浅漬けのススメ

小さい頃から漬け物が大好きです。
実家にはぬか床があったし、オモニはいろんな野菜でキムチも漬けてたし。

僕も料理はするほうなんですが、漬け物って作ったことがなかったんですよね。
なんかめんどくさいイメージだったし。
ぬか床の管理って、子供が一人増えるぐらい手がかかるって言うじゃないですか。
絶対そんなわけないけどね。
子育てなめんなって話で。

でもなんか塩振って置いとくだけでおいしく食べられるらしいと聞いて
一度やってみたらハマッちゃいましてね。
今日はその作り方を紹介します。
決して大げさなものではないですが。

d0082970_0455155.jpg
今回用意した材料はこれ。

野菜は適当でよくて、白菜、きゅうり、なす、かぶ、にんじん、みょうが、エシャロットなど
好みと、その時に安く買えるものを使えばいいです。
キャベツは歯に擦りつくような食感があまり好きじゃないので個人的には勧めません。
あとほうれん草は小松菜に似てますがフニャフニャになり過ぎちゃうので漬け物には適しません。

d0082970_0455341.jpg
大根はスポンジでゴシゴシ洗って、皮を剥きません。僕は。
切り方も大体でいいんですが、いちょう切りにしました。

d0082970_0455467.jpg
小松菜は根を落としてからさっと水で洗って、
切り方は5cm幅ぐらい?葉の部分はもう少し短めに。

d0082970_0455274.jpg
セロリは根の部分を切って葉をむしり取ります。

d0082970_0455348.jpg
斜めに包丁を入れてこんな感じに。

d0082970_0455297.jpg
セロリの葉はおひたしにして醤油、砂糖、ごま油、ごま、コショウを混ぜてかけるとおいしいです。

d0082970_0455463.jpg
切った野菜はスーパーのビニール袋に入れます。

d0082970_0455534.jpg
昆布は取り出すとこんな形ですが、そのままだとダシが行き渡らなそうなので

d0082970_0455674.jpg
もう少し細かくします。手でちぎれます。

d0082970_045551.jpg
「使用前に絞ったぬれふきんで昆布の表面を軽くふいてください」とあるけど
そんなしちめんどくさいことするやついなくない?

d0082970_0455650.jpg
ちぎった昆布を載せます。

d0082970_0455781.jpg
そして塩を振ります。量は大体で。


ここで「大体」と書くとレシピを紹介するなら正確な分量を書けと言ってくる人もいるんですが、
そんなもんいちいち計ってたら料理ができるようにはなりません。
スポーツや音楽と同じです。
感覚を鍛えないことには始まらない。


d0082970_0455765.jpg
今回は鷹の爪も刻んで入れました。辛みを足すのもそうですが、見栄えがきれいになりますからね。
もちろん入れなくてもおいしく漬かるので大丈夫です。


それから塩が全体に馴染むように、ビニールの外からもんでいきます。


もみもみ。


もみもみ。。。



d0082970_0455171.jpg
もんだあとはこんな感じ。少ししなってきたのが分かりますよね。


この時点で一切れ食べてみて「ちょっとしょっぱいかなー」ぐらいの塩加減かな。
浅漬けの場合、薄かったらあとで塩を足せばいいし、濃かったら塩抜きすればいいので、
そこまでシビアにならなくても大丈夫。

あと塩とだし昆布じゃなくて塩昆布でいいじゃんという声も聞こえてきそうですが、
塩昆布万能調味料説みたいなのはあまり好きじゃなくて(笑)。
昆布茶を味付けに使うのも同じく好きじゃないですね。
コーラで肉を煮るとか、ポテトチップスを料理に使うのも僕の感覚ではNGです。

なんつーか「別の種類のカレールーを混ぜるとおいしい」みたいなのと同じで、
実際の味に影響する部分よりも意外性が大きいだけなんじゃないかなと。
あと極端に言うと食べ物で遊んでる感じがするというか。
食べ物は本来の用途で使ってあげたい。
塩昆布やポテトチップスはそのまま食べる、コーラも昆布茶もおいしく飲みます。

d0082970_0534157.jpg
袋からできるだけ空気を抜いて縛ります。

d0082970_0534152.jpg
底の面を見るとこんな感じ。


このまま1日ぐらい置いておくのですが、今は寒い時期なので常温で置きました。
夏であれば冷蔵庫に入れるのがいいでしょう。
ビニール袋に穴が開いていることもあるので、
ビニール袋を二重にしたり、下に皿を敷くなりしましょう。

あとずっと同じ状態だと上のほうがあまり漬からなそうなので、
途中で裏返したり、逆さまにしてもうひともみしたりするとまんべんなく漬かると思います。


そしてその翌日。

d0082970_0535517.jpg
1日たっただけですが、だいぶ漬かっているのが分かります。

d0082970_0535588.jpg
野菜の水分がたくさん出ていますね。

d0082970_0535635.jpg
ビニール袋を開けてみるとこんな感じ。だし昆布からもいい感じにねばりが出てきてます。

d0082970_0535711.jpg
大根を食べてみました。おいしかったです。

d0082970_0535652.jpg
小松菜を食べてみました。おいしかったです。

セロリは食べるまでもなかったです。
おいしいに決まっているので。

やっぱ鷹の爪は入れたほうがいいかもなー。
干し唐辛子の風味がいいアクセントになってました。
食材と手間はできるだけ増やしたくないですが、辛い物が苦手じゃなければ入れましょう。

d0082970_0535883.jpg
タッパーに移して冷蔵庫で保存します。

d0082970_0535832.jpg
そして食べる分を陶器に。この時点でめちゃくちゃおいしかったのですが、


d0082970_0535441.jpg
僕はここにうま味調味料をさっと振って醤油をひとたらし。

塩で1日漬けただけなので、
発酵調味料でコクを足すことで味にぐっと深みが出ます。
お酢をかけてピクルスっぽくするのもいいでしょうね。

だし昆布も、もう少し野菜が減ってきたら細切りにして一緒に食べますよ。
コリコリしてすごくおいしいです。

あと今回は野菜のチョイスもよかったかな。
根菜と葉物に、セロリの香りも全体に広がるので。

d0082970_0535521.jpg
というわけで大成功!ごはんもお酒もすすんじゃいますぜ!


是非お試しを。
[PR]
by kimjiyoung | 2015-11-26 08:58 | グルメ・レシピ | Comments(0)

著者近影


by kimjiyoung
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31