<   2012年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

20120130 雑記

味、栄養、値段、使い勝手、保存性などを総合すると、
一番の食材は缶詰のツナ。

マヨネーズと混ぜて食パンに塗ってトーストする。
うまい。

それをおにぎりの具にする。
うまい。

適当に葉っぱちぎってツナ乗せて、サラダ油とお酢と塩コショーかける。
うまい。

辛ラーメンに入れる。
うまい。

オムレツに入れる。
うまい。

生卵を割ってレンジで40秒。
それとツナをご飯に乗せて、コチュジャンとごま油かけてまぜまぜ。
うまい。


ちょっと前に聞いた韓国人同士の会話。
(話してるのはもちろん韓国語ね)

韓国人A「前はどこに住んでたの?」
韓国人B「中野新橋」
韓国人A「え?中野なの?新橋なの?」
韓国人B「いや、違うよ。中野新橋」
韓国人A「何言ってんだよ。中野と新橋は全然ちげえだろ」
韓国人B「中野新橋って所があるの。知らないの?」
韓国人A「そんなとこ無いよ。俺、東京来て3年だぞ」
韓国人B「ていうか俺、そこに住んでたっつーの」
韓国人A「いや無いよ、そんな地名は。お前が何か勘違いしてる」

実に韓国人らしいというかね。
思いこみが激しいんですよ。
自分の知ってることがすべてっていう。
相手の話を聞こうとしない人が多いね。
日本人は心では「何言ってんのコイツ」とか思っても、
「へー、そうなんですねー」ってできるじゃん。
韓国人はあまりそれできないので。


酒飲んでると、

「あー、酒飲めない人はこのよさが分からないで生きてるんだよなー。
何を楽しみに毎日を過ごしてんだろ」

って思うけど、シャブセックスが好きな人は、

「あー、シャブやったことない人はこのよさが分からないで生きてるんだよなー。
何を楽しみに毎日を過ごしてんだろ」

って思ってるよね。
俺、70ぐらいになって死にかけたらやってみたいわ。
シャブセックス。
ってか、打った瞬間にご臨終か(笑)。


ラーメンの大盛りは食べられる。
とんこつラーメンなら替え玉2回いけるのに、
牛丼は並でおなかいっぱいなんだよね。
全然嫌いじゃないし、むしろ好きでよく食べるんだけど。
何でかな?


子供2人以上いる人にしか分からないことだけど、
これだけ寒くても、子供2人に挟まれて1枚の布団かぶったら暑くて死にそうになるよ。


前にも言ったけど、コーヒー頼んだときに
「砂糖とミルクはおつけしますか?」って聞かれるのが死ぬほどうっとうしい。
必要な場合は自分で言う、
言わなかったらブラックっていうオペレーションにしちゃだめなの?
ブラックで飲む人が少数派だったら分からんでもないけど、
むしろそっちのほうが多いだろ?

SUBWAYもそうだよ。
メインのトッピングだけ言ってさ、
あと何も言わなかったら
プレーンでトーストなしで野菜全部入れてドレッシングはおすすめでいいよ。
注文ある奴がそれに関する注文だけすりゃあさ。

あれだな、「するに越したことない精神」がこういうシステムを生んでるんだな。
「こっちはちゃんと聞きましたから文句言わないでくださいね」的な。
つまり「砂糖とミルクが要るか聞かれなかった。接客がなってない」とか
言い始めるアホがいるからだろ。
テメーが言い忘れたくせによ。

逆に「ホットコーヒーをブラックで下さい」って言ってんのに、
「ホットコーヒーですね。かしこまりました。砂糖とミルクはお付けしますか?」
って聞いてくるマニュアル店員は、はち殺してよろしかったですか?

世の中のルールはおおよそ、アホに合わせて作られてるからね。
いい迷惑だよ。
マジで無駄。
無駄はなくしてこうぜ。
[PR]
by kimjiyoung | 2012-01-31 01:12 | 雑記・エッセイ | Comments(2)

不朽の名曲<보고싶다>

韓国のバラード歌手、キム・ボムスさん。
僕が韓国で一番好きな歌手です。

その彼の代表曲といえば、なんといっても「ポゴシプタ(会いたい)」。
2002年の12月に発表された曲なのですが、僕はちょうどそのとき韓国に住んでました。
音楽活動が思うようにいかないどころか、住まいもなくなって
小さなプロダクションの社長宅のウォークインクローゼットに布団を敷いて寝ていた頃、
街中で流れていたのがこの曲でした。

まずはMVをどうぞ。



これがマジで秀逸。
ユ・オソンは名優ですね。
またチングが見たくなってきた。


お次はライブ。


顔はなかなかパンチが利いてますが、歌唱力はかなりのもんでしょ?


そして番外編。


冒頭はトークなので、韓国語が分からない方は1分50秒あたりから見てください。
ユン・ドヒョンさんの声もまたいいんですよ。
これを最初に聴いた時には鳥肌が立ちました。
在日朝鮮人の中で最も有名な歌手はユン・ドヒョンさんかもしれませんね。
7、8年前は韓クラ行ったら、絶対に誰かしらが「モンサーン♪」て歌ってたもんね(笑)。
あー!韓クラ行きてー!!ヽ(`Д´)ノ

で、この曲は「天国の階段」っていう人気ドラマの挿入歌だったんですよ。
主演はクォン・サンウとチェ・ジウっていう、泣く子も黙る韓流スター。
今をときめくキム・テヒが助演ですからね。

そのクォン・サンウが歌ったバージョンがこちら。



残念にもほどがあるだろ!(笑)
韓国はこういう公開処刑結構やるからなー。

言うまでもなく、この曲は僕の18番。、
弾き語りのレパートリーにも、もちろん入ってます。

弾き語りのオファー、お待ちしてますのでよろしくお願いします。
全編カバーでよければ喜んで歌いに行きますので。
ギターは下手ですが、歌は上手いです。
[PR]
by kimjiyoung | 2012-01-27 02:45 | 動画 | Comments(2)
俺はきっとこう願う。


先の尖ってない爪楊枝をこの世から消してください。

プラスチック軸の綿棒をこの世から消してください。

水で流してもヌルヌルするハンドソープをこの世から消してください。
[PR]
by kimjiyoung | 2012-01-27 00:24 | 画像単発・つぶやき | Comments(4)

20120125 雑記

もういい加減我慢できないから個人名出すわ。
ベッキーさんの前向きツイートを毎日毎日リツイートしてる奴らよ!
テメーらのエセポジティブなんてクソの役にも立たねーんだよ!
他人のふんどしで相撲取ってねーで、せめてテメーの言葉で言えや!


Wikipediaに書いてあることを何でも鵜呑みにする奴はどうかと思うけど、
Wikipediaに書いてあることは一切根拠として認めない奴もたちが悪い。
情報の出所もそうだけど、それ自体を読んで信憑性の高さを計る努力をしなさい。


名言とされてるものの中にも「え?」ってやつが結構ある。
甲本ヒロトさんの、

「売れてるものがいいものなら、世界一うまいラーメンはカップラーメンになっちゃうよ 」

ってやつ。
いやいや、ラーメンとカップラーメンはジャンルちがくない?
なんか言葉の勢いにもってかれてっけど、全然比較になってないし成立してないよ。


最近の趣味は、昼間の赤坂を歩いてるスッピンの韓国人女性を見ながら、
メイク後の顔を想像してニヤニヤすることです。


イクラの軍艦巻きでさ、わざとイクラを多めにのっけて皿にこぼしてるやつあるじゃん。
あれいいよ。
最初に考えた奴センスある。


ハンドソープのキレイキレイってあるじゃん。
あのネーミングはかなり思い切ったね。
俺が選考担当なら絶対通さないけどな。


最近の子供はみんなキチガイみたいな名前付けられてマジでかわいそう。
去年まで子供を日本の保育園に送ってたけど、とち狂った名前の子ばっかだった。
それでさ、ちゃんとした名前の子の親は、やっぱちゃんとしててさ、
逆に父兄と話してて「あ、この人感じいいな」と思って子供の名前を見たら、
やっぱりちゃんとしてる。

あと20年ぐらいたったら、ある意味では便利な世の中になるな。
名前を見たら、まともな親に育てられたかどうかある程度分かるじゃん。
まあ多分、それに合わせて成人したら自由に改名できるようになったりするんだろうね。
もう、名前ぐらいちゃんと付けてやんなよ。マジで。


twitter見てるとさ、
「山手線の車内にいるババアの声がデカい」とか、
なんかあんま思い出せないけど「何だコイツ、腹立つわ」的なツイートって多いじゃん。
例えばゲロをかけられたとか、女性が体を触られたとかだったらアレだけど、
俺は大体の場合、「あ、この人そういう病気なんだ。かわいそうだな」と思うようにしてる。
そしたらね、いくらか怒りがおさまるよ。
むしろ「俺はこんなふうにならなくてよかった。両親に感謝しなきゃ」ってなるから。

夏場に蚊を殺すみたいなもんでさ、
頭のおかしい奴なんていくらでもいるから、いちいち腹立ててたらキリないよ。
みんなもやってみ。


それと最近、非公開コメントをくれた恥ずかしがり屋の子猫ちゃんたち。
コメントをあなただけに読めるようには書けないので放置になっちゃってますが、
ちゃんと読んでますからね。
ありがとう。^^
[PR]
by kimjiyoung | 2012-01-26 01:02 | 雑記・エッセイ | Comments(2)
あまり親しいバンドのことをごちゃごちゃ書かないようにしてるんですよ。
人気バンドと仲良しなのをアピールして、それに便乗するみたいなのはダサいし、
バンドの評価とか、ライブの感想なんかはそれぞれが持てばいいものだしね。
でも先日対バンした2バンドには、格別な思い入れがあるので、
あえて書くことします。

まずはthe planets。
このバンドでVo&Baをしている三瓶とはTV-ADDICTIONSに加入する前に
ALL SYSTEMS GOというバンドをやってました。
お互いその前のバンドでよく対バンをしていたんですが、
三瓶とはやけに馬が合ったんですよね。
三瓶はまず賢い。そして海外での居住経験があるせいか、文化的視野も広い。
音楽を広く深く知っているところも魅力でした。
それで僕がSUPER COLAを辞めて、THE HARAKIRINATIONが解散した後、
こいつと演ったら絶対にうまくいくと思ったんですよね。
それで演ることになったんですが、ことのほかなんともうまくいきませんでした(苦笑)。
お互いの主張する部分がことごとくぶつかるっていうね。
ライブは6本ぐらいやったかな。
そのときは今TV-ADDICTIONSでギターを弾いてる牛丸が
サポートギタリストだったんですが、
ASTRALMESSが忙しくなったタイミングで離脱、
後釜も見つけられず数か月が経ち、消滅することになります。
今思えば、よく若いカップルが「好きだから別れる」とか、
「愛してるから距離を置く」ってあるじゃん。
あれに近いかもしれない。
気持ち悪いね(笑)。

「お互いに我慢してやるんじゃ意味がないし、1回バラけますか」ってことになったんだけど、
それぞれすぐに伴侶を見つけて、ジャイアンさんのご好意で先日、対バンが実現しました。

the planetsのライブを見て、素直にいいバンドだなと思った。
バランスが取れていて、メンバーのキャラも立ってる。
エリカちゃんのドラムも三瓶の作る音楽に合ってるなと。
ALL SYSTEMS GOでの教訓をしっかり生かしてやってるなと感心した。

それと三瓶は僕にストレートな意見をくれる貴重な存在です。
思ってることを言ってくる人はほかにもいるけど、大体は見当違いなことだから
ほとんどシカトしてるんだけど、三瓶はそうじゃない。
感覚的に似てる部分も多いから、違う所をバシッと指摘してくれんのね。
年齢はいくつも下だけど、バンドマンとしても社会人としても認めている数少ない仲間です。
仲間のバンドがうまくいってほしいと願うのは当たり前。
(あとアユミちゃんが激かわいいので)

またやろうぜ。


そしてTHE WELL WELLS。
僕は何年か前にSUPER COLAってバンドで叩いてたんですが、
そのバンドで仲良くなったのがTHE WELL WELLS。
俺が入る前からSUPER COLAはWELL WELLSと仲良しだったみたい。
SUPER COLAは「新メンバーでの一発目のライブはACBでの企画」っていう
体だったんだけど、
実はその前に八王子のMatchVoxで1本やってたんだよね。
それが出会い。
それからはSUPER COLAのレコ発初日に誘ったり、
ツアーに誘って一緒に地方に行ったり。
でもWELL WELLS側から誘われることはなかったから、
今思えば完全な片思いだったな(笑)。

SUPER COLAを辞めてから、WELL WELLSのライブを見るのは今日が初めてでしたが、
なんつーかな、懸けてるものが違いますよね。
だってさ、インディーズバンドでそこそこの活動をしようと思ったら、
結婚や子育てはおろか、下手したら一人暮らしすらままならないんだよ。
それらを全部振り払ってバンドにオールインしてるんだもん。
覚悟が違うよ。
だから当然、お客さんに伝わるものにも差が出てくる。
WELL WELLSのライブを見ている間、なんかいろいろ考えちゃいました。
初めてライブを見た数年前と比べて一切ブレがない。
でも本人たちは日々悩みながら、バンドや音楽と向き合ってるはずじゃないですか。
何も考えずに、ただ楽しいからやってる、
とりあえずできるまで続けるっていう年齢じゃないしね。
もちろん、みんなほんとにバンドが好きなんだと思う。
情熱だね。
それと覚悟。
俺にはこれが足りない。
決定的な違いはそこなんじゃないかと思った。

おっくんはすごい人です。
知ってる人は知ってると思うけどね。
ベーシストとしても好きです。
浅井さんも梅村君も、おっくんがメンバーとして認めてずっと一緒にやってるだけある。
ステージングでも全然引けをとってないしね。


俺も俺なりに、これまでバンドや音楽と向き合ってきた。
そしてこれからも向き合っていく。
あくまで自分の納得いく形で。
そしてできることなら、上に挙げたようなプレイヤーたちに認めさせたいと思うのです。
[PR]
by kimjiyoung | 2012-01-24 10:18 | バンド・音楽 | Comments(2)

20120123 Live at 渋谷 乙

今日は渋谷 乙でライブでした。
当日中にレポ書くのは初めてかも。

d0082970_2111734.jpg
これで「きのと」と読みます。


ライブ告知のツイートするときとかも一瞬迷うんだよね。
正式表記は漢字なんだろうけど、
「もし読み方分からなくて来られない人がいたらどうしよう?」とか考えちゃって、
アルファベットで書くことが多いです。
どうするのが正解なんですかね?

d0082970_2111688.jpg
名誉メンバーのクマさんが顔を出してくれました。

d0082970_2111781.jpg
イベントはWELL WELLSのレコ発という形。

d0082970_211131.jpg
ハンドソープを置いてあるトイレはすばらしい。
置いていないトイレの管理者は勤務怠慢です。

d0082970_2111713.jpg
準備万端だオラ!

d0082970_2111942.jpg
ライブ直前。牛丸がなんか面白い(笑)。

d0082970_2111694.jpg
こんなセットリストでした。(誰かもらってくれよ!w)

d0082970_2111648.jpg
打ち上げー。でも始まるやいなや終電で帰宅。。。

d0082970_2112745.jpg
今日はお客様にこんなものを頂きました。

d0082970_2112749.jpg
TV-ADDICTIONS仕様のフーセンガムです。

僕、いつもライブ中にフーセンガムを噛んでるんですよ。
でも今フーセンガムってあまり売ってなくて、
ライブ当日にコンビニ何軒もまわるハメになることもしばしば。
…なんてことをブログに昔書いたら、いつもガムを差し入れてくれる方がいます。
本当にありがとうございます。
今年の前半ですべてなくなるくらいに、ライブをたくさんやりたいですね。

それと今日見に来てくれたあるお客さんがライブ終了後に、
「今存在するバンドの中で一番カッコイイと思う」とツイートしてくれていました。
俺、もうバンド始めて17年で、すぐ辞めたのも入れたら20バンドぐらいになるけど、
こんなことを言われたのは初めてですよ。
感激しました。
もちろん、俺が占めてる割合なんて微々たるものだって分かってるけど、
そのバンドの一員であることが本当に誇らしい。
今すごく幸せな気分です。
[PR]
by kimjiyoung | 2012-01-23 02:41 | バンド・音楽 | Comments(2)
会社でiPadを買ってもらったんですけどね、
今のところの主な用途は通勤電車の中でまとめブログを読むこと。
マンゴツもったいねえ使い方してます(笑)。

結構有名どころですが、読んだ中ではこの辺が面白かったです。

「ゲーセンで出会った不思議な子の話」

「姪っ子が嫁に行った」

二番目のやつは後輩のイルギョに教えてもらいました。
イルギョ、サンキューな。

姪のほうは割と短くてすぐに読めるので、イシンバエワにも読ませたんですよ。
でも「いい話だね」と言っただけで、案外ケロっとしてた。
俺はどっちもめちゃくちゃ泣いたんだけどな。

あれだね、やっぱ男目線で書いてるからさ、自分を重ねられるじゃん。男は。
そこんとこの違いはあるのかもな。

でさ、この手の話を読んで楽しんでる人たちを見て、
「実話だと思って感動してんの?ウソに決まってんじゃん。バカじゃないの?」
とあざ笑ってる人たちもいるみたい。


僕が人を判断する基準の中のひとつに、
「プロレスを楽しめるかどうか」ってのがあります。
僕はどっちだと思います?
リアリストなのでショー要素の強いプロレスは嫌いだと思われるかもしれませんが、
実はその逆。
プロレスは結構昔から好きですよ。
会場に足を運んだのは1度だけですが、今でも本屋やコンビニに行くと、
週プロをパラパラ読んだりします。
もちろんガチも好きですけどね。

今でもたまにいるんですよね。
「プロレスなんて八百長じゃん。なんでロープに投げたら走って帰ってくるんだよ」
とか平気で言っちゃう奴。

いや、お前こそ本気で言ってんのかと。
あんなにゆっくりな攻撃を避けずにわざわざ全部受けてんだぞ。
大の大人がそれを、「あいつらは本気で戦ってるんだ!頑張れ!」
と思って見てると思う?
冗談はよし子さん。
たぶん、そういう人たちは芸術全般における「成立」ってことが何だか
分からないんだろうね。


書き手は実話だと言い切らなくちゃダメだし、読み手もそれを信じてる体で読む。
そうして初めて「成立」するんですよ。
それでこそ読み手は楽しんだり感動できるし、書き手もその反応を見て喜ぶ。
プロレスもその意味ではまったく同じです。

お笑いにももちろん、その「成立」って概念があります。
ダウンタウンの松本さんが言ってたこと。

「山崎(邦正)は自分のことをおもろい言い続けなあかんし、
俺らはあいつの笑いを認めたらあかんのですよ。さぶい言い続けあかん。
それで成立してるわけじゃないですか。あいつの芸風は」

言い方うろ覚えプラス、関西弁が間違ってるかもしれませんが(笑)、
そんなような意味のことを言ってました。
山崎さんが「俺っておもんないよな」と言ったり、
ダウンタウンのお二人が「いや、山崎はおもろい思うで」と言っちゃダメってこと。
その時点で成立しなくなるし、見てるほうも途端に笑えなくなります。
本当につまらない芸人を20年以上も冠番組で使い続けるわけないじゃないですか。
でもそこを指摘しませんよね。笑えなくなるから。
分かりますかね?


「ゲーセンで出会った不思議な子の話」やプロレスにケチつけてる人は、
ノンフィクション以外は楽しめないってだけ。
さらに自分が楽しめないことを楽しんでる人がいるってのが気に食わないんでしょう。
健全な思考とは言えませんね。
[PR]
by kimjiyoung | 2012-01-21 23:57 | 雑記・エッセイ | Comments(2)

飲みの誘い

俺から2回飲みに誘って2回とも断られたら、
理由がどうあれもうそれ以上は誘えない。
もしその相手が俺と飲みたいなら、今度はそっちから誘うのが礼儀だから。

もし俺が同じ人に2度誘われたのに都合が合わなくて断っちゃったら、
次はなんとしてでも自分から誘う。
2度も誘ってくれた気持ちを無駄にしたくないから。
逆に大して飲みたくない相手なら特に気にせず放置する。

一緒に飲みたくもない奴が何度も誘ってきたらうっとうしいじゃん。

「何回も断ってんだろ。気付けよバカ」

みたいに思われたら最悪じゃん?

だからよっぽど気心知れてる間柄じゃない限り、
2度断られたらそれ以上は攻め込めません。
相手は一切、気にも留めてないんだろうけどね。
そう考えたら悔しいし、惨めだな。

って感じで一緒に飲みたいけど、
僕からは誘えなくなってしまった相手が結構います。
そうだよ。お前だよ。
[PR]
by kimjiyoung | 2012-01-21 00:54 | 雑記・エッセイ | Comments(0)

TV-A通信 2012年1月号

d0082970_1523014.jpg
今日はTV-Aのスタジオリハでした。

d0082970_1523043.jpg
唯一の喫煙者であるサトシさん。当然いつも休憩は1人で。


今週末にはライブがあります。

■1/22(日) at 渋谷 乙

KINOTO proudly presents
「満天の星空 vol.82 -THE WELL WELLS [It's a well wells world]
リリースパーリー SPECIAL-」

THE WELL WELLS / draw the perspective / LUNCH-Ki-RATT /
MERCI MERCI ME / the planets / TV-ADDICTIONS

open/start 17:30/18:00
adv/door ¥1800/¥2300


僕らはいいのでWELL WELLSのマコちゃんを見に来てください。
メチャかわいいです。

↓チケットのご予約はこちらから↓
TV-FREAK RECORDS チケット予約フォーム
[PR]
by kimjiyoung | 2012-01-19 02:03 | バンド・音楽 | Comments(0)

20120117 雑記

「筋トレは毎日やっても意味がない」とか、
「練習は毎日やらなきゃ意味がない」とか言うけどさ、
あれ本気で言ってんの?
日本語分かんないの?

意味がないっていうのはさ、
筋トレを毎日することと、何もしないことの結果が同じじゃなきゃダメなんだよ?

楽器の練習も「1日サボったら取り戻すのに3日かかる」とかさ。
じゃあ1日おきに練習しても一歩も上達しないってことじゃん。
ちゃんと言えや。言えYeah!


芸能人って大変だなと思うのが、旅番組とかグルメ番組見てるとき。
お湯に味噌溶かしてレンコン入れただけの汁飲んで、
いくつもコメントしたりしなきゃダメじゃん。
さすがに俺でも味想像できるわ!(笑)
まずくても絶対まずいって言わないんだから、
うまいっつっててもほんとにおいしいか分かんない。
それこそレポートしてる意味ないです。

スリムクラブの坊主のほうだったかな。
グルメレポートに行ったのに何食っても「素材の味を生かしてる」しか言わなくて、
最後にデザートで着色料いっぱい入ったゼリー食っても
「素材の味を生かしてる」って言ったんだって。
死ぬ(笑)。

新譜出すときもさ、バンド関係者にコメントもらったりするじゃん。
あれも結局悪くは書けないわけじゃん。絶対に。
だからいつも「へー、この辺の人たちと仲いいバンドなんだなー」ぐらいは思うけど、
それ読んで「じゃあ聴いてみよ」とはならない。
1つでも「俺はイマイチでした」とかあったらまだ信憑性あるけどね(笑)。


笑ってはいけないエアポートを全部見ました。
やっぱ面白いっすね。
でもあれは完全に30代後半以上向けだな。
若い子はあき竹城さんとか、ヒクソンとか、ジミー大西とか知らないでしょ。
ELTも梅宮ファミリーも知らないだろうし。
僕は大いに笑いましたけどね。

でもあのシリーズの元祖「笑ってはいけない温泉旅館」は超えられてないね。
だってあんときケツに吹き矢だよ?
針おもっきり刺さるからマジで嫌がってて、笑いをこらえるのにも必死だった。
今はそうでもないじゃん?
DVD出てると思うから、ここ数年のしか見てない人がいたら見てみ。
吹き矢やめた年のは、途中で見るのやめたぐらい物足りなかったもん。
今はそれはそれとして見られるようになったけど。


イタリアで船が転覆して船長や船員が先に逃げたとか。
まあセーラーのイメージからしたら決してカッコよかあないし、
乗客や遺族からしたらぶっ殺しもんだろうけど、
その船長や船員にも家族がいるからね。
家族からしたら、乗客助けて死んじゃうより、
どんな非難を受けようが生きて帰ってきてほしいだろうよ。
俺が船員だったらどうすっかな。
やっぱ死を目の前にしたら、他人の命なんて二の次三の次になるんじゃないかな。
今回の事故で亡くなった人たちは本当に気の毒だけどね。
天国があるとしたら、そこに行ってほしいです。


「肉汁」ってにくじる?にくじゅう?
単語は原則として音訓は混ざらないから、にくじゅうが正解かな?
たまにどっちか分からないからか、どっちにも聞こえる言い方してる人いるね。
にくじゅるみたいな。


原発事故から少しして「リテラシー」って言葉を覚えた僕はそれを執拗に使ってましたが、
最近はめっきり使わなくなりました。
ってか忘れてた(笑)。
いわば読解力のことだよね?
聞くのも入るのか。
聴解力?
単純に理解力?

とにかく、ほとんどの人がいろいろなことに対して
間違った認識を持ったまま生きてるわけなんだけど、
やっぱ育った環境とか「この出会いがあって、今の自分がある」みたいなことは、
人間形成においてはあまり関係ないんじゃないかと最近改めて思ってる。
ちょっとは関係あるだろうし、極端な場合は除いてだけど、
ほとんどの場合はなんだかんだ自分次第。
結局はそこに行き着く。

よく街頭インタビューとかでさ、
「もう何を信じたらいいのか分かりませんね」とか言ってんじゃん。
納豆ダイエットがウソだったとか、政府がウソついてるとかそういうのでさ。
自分の馬鹿さ加減をさらしてんじゃねーぞと。
こんだけ情報があふれててだよ、テメーで取捨選択できねーの?
で、テメーの判断に責任持てねーの?
学校には通ってたんでしょ?
そこで何を勉強してきたの?

あ、100%自分次第ではなかったわ。
親は関係あるね。
人間の悪いところは特に親のせいだと思っていい。
って言ってる俺の子供が将来、凶悪犯に(このネタもういいですか?)

話を戻しますけど、俺が「血液型は性格に直接影響しない」って百万回言っても、
「でも統計的に」とか言ってきかない奴はいくらでもいるもんね。
だから正しいか正しくないかはあんま関係ないんだな。
もっと正確に言えば真理と、人それぞれで違う部分の区別が
ほとんどの人はできてない。
こだわるべき部分と、こだわってもしょうがない部分の判断ね。
理解力のあるなしは、真理を追求してるかどうかと関係がある気がします。

全部頭で理解できてなくてもいいんだよね。
「この人が言ってるなら間違いないだろう」っていう嗅覚的なものを持ってるのでもいいと思う。
ある意味そのほうが手っ取り早いし。
っていうか、宗教ってそもそもそれが起源だし。
要するに、

「俺の言ってることは正しいから鵜呑みにしろ。
そしたらみんな幸せになれるぞ」

っていうね。

なんだよ。
俺、教祖じゃん。
[PR]
by kimjiyoung | 2012-01-18 01:39 | 雑記・エッセイ | Comments(2)