうと、
そこで無理すんのは下手したら相手の迷惑考えてないってことになりかねないんだよね。
自分が楽しめる楽しめないももちろんだけど、
そこが自分がいなくても成立する場なのかっていうのも無視できない要素でさ。
歓迎されてない状況で、自分も頑張って、
なおかつ終電逃して翌日の体調に影響出るなんつーのはなかなかリスキーよ。
まあ楽しきゃいいんだけどさ。
翌日のことなんて考えずいくらでも飲めるけど。
「全員で」っていうのがそんなに大事かなっていうね。
ライブでも1回目のMCで「自由に楽しんでってください」って言ってたのに、
2回目のMCでは「全員で最高の夜にしましょう」とか言っちゃうバンドいるじゃん。
自由なのか強制なのかどっちなんだよみたいな(笑)。

あともうひとつ付け足しとくと、俺がホスト側の場合は、
15分も誰とも話してなさそうな人がいたら絶対ほっとかないよ。
そうじゃなくてみんなが自分勝手に楽しむ空間なら、帰るのだって自由でしょ。


韓国人には仕事の電話をかけるときに、
会社名だけ言って自分の名前を言わない人が多い。
理由はよく分からないんだけど、
責任の所在を明らかにするっていう感覚が希薄なんだろうな。
やり取りがスムーズにいってるうちはいいんだけど、
何か問題が起きたらたちまち困ることになるのね。
でも文化的なものだから、ある程度合わせてやってくしかないのがつらい。

でもね、メールのときは違うんだよ。
挨拶のあとに会社名と自分の名前を100%書くの。
俺は初めてのやり取りじゃない限り大体書かない。
署名もあるから誰かは分かるし、邪魔くさいだけだからさ。
あとは天気がどうとか、体調に気を付けろとか、
最近だったら五輪関係の話とかをいろいろ付け足して書いてくるのも韓国人のほう。
用件2行で、その前後に5行ずつぐらい何かしら書かれてるみたいな。
でも電話だと会社名と用件しか言わない。
なんでだよ!名前言えよ!(笑)


カラオケが好きなんだけどさ、メンツはマジ大事ね。
つまんない奴と行ったらほんとつまんない。
歌唱力はあったほうが聴いてて楽しいけど、
選曲のセンスとかタイミングも非常に大事だからね。
場のガレナー(流れ)を読めない奴は結構いるから。

あとカラオケで嫌なのがさ、
うろ覚えの歌入れて2番からマイク渡してきて「あと歌って」って言ってきたり、
のっけからマイク渡してきて「一緒に歌おう」って言う奴。
自分が歌いたい歌以外で喉消耗したくないんだわ。ごめんね。


あとプチ告知なんですが、
8/25(土)にLEXTってバンドのヘルプで叩くことになりました。
詳細分かったらここに書くからチェックよろ。
[PR]
by kimjiyoung | 2012-08-10 09:32 | 雑記・エッセイ | Comments(0)

TV-A通信 2012年8月号

こんにちよんです。
TV-ADDICTIONSの新しいMVが出来ました。
みんな見てくれたかな?



そしてそして今週末はライブであります。

■2012年08月11日(土) at 横浜B.B.STREET
「Lit up」

TV-ADDICTIONS
the arounds
VELOCITY
SxGxS
24hour party time

OPEN 18:00 / START 18:30
ADV 1800yen / DOOR 2100yen


TV-FREAK RECORDSからthe arounds、
そして9月に新譜のリリースが決まっているVELOCITYが共演してくれます。
チケット予約はこちら

余談ですが、B.B.STREETには13年前ぐらいに
MR.BIGのコピーで1回出たことがあります(笑)。

TV-ADDICTIONSは勝手にレコ発シリーズ中ということで、
今回は新譜からライブ初披露の曲を演っちまいます!
2ndアルバムの中でも僕がかなり好きな曲です。
お楽しみに!!
[PR]
by kimjiyoung | 2012-08-09 10:05 | 動画 | Comments(0)