20151103 MELODIC COASTER 2015

d0082970_104038.jpg
でした。

d0082970_104029.jpg
SHACHIはTAKE OFF 7の2バンド目。

d0082970_104122.jpg
ORPN??

d0082970_103961.jpg
こんなタイムテーブル。やばいよね。

d0082970_104114.jpg
RideMe Crewも頑張ってました!僕はスケボーしませんが大好きなブランドです。

d0082970_1042100.jpg
ハコのドラムセットがなんとSONORでした。いい音してた。と思う。

d0082970_104256.jpg
こんなセットリストでしたよ。コアなお客さん向け。


この日の出演バンドは全部見たかったんですが、
TAKE OFF 7のほうは全バンド入場規制だったんじゃないかな。
チケットがSOLD OUTでキャパが3倍くらい違うから当然そうなるっすよね。。。
関係者入り口とかもなかったので、見れなかったバンドもありました。

それでもSCOTLAND GIRLとDizzy Sunfistはなんとか見れて、
どっちもむちゃくちゃいいライブしてましたね。
俺より10歳も年下だけど、バンドマンとして、プレイヤーとして認めざるを得ない存在。
10歳下だったら俺が高校生の時にまだ幼稚園児とかだよ(笑)。
それでも同じステージに立ったらライバルであり、仲間であり。
バンドってすばらしいですよね。

QUATTROのほうは全バンド見たんだけど、
やっぱりこの日の目当てはCOUNTRY YARDね。
「I'll Be With You」から始まって、キラーチューン連発でマジ熱唱しました。
町田の至宝ですね。彼らは。

最後はGOOD4NOTHINGがビッシーーーーっと締めてくれて打ち上げ。

d0082970_104340.jpg
G4Nスネ君とS7Lタケシ。

こう見たら俺ちっちゃ!(笑)
あとスネ君が真顔ですけど、この直前まで3人で楽しく話してましたからね。
だよね?寝起きが狙い目とか話してたよね??

d0082970_104324.jpg
ノーザンともはるとCATCHALL佐竹社長。

バンドを続けていることで、こうしてずっと仲間でいられるのは本当に素敵なことだと思いました。
バンドが変わったり、レーベルが変わったりと環境の変化はあっても
結局やってるのはそれぞれ1人の人間だもんね。
大事なのは全力で生きてるかどうかだよ。

時間がたって、環境が変わって分かることもあるしね。
俺は今の状況全てを肯定したい。

d0082970_10447.jpg
SCOTLAND GIRLリョウとDizzy Sunfistモアイ君。

モアイ君は言わずと知れた超絶テクニックを持つドラマーで、僕はライブを見ながら

「えーっと、多分俺のほうが歌はうまいよな。
この子には持ち家もないだろうし、俺は韓国語も話せるし」

とか考えてました(笑)。
とにかくすごいドラマーですよ。
もし知らない人がいたら要チェックです。

SCOTのリョウもすげえいいドラマーだし、上手いんだけど
モアイ君が比較対象になっちゃうとお前はこっち側かもね(笑)。
「こっち側」っつーのは歌心を持ってるドラマーって意味ね。
しおりちゃんの歌を疾走感のあるビートに乗せて届けるっていうのは簡単なことではないはずだよ。
出雲に続いて共演できて本当にうれしかった。

d0082970_103951.jpg
Dizzy SunfistイヤマちゃんとSCOTLAND GIRLしおりちゃんに挟まれてみました。


こんなにかわいくてベース弾けて歌も歌えるんだもん。
崇めるに値する存在ですよ。
しかも俺なんかの話もちゃんと聞いてくれる人の良さね。
2人のご両親に会ってお礼を言いたいわ。

こんなに素敵な日を作ってくれたGOOD4NOTHINGの皆さん、ありがとうございました!
新参者ですが、まだまだこれからよろしくお願いします!
[PR]
by kimjiyoung | 2015-11-06 01:34 | バンド・音楽 | Comments(0)