自己表現

少し前にこのブログについての記事を書いた。
その時はたくさんのコメントをいただけたし、すごく嬉しかったのだが
アクセス数は一向に伸びていかない。

他のバンドのブログなどを見ても、
ライブレポなど、音楽のことを中心に書かれているものが多い。
あたりまえのことだが。

このブログはといえば、自慢か否定かくだらない話か。――

「面白いな」と思ってくれる人はいたとしても、
「このブログ面白いよ。読んでみて」と
人に薦めたくなるような内容ではないのかも知れない。

多くの人に読んでいただき、
共感してもらえたらうれしいなというのはもちろんあるが、
それで「これは書かない方がいいかな」となってしまうのは嫌だ。
10人に「なんだこいつ」と思われても、
1人が「こいつ面白いじゃん」と思ってくれるとしたら
その1人のために思ってることをそのまま書きたい。――

昔、音楽家である父と口論になったことがある。
父は、音楽というのは、どれだけ多くの人が共感できるものを作るかだ、
自分がいいと思うものを作って、聞きたい人だけ聞けばいいというのは
もはや音楽ではないと言った。

前半部分は父の音楽観であるから否定はしないが、
僕がやろうとしているのは、父の言うところの音楽ではないものだ。

『表現』とは一方的なものだと、僕は思う。
その時の流行や客の好みに合わせて味を変えていく飲食店とは違うのだ。

このブログも同じ。
あくまで自己表現の手段として続けていきたい。
そして自分自身がより魅力的であることで、
たくさんの共感を得られるようになりたいと思う。
[PR]
by kimjiyoung | 2006-11-28 10:43 | ちよんブログ関連 | Comments(0)

著者近影


by kimjiyoung
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30