20170827 Live at 高知X-pt.

四国2日目は高知。

高知はずっと行きたかった場所。
簡単に言うと高知出身のバンドマンをたくさん知ってるからです(笑)。
中でもTV-ADDICTIONS(クッソ懐かしいw)の初期はメンバーの半分が高知出身だったし(クマさんは愛媛??)、
そのクマさんとフサとのつながりで高知出身の人たちとたくさん出会ったので。
あとカツオも大好きですし。

d0082970_11545436.jpg
X-pt.にお世話になりました。

搬入とサウンチェックをスムーズに終え、食事をしに出ました。

d0082970_11545432.jpg
タケさんのお友達が出したという家系ラーメン店へ。

d0082970_11545430.jpg
オーソドックスな、まさに家系という味でした。
おいしかったです。ごちそうさまでした。

d0082970_11545537.jpg
イカしたイベントタイトル!(笑)

トップバッターはコルレトことCold Retriever。
前日のライブを見てからずっと、またその翌日にも見られることを楽しみにしていましたから。
曲もちょっと覚えたし、出演者であることをほんの少しだけ忘れて堪能させていただきました。
まだ知らない方は是非チェックしてみてください。
イチオシです。
(なんだったら今もコルレト聴きながら書いてます)

この日もトリだったVIVASNUTのライブもやっぱりよかったです。
コルレトの次にオヌヌメ(笑)。
バンド歴はそれなりにあるわけですが
落ち着いちゃってたり惰性でやってるみたいな部分は微塵もなくて、
僕は今のVIVASNUTが一番好きですし、音源も新譜が一番いいです。
2バンドともまた一緒にやりたいなー。

d0082970_11545506.jpg
打ち上げへ。その名も土佐。

d0082970_11545547.jpg
カツオのたたきをしっかりいただきましたよ。

d0082970_11545555.jpg
ケイ君もヤッソーもありがとね!

d0082970_11545698.jpg
コルレトのナオヒロ(Gt)。メインボーカルまでお疲れさま!

d0082970_11545630.jpg
コルレトのトヨ(Ba)。かわいすぎて絡み過ぎたから、俺相当気持ち悪かったと思う(汗)。
でも好きだからしょうがない!

高松、高知と2日間、対バンしてくれた皆さん、ライブハウスの皆さん、
遊びに来てくれた皆さん、本当にありがとうございました。
この経験を糧に、これからもっと頑張っていきます。

d0082970_11545624.jpg
ホテルでカップラ食って寝ました(パート2)。

[PR]
# by kimjiyoung | 2017-10-20 20:24 | バンド・音楽 | Comments(0)

20170826 Live at 高松DIME

8月の末には四国へライブをしに行ってきました。
個人的には四国へ行くこと自体が初めてだったこともあり、
思い出深いツアーになりそうな気配。

まずは初日の高松から。

d0082970_19363821.jpg
高松に着くなりVIVASNUTの山口正文にうどん屋さんに連れていってもらいました。

d0082970_11501369.jpg
肉入りぶっかけ温玉のせみたいなやつ。値段は450円とかだったような。

味の第一印象は「あ、結構甘いんだな」でした。
肉の味付けかな?
麺のコシはさすがでしたね。
あと1人前のボリュームがすごくて、食べ切るのになかなか必死でした。
(さすがの山口は速攻で食べ終わってましたが)
おいしかったです。
ごちそうさまでした。

d0082970_11501416.jpg
DIMEに到着。

d0082970_11501302.jpg
VIVASNUT企画のイベントに呼んでいただきました。

d0082970_11501378.jpg
この音源のレコ発初日ってやつで。

トリのVIVASNUTからサウンドチェック。
正文が東京にいた時はベースもドラムも違うメンバーだったので
オリジナルメンバーで復活した3人を見るのは初めてだったんですが、
はっきり言ってめちゃくちゃよかったです。
やっぱり正文が作るメロディーライン、ギターアレンジにはかなりのセンスを感じます。
ギターも本当に上手ですしね。
新曲もどれも聴き応えがあって、素直に感心してしまいました。

それと正文がサウンドチェック中、メンバーに言っていた、
「練習は本番さながらに、本番は練習どおりに」という言葉。
これって有名なミュージシャンとかスポーツ選手が言ったりしてたんですかね?
すごい名言。
これからドラムを続けていくうえで肝に銘じようと思いました。

d0082970_11501400.jpg
ミホコちゃんが赤ちゃんを連れて来てくれました。

正文ともミホコちゃんとも東京ではかなり親しくさせてもらっていたので
香川に行ってしまうと聞いた時は寂しかったですが、
正文は地元に自分のスタジオを構えて、バンドも立て直して、
ミホコちゃんも母親になっても歌い続けてるみたいだし、
僕も自分のバンドのツアーで会いに行くことができました。
この再会が本当にうれしかったですね。
今後もそう頻繁に会えるわけではないけど、
こうやってつながっていけるのなら幸せです。
これから大変なこともあるかもしれないけど、力を合わせて頑張ってね。
応援してるし、俺も頑張ります。

この日の高松、翌日の高知とVIVASNUT、SABOTEN、Cold Retriever、
そしてSHACHIの4バンドが一緒だったんですが、
初めて見たCold Retrieverがすごくよかったです。
ただボーカルのフミ君が急病でこの2日間はライブに参加できず
ギターのナオヒロがボーカルを取る3ピースでのライブだったのですが、
それでもバンド自体の良さはしっかり伝わってきました。
本人たちは悔しそうでしたし、誰よりもボーカルのフミ君が悔しい思いをしたでしょうけど、
それでも足を止めず進んでいく彼らの姿に力をもらいました。

トリはレコ発のVIVASNUT。
言うまでもなくいいライブをしてました。
ベースのケイ君がかなり僕好みのベーシストで、
地味すぎず派手すぎず、ツボを押さえたプレイで曲を支えつつも華を添えていました。

そして本番でも飛び出す山口正文の名言。

「灰色の日常なら、自分色に染めてしまえ!」

新譜の「カラフル」って曲に入る前のひと言だったと思うんだけど、
これもいい言葉だよなー。(誰かからのパクりかな?)

d0082970_11501452.jpg
打ち上げ(の2軒目)

真ん中はSHAMOのタクマ(ドラム)。
長髪でドラムで眉毛濃くて目が細くてダンゴっ鼻で、ヒゲとメガネ以外はほぼ僕でした(笑)。
この日が初対面だったんですが、1軒目終わりで正文と「次行こ!」ってなったタイミングで
迷わず着いてきたかわいいやつです。

d0082970_11501524.jpg
ホテルでカップラ食って寝ました。


翌日の高知に続きます。
[PR]
# by kimjiyoung | 2017-10-19 22:35 | バンド・音楽 | Comments(0)
八食サマーフリーライブに初めて出演させていただきました。
数多くのバンドマンが目指す、まさに登竜門。
僕もSHACHIに加入する前からずっと憧れていたイベントです。
今年のYUKIDOKE TOURで回った八戸ROXXでのライブ後にオファーを頂き、
飛び上がるほどうれしかったことを覚えています。

大事じゃないライブなんてただの1本もないし、
全力を尽くすということは変わらないんだけども、
やっぱり八食が特別じゃないと言ったらうそになるわけで。

バンド活動をしながら生きていく中で、大変だなと思うことはたくさんあります。
でもSHACHIというバンドで、ヒデタさんとタケさんの背中を見ながら
ドラムを叩くということは誰にでもできることではないじゃないですか。
だから僕がすごいとかそういうことではなくて、
すごいフロントマンの後ろでプレイしたいというのは
ドラマーであれば誰しもが思うことなので、
「中途半端なことやってんならどいてくれ。俺に叩かせろ」と思って
SHACHIを見ているドラマーが少なからずいると思います。
だから僕だけのポジションではないというか。
ドラマーを代表して、と言ったら大げさかもしれないけど、
常に選ばれているんだという気持ちでバンド活動に臨んでいます。

八食に対してもそれと同じで、
限られた数のバンドの中に選んでもらえたのだから、
いろんな人の思いにプレイで応えなきゃならないなという気持ちでした。
ライブの何日も前から緊張しましたし、その分練習して、
イメージトレーニングも何度もしました。

出演は初日のほうだったので、金曜の昼から移動。
夜には八戸に着いて、タケさんと軽く乾杯してラーメンを食べて寝ました。

d0082970_23242569.jpg
おやすみなさい。(謎にレンゲがデカい)


翌朝は早起きして会場へ。
宿で目が覚めた時には雨が少し降っていましたが、会場に着く頃にはやんでいて
既にたくさんの人たちが集まっていました。

物販の準備をし、ほどなくしてライブがスタート。
自分の出番までの時間を気にしながら出演バンドのライブを見て過ごしました。
バックヤードではBBQや海鮮丼が用意されていたのですが、
出番が終わってからゆっくり食べようと思い、コーヒーと水以外は口にしませんでした。

出番が近づき、機材を準備してからウォーミングアップをしていると、
八食初出演の僕にいろんな共演者が声をかけてくれました。
それで緊張もほぐれたし、力をもらいましたね。

翌日に出演するバンドもほとんどが会場に遊びに来ていたんですが、
MINAMI NiNEのワラビノが何も食べていない僕の口に焼き鮭を運んでくれて。
あれはおいしかったなー。

そしていよいよ出番。
PAブースにはアンドリューさんがいて、
ステージ前にはいつも見に来てくれるお客さんの顔もたくさん見えて、
目の前ではヒデタさんとタケさんがカッコいいステージングをしていて、
ステージ袖では仲間が見守ってくれていました。
僕もただ全力で、出せるものをすべて出しました。

あっという間だった25分。
このステージにまた帰ってこられるように、
ここで得た経験を糧にまた頑張っていこうと心に誓いました。


さあ、ここからは飲みますよ(笑)。

d0082970_23242536.jpg
VELOCITYのカツユキさんが遊びに来てました!
カマ君も復帰したことだし、また対バンしたいなー!

d0082970_23242600.jpg
OATエイジ君。いつも優しく話してくれてありがとう。大好きです。


そういえば、出番が終わってからバックヤードのBBQをさあ食うぞと思ったら、
食材が全部なくなってました(泣)。
ワラビノありがとな!!

終演後、一度宿に戻ってからみろく横丁へ。

d0082970_23242748.jpg
S7Lのタケシと。

同い年で地元も同じ神奈川で付き合いも15年くらいだっけな。
お互いの道をそれぞれ歩んできて、ここでまた交れたのは本当にうれしかったです。

d0082970_23242678.jpg
MINAMI NiNEのスケロクことケイスケ。

男前でスポーツできてドラムうまいのでムカつきます(笑)。
ケイスケともやっぱり出会ってからいろんなライブハウスで対バンして、
お互いに少しずつステップアップしてきたのを見ているので、
この空気を共にできたのは大きかったですね。
これからもよろしくね。

d0082970_23242667.jpg
SWANKY DANKのユウイチと。

何を隠そう、今年の八食出演バンドの中で一番付き合いが長いのは
SWANKY DANKの松尾兄弟です。
接点がなさそうに思えますよね、きっと。
ところがどっこい、僕が二十歳で彼らが十代の頃に出会って、
そこそこ大きい舞台にも一緒に立ってるんですよね。
文字どおり、同じ釜の飯も食いました。
シュンちゃんが加入する前に、
2本だけですがSWANKY DANKで僕が叩いたこともあるんですよ。
だからやっぱり、ここでの再会はうれしかったなー。
ユウイチはSHACHIのライブ中もずっと袖で見てくれてたし。
メジャーデビューも果たした人気バンドのギタリストですが、
人間くさくて義理堅い音楽バカのナイスガイですよ。
SWANKY DANKともライブハウスで対バンしたい!

あと写真は撮ってませんが、マッキンさんとナパームちゃんがずっと一緒に遊んでくれました。
仲良くなれてうれしかったです。
これからもよろしく。

こうして僕にとって初めての八食サマーフリーライブは終わりました。
オファーを下さった田村さん、本当にありがとうございます。
イベントスタッフの皆さん、あの日SHACHIのライブを見てくれた皆さん、
出演者の皆さんもどうもありがとうございました。
もっといいライブができるようになってまた帰ってきたいです。
簡単なことじゃないと分かっているからこそ、強い気持ちで挑んでいきます。

d0082970_23242778.jpg
例に漏れずラーメンで締めましたよ。

[PR]
# by kimjiyoung | 2017-10-07 00:46 | バンド・音楽 | Comments(0)

20170714~18 沖縄TOUR

7月に行ってきた沖縄TOURを写真で振り返ります。
真夏の3連休が絡んでいたこともあり、航空券代も宿泊費も激高。。。
平日出発、平日帰りにするとぐっと安くなったので、
前後にもう1日ずつくっつけてなんと4泊5日で行ってきました(笑)。

まずは初日。
この日はライブなしのオフ日。

d0082970_23121446.jpg
空港からレンタカーでまず向かったのはここ。

d0082970_23121438.jpg
あっさりとこってりが選べて、珍しかったのでこってりを注文。おいしかったです。

そういやこの時、仕事でトラブルが起きて
携帯とタブレットでそれを処理しながら食べたの思い出した。
平日だからしょうがないんだけど、もっと落ち着いて食いたかったな。。。

d0082970_23121532.jpg
夜は那覇の街を徘徊。

d0082970_23121502.jpg
タケさんのお知り合いのバーでモヒート。

d0082970_23121669.jpg
沖縄の締めはステーキらしいです。

d0082970_23121589.jpg
看板に出てた1000円のセット。美味でした。


d0082970_10493063.jpg
ライブが始まります!素敵な2日間をマコトさんが組んでくださいました!


ここから2日目。
コザで1本目のライブでした。

d0082970_23130735.jpg
会場はマー君がオーナーのSLUM BAR。

d0082970_23130785.jpg
ハコの前の道。最高の天気でしょ?

d0082970_23130704.jpg
米兵が多く住む街だそうで、那覇とはまた違った雰囲気。それにしても沖縄は酒が安いです。

d0082970_23130823.jpg
ハコの近くを歩いてたらレジェンド紫の看板ドーン!


SLUM BARはマー君が立ち上げた手作りのライブハウス。
音は生っぽくて、お客さんとの距離も近いし、
この日に出ていたのもそんなハコの雰囲気にぴったりなバンドばかりでした。
ていうか出演者もお客さんもとにかくずっと飲んでてめちゃくちゃ酔っ払ってたな(笑)。
終始ぐちゃぐちゃで楽しさにあふれた空気の中、思い切りやらせてもらいました。

d0082970_23130820.jpg
那覇に戻って食べた九州豚骨ラーメン。おいしかったです。


3日目は那覇で2本目のライブでした。

d0082970_23134207.jpg
こちらのハコにお世話になりました。

前日のコザとはうって変わって街のライブハウスという感じ。
対バンもバラエティーに富んでいて面白かったです。
お酒は誰も飲んでなかったような(笑)。

この日はマー君をはじめとした前日に絡んだコザのみんなが遊びに来てくれたりと、
やはり温かい空気の中でやらせていただきました。
本当に幸せなことですよね。

マコトさん、マー君、ホエモさん、対バンの皆さん、遊びに来てくれた皆さん、
どうもありがとうございました。

d0082970_23142135.jpg
この日の締めは沖縄そば。コーレーグースをドバドバ入れて食べるのが好きです。


4日目はオフ。
日中はホテルで仕事をして、夕方からコザチームのBBQに合流しました。
那覇からバスに乗って30分ぐらいだったかな?
北谷(ちゃたん)の海岸へ。

d0082970_23142145.jpg
いきなりこの景色。

海水浴場ではないのでシャワーなんかはなかったんですが、
みんなシカトで飛び込んでました。
しかも着替えも持ってきてないとかで、「いや、乾くでしょ」みたいな。
マジなんくるないさ。

d0082970_23142249.jpg
僕は足を少しだけ濡らしました。これで満足。

d0082970_23142309.jpg
BBQも食材は買わずに、目の前の海で魚を釣ってそれを焼いて食べるスタイル。

d0082970_23142242.jpg
景色がとにかくきれいで、ずっと眺めてられました。

d0082970_23142343.jpg
思い出すなー。

d0082970_23142348.jpg
オリオンビール大好きです。

d0082970_23142420.jpg
しつこいようですが、景色がきれいでした。

BBQにBUMBAというバンドのメンバーが参加していたのですが、
ローカルラジオ局の番組を持ってるとかで、このあと収録があると。
そこに全員で(どころか仲間をもう数人呼んで)
ゲスト出演することに(というか乗り込むことに)なりました。
何でもありとはこのことですね(笑)。

d0082970_23142415.jpg
ラジオ局に到着。

しかし番組の開始までには少し時間があると。

d0082970_23142438.jpg
建物の屋上にはビアガーデンがあると。

d0082970_23154374.jpg
当然こうなります(笑)。

朝からBBQやって、酒も途中で買い足すほど飲んでるのに。。。
驚きの連続ですよ。
このあと電波に乗せて話ができるのでしょうか?(笑)

d0082970_23153775.jpg
夜景。沖縄楽しいよ沖縄。

d0082970_23154357.jpg
時間が来たのでブースへ。

d0082970_23154344.jpg
マイクもヘッドホンも全然足りてないし(笑)。

上の写真で僕の隣にいるのがマー君。
先に書いたとおりコザSLUM BARのオーナーで、
ISWというバンドのVo&Gtとして海外にもよくライブをしに行ってるみたいです。
ちなみに彼は沖縄の人じゃなくて、僕と同じ神奈川出身の在日同胞。
この沖縄ツアーでも5日中3日を一緒に過ごしてくれた、年下だけど兄貴みたいな存在。
彼との出会いは大きかったですね。
元気にしてるかな。

ほぼ放送事故のようなラジオが終わり、向かいのコンビニでお酒を買って更に飲み。
特に騒いだりしたわけではないですが、警察が出動してきて解散させられました(笑)。
僕とタケさんはさすがにそこで帰りましたが、
他のみんなは場所を移してまた飲むと言ってました。。。

d0082970_23154499.jpg
締めはまた別の店の豚骨ラーメン。おいしかったです。

沖縄での最後の夜はこうして楽しく終わりを迎えました。

最終日となる5日目。
飛行機は遅めの便だったのでチェックアウトを済ませてから
行けていない所を車で回ることにしました。

d0082970_23162479.jpg
キンタコ。

d0082970_23162444.jpg
蓋付きの容器である必要があるのかという量(笑)。これもおいしかったです。

d0082970_23162490.jpg
久々に買ってみたけどコーラにしとけばよかった。

d0082970_23162681.jpg
海沿いのカフェでまったり。贅沢な時間の使い方をさせてもらったなー。

d0082970_23162677.jpg
ありがとう、沖縄!

d0082970_23162654.jpg
また来られるように頑張ります!


空港でもういっちょ沖縄そばを食べて帰りました。
終わり。
[PR]
# by kimjiyoung | 2017-10-01 12:20 | バンド・音楽 | Comments(0)

20170709 Live at 今池HUCK FINN

神戸の翌日は名古屋でライブでした。

d0082970_10222283.jpg
入り前にハコの近くで食べた焼きとんかつ。

多分、油の中にじゃぼんと入れるんじゃなくて、
フライパンに油を引いて揚げ焼きみたいにしてるんじゃないかなと。
衣はガリガリしてなくてサクサクで、肉も柔らかくておいしかったです。
タケさん、ごちそうさまでした。

d0082970_10222249.jpg
SHACHI企画でこの3マンでした。


「名古屋でイベントやりたいね」って話は前からしていて、
神戸が決まってからその翌日がいいんじゃないかと。
ハコを押さえて、最初に名前が挙がった2バンドが即OKをくれて実現したこのイベント。
前日の神戸に引き続き、漢気しかないメンツ。。。
言うまでもなく2バンドとも貫禄のライブを見せてくれて、
僕も気合いを入れて本番に臨みました。

この2日間を通して感じたのですが、
20年も現役を張ってるバンドマンはカッコいいだけじゃなくて
みんなすごく優しくて面白いです。
尊敬しますし、自分もそうなりたいと強く思いました。

遊びに来てくれた皆さんにも本当に感謝しています。
また名古屋でやる時は是非。

沖縄に続きます。
[PR]
# by kimjiyoung | 2017-08-30 09:28 | バンド・音楽 | Comments(0)
2か月ほどさかのぼりますが。。。

d0082970_10205331.jpg
神戸でライブでした。

d0082970_10205421.jpg
パインさんのために。


新宿ACBの店長パインさんが癌にかかってしまい、
売り上げを治療費として寄付するチャリティーイベントを
去年の5月に新宿ACBでJr.MONSTERと2マンという形で開催しました。

今年はタクヤさんが店長を務める神戸KINGSX BASEで
SPREADとの3バンドで。

いつ会っても元気そうに僕を迎えてくれるパインさん。
抗癌治療が大変じゃないわけないけど、
僕の中でのパインさんはいつも笑っていて
お酒とバンドとライブハウスを全力で楽しんでる兄貴。
そんな大好きな兄貴の笑顔が神戸でもまた見られてよかったです。
SPREADもJr.MONSTERも漢のライブを見せてくれました。
本当にカッコよかった。

見に来てくれた皆さん、ありがとうございました。
このイベントがずっとずっと続きますように。

d0082970_20551347.jpg

[PR]
# by kimjiyoung | 2017-08-29 20:57 | バンド・音楽 | Comments(0)

ペペロン焼き枝豆

d0082970_2025814.jpg

◼︎材料
枝豆、にんにく、鷹の爪

◼︎調味料
オリーブオイル、塩

◼︎作り方
1. フライパンにオリーブオイルを引き、みじん切りにしたにんにくを弱火で炒める

2. 少し色が変わってきたら刻んだ鷹の爪を入れ、もう少し炒める
(鷹の爪のほうが火の通りが早いので、一緒に炒め始めると
にんにくの火の通りが甘くなるか、鷹の爪が真っ黒になってしまいます)

3. 鷹の爪の香りが立ってきたら洗っておいた枝豆を入れて中火にし、
塩を振ってよく絡めながら炒めていく
(ここで塩を振れば枝豆の量を見て加減できるので失敗しづらいです)

4. 枝豆に軽く焼き色がついたら1つ食べてみて、好みの硬さになっていれば完成
(火の通りが甘かったり、にんにくや鷹の爪が焦げてしまいそうであれば
フライパン全体に行き渡るくらいの水を入れ蒸し焼きに。
枝豆の皮が少し開いてきたらOK)


僕のオリジナルでも何でもないですし、むしろ最近よく目にするレシピですが
これ1回やったら、宗教上の理由でもないかぎりもう茹でなくなると思います(笑)。

時間や分量は枝豆の量や好みによりますし、
僕も感覚で作ってるのでよく分かりませんが(笑)
そんなに難しい料理でもないので、適当にやってもきっとおいしいですよ。
お試しあれ。
[PR]
# by kimjiyoung | 2017-07-19 21:47 | グルメ・レシピ | Comments(2)

20170621 Live at 渋谷O-WEST

d0082970_12502663.jpg
2016年10月から回ってきた“Viva La Youth TOUR”はファイナル公演を迎えました。

去年の10月にリリースしたミニアルバム「Viva La Youth」。
それから8か月をかけて回ってきたツアーも、いよいよ最終日。
ツアーを一緒に回ったGOOD4NOTHINGとMINAMi NINEが力を貸してくれました。
そしてPAにアンドリューさん、照明にセイカちゃん、
袖にはエイコちゃんとオカダ君がいました。
心強いことこの上なかったです。

d0082970_12502693.jpg
この日のためにバックドロップも作りました。

この日はO-WESTという小さくない会場に、たくさんの方が集まってくれました。
ツアー中、各地に足を運んでくれた方も遠方から来てくれていたりしましたし、
2階の関係者席にもたくさんの仲間がいました。
何かもうそれだけで胸がいっぱいになりましたが、
最後の一打まで気持ちを込めて叩くことだけに集中しようとライブに臨みました。

d0082970_12504458.jpg
お花も届いてました。

d0082970_12504573.jpg
ありがとうございます。

振り返るといろいろなことがあった8か月でした。
たくさんの経験と出会いをくれたこのツアーですが、
1日1日のイベントを作ってくれた主催のバンドやイベンター、ライブハウスの皆さん、
対バンの皆さん、遊びに来てくれた皆さん、打ち上げで使ったお店、
バンド活動を理解してくれる家族、職場の同僚など、
たくさんの方の力添えがあって初めて成り立つものでした。
心から感謝しています。
ありがとうございました。

僕はその中でもらえた演奏時間にドラムを叩くだけでしたが、
それすらも満足にできなかったりして情けない気持ちにもなりました。
それでもこれからも自分にできることに一生懸命取り組んでいくのみだと思っています。

まだこれからこのツアーで行けなかった土地でのライブもたくさん決まっていますので、
そのまま突っ走る気持ちで前進していきたいです。
これからもよろしくお願いします。

d0082970_1250372.jpg
セイカちゃんの爪。

[PR]
# by kimjiyoung | 2017-07-19 21:36 | バンド・音楽 | Comments(0)

20170611 Live at 岐阜ants

d0082970_12483236.jpg
ツアー28本目は岐阜でした。

d0082970_12483296.jpg
OWEAKに呼んでもらいました。

d0082970_1248312.jpg
近くの弁当屋さん。

d0082970_1248319.jpg
安すぎませんか?(食べてないけど)

OWEAKのドラム、アキラとはもう10年くらいの付き合いなんですが、
ちゃんと対バンするのはこの日が初めてでした。
OWEAKもバンド名が変わったり、メンバーが変わったりしましたが、
地道に頑張ってる姿はずっと見てました。
メンバーもみんなすごくいいやつですしね。

あとトップで出ていたKUJIRAというバンドがカッコよかったです。
まだ大学生って言ってたっけな。
若くて荒削りだけど、すごく可能性を感じるというか。
しばらくしたらどう変わってるのかが気になるバンドでした。

で、そこのドラムの子が淵君っていう名前だったから
「渕正信の淵?」と聞いたら「誰ですかそれ」と言われました。
まあ今大学生くらいの年だったら渕正信は知らないか。。。

企画をしてくれたFORBIDDEN DEALの皆さんからも、
地元バンドの皆さんからもDJの皆さんからも、
音楽で岐阜を盛り上げようというような気持ちが感じられる
とてもすてきなイベントでした。
お客さんからも楽屋に大量の春巻きが差し入れされていたり、
(100本はあったかと。すごくおいしかったです。ごちそうさまでした)
打ち上げも飲み放題で料理もたくさん出してくれて。
岐阜の皆さん、ありがとうございました。
また行きたいです。

d0082970_12483380.jpg
アキラまたな!

d0082970_1248333.jpg
名古屋経由で帰りました。


次はいよいよツアーファイナル。
[PR]
# by kimjiyoung | 2017-07-19 21:30 | バンド・音楽 | Comments(0)

20170610 Live at 長野J

d0082970_1247768.jpg
ツアー27本目は長野でした。

この日はNOBの鎌田君の追悼イベント。
僕自身、鎌田君と面識はなかったのですが、NOBの音源はよく聴いていました。
SHACHIとはゆかりが深かったということで、このイベントに参加させてもらえることになり
感慨深かったです。

d0082970_1247771.jpg
本番前、メンバー全員でるるもへ。

長野へライブをしに行くと必ず食べている、るるものラーメン。
店長の橋本さんがすごくよくしてくださるのですが、
お世辞抜きでラーメンが本当においしいんです。(マジで)

この画像は期間限定で出していたノンオイル塩ラーメンなのですが、
その名のとおり油が使われていません。(チャーシューからほんのちょっと染み出るぐらい)
でもだしのうまみがしっかりあって、麺もおいしいので全く物足りなさを感じませんでした。
あと僕はラーメンを食べる時に辛味系の調味料をたくさん入れるのが好きなんですが、
これはコショウ一振りすらせず完食しました。
細かく言うと「まずはそのままでスープを一口」と思ってすすったら、
気付けば最後まで食べ切っていました。
(好評につき今はレギュラーメニューになったとか)

長野に行くことがあれば是非食べてみてください。
背脂醤油ラーメンに辛味トッピングもオヌヌヌです。


イベントには地元バンドとツアーバンド、そしてNOBのトリビュートバンドまで含めて
計8バンドが出演しました。
終始ハッピーな雰囲気で、フロアも楽屋もわいわい。
僕も気持ちを込めてドラム叩けました。

d0082970_12475266.jpg
皆さん、どうもありがとうございました!

d0082970_1247882.jpg
ドラマー集合。勉強になりました。


翌日の岐阜に続きます。
(ほぼるるもの話になっちゃった)
[PR]
# by kimjiyoung | 2017-07-13 19:48 | バンド・音楽 | Comments(0)