ジャンル分けは悪ではない

音楽のジャンル分けについてのエントリーを、2年近く前に書きました。
「ジャンルって何?」

最近でもやはり「ジャンル分け」というものに過剰に反応する人が多いように思いますが、
それについて疑問を感じるので、僕の考えを書きます。

上の2年近く前に書いたエントリーにあるとおり、
そもそもジャンルを分けるっていうのは便利なものなんです。
それに捉われることが悪なのであって、それ自体は何も悪くない。

「こだわる」ことと「捉われる」ことがごっちゃになっちゃってるんですね。

だって考えてもみてください。
音楽のジャンルを定義する言葉がすべてなくなったとしたらどうでしょう。
この上なく不便だという事は容易に想像できるはずです。

「ジャンルなんて関係ねーし」とか言うけど関係ある場合も多いでしょう。
そんなことばっか言ってるヤツはジャンルの意味を理解してないか、
とりあえず「関係ねー」って言ってればカッコいいと思って何も考えてないだけです。

あとバンドをやってるヤツが「どんなジャンルの音楽やってるの?」と聞かれて、
「特にジャンルはないです」とか言う場合もよくある。
もうその時点でそんなバンドの音楽を聴く気がしませんが。


ジャンル分けが毛嫌いされる理由のひとつで、
「どのジャンルに属するかで意見が割れて面倒」っていうのがありますよね。

でも結局PUNKとかROCKっていうのは形容詞で、
もっと簡単に言えば人それぞれの評価。
「おいしい」とか「かわいい」とかと同じで、人によって感じ方が違うんだから
「PUNKだよ」、「PUNKじゃねーよ」っていうのは、
「この店のラーメンうまいよ」、「いや、まずいだろ」と同じで不毛なことなんです。
でもなぜかあたかも「○○ってバンドはスクリーモだ」とかの正解があるように考えてる人が多い。

だからといってジャンル分け自体が悪だとか、
ジャンル分けは意味をなさないっていう考え方はおかしいと。

アホが包丁を使って人を殺した。
包丁は危ないから使っちゃダメだ、みたいな。
じゃあ料理できねーだろと。


なんか色々ゴチャゴチャ書きましたが、
ジャンル分けっていうのは便利なもので、
どっちみち正解なんてないんだから
好き放題言っていいものとして扱われるべきだということです。
[PR]
Commented by oxmxf at 2009-01-18 15:41 x
前提としていろいろな楽しみ方があって「音楽」ということですな。
Commented by kimjiyoung at 2009-01-19 12:33
そうですね。
そう考えると「ジャンル分けは悪」っていうのも、
その人なりの音楽の捕らえ方なのかも。
by kimjiyoung | 2009-01-18 03:03 | バンド・音楽 | Comments(2)