20150922 Live at 大阪城音楽堂

マスターコロシアム'15、最終日に出演してきました。
マスコロには客として見に行ったことも、バンドマンとして遊びに行ったこともないので、
正真正銘マスコロデビューでした。
童貞捨ててきました。

連休のど真ん中ということもあり、前日の夜には大阪入りして
しっかり体を休めてからライブに臨もうということで前日の15時に池袋集合。
時間どおりにバシッと集まり、大阪を目指します。

途中で自然渋滞はあったものの大幅な遅れはなく、23時ごろには大阪着。
ところが移動時間を直前に確認したこともあり、宿は1人分(しかも大阪市外)しか取れず
自動的に僕とTAKEさんは心斎橋に繰り出すのでした。

d0082970_014059.png
むしろここからが僕たちの平常運行(笑)。

d0082970_0115024.jpg
とりあえずBuddy-Buddyから。トイレのハンドソープがボディーソープ。

d0082970_0114763.png
なんとGELUGUGUパラさんがご来店。

結婚式の帰りだったとかで、ここに来れば誰かいるかな的なアレだったらしいです。
まんまと僕らがいたわけですが(笑)。

ただパラさんは僕を見て「あ、SHIMAの…」と言ってましたからね。
僕はザイマスの創始者ではありません(笑)。
パラさんとは去年の熊本、鹿児島でも結構話したし、横浜にも見に行って話したのになー。
しかもそれに対する俺の返しが「いや、ハーマン・リーですよ」だったからね。
ハーマン・リーでもねえから(笑)。

そんで僕は食べながらじゃないと飲めないんですよね。
Buddyではもう料理が出ない感じだったので、いったん店を出ました。

d0082970_0115136.jpg
結局ミサコちゃんとこにお世話になりました。サーセン。

d0082970_0114814.jpg
マスコロ当日の朝。たまに関西で電車乗ると右寄りに戸惑うよ。

でもこれって日本の交通ルールからすると右が追い越し車線だから、
関東の左寄りが理にかなってるよね。

d0082970_0114952.jpg
森ノ宮駅前の松屋で腹ごしらえ。牛丼屋の朝定大好き。

d0082970_0115091.jpg
来ましたよ。ついに。

d0082970_026155.jpg
パスを受け取って、

d0082970_0115097.jpg
会場入りドーン!4日間のうち一番の快晴だったらしいです。

d0082970_23312670.jpg
物販はLOOKLIKEのみんなとウブが手伝ってくれました!ありがとう!

d0082970_0115191.jpg
AT-FIELDのメンバーは全員イベントスタッフとして参加していました。
こっちはフード担当の弦楽器隊。

d0082970_011532.jpg
こんなタイムテーブルでした。

ライブスタートは客席から見てたんだけど、NUBOのtommyがしょっぱなにかました
「マスコロ最終日、トップバッターは俺らに任せとけ!」で鳥肌ブワーーーー。
えー、俺あと2時間ちょっとであそこでドラム叩くの?いやいやいや。。。
みたいな感じでした(笑)。

そのあとに続くどのバンドもマスコロに対する気持ちの入れ方がすごすぎて。
ライブを初めて見るバンドはなかったけど、
どのバンドもこの日が一番よかったってぐらい、いいライブしてました。

d0082970_011517.jpg
そして僕らも出番を迎えます。

d0082970_026193.jpg
こんなセットリストでした。

d0082970_0115111.jpg
一息ついてケータリング。生ビールも出してくれてました。

d0082970_0115275.jpg
ガチャコロの大当たりに、SHACHIからは“SHACHIをバックバンドに1曲ガチで歌える券”を出しました。
当選者はこの方。いつ何の曲を歌うのか、僕らも楽しみです。

d0082970_0115314.jpg
チヒロー!アキヒロー!焼きそばおいしかったぞー!

d0082970_0114744.jpg
尾道から来ていた3griaマキちゃん。

この子は本当にかわいいです。
シンプルに顔がかわいい。
そして行動力と人懐っこさ。
なんでバンドなんか始めちゃったんだろうと思うよ(笑)。
その若さとルックスなら他にできることがたくさんあるだろうに、
わざわざバンド?っていうね。
ただそんな子を引き込むほどの魅力がバンドにはあるってことなのかもな。
そういうことなら俺は応援するぜ。


それでさ、オーラスに「夏の虫インザファイヤー」って曲で出演者全員出てくるように言われてたのね。
あ、YouTube貼っとこうかな。
この曲です。



この日に出演した各バンドのボーカリストにはソロパートが割り振られていて、
サビは合唱しましょうみたいな。
開演前にもキヨシ君と川さんが楽屋で
「呼んだらすぐ出てきてくださいね。昨日なんかはなかなかな出てこなかったんで」
って言ってたし、それぐらいのタイミングで袖にスタンバイしてました。

そして予定どおりに呼び出しがかかってヒデタさんとタケさんに続いて出て行き、
まあこういう時って大体ドラマーはドラムセットの周りに集まって
みんなでスティック持ってドカドカ叩いたりするよなー、なんて思いながらドラムセットの隣へ。
そしたらなんか、ドラマーが誰も来ないんだよね。
それでよーく見たら、ドラマーどころかソロパートをもらってない出演者で出てきてんの俺だけなの。
みんな袖に引っ込んだまま見てる。






えーーーーーーーーーーーー!!(´゚д゚`)

っつって。



でもそっから引っ込むわけにもいかないじゃん。
曲が始まってからずっとサケの横でエアドラムしながら、
サビではマイクもらってないから左手側のシンバル用に立ててあるマイクで歌いましたよ(笑)。

しかも俺なんてマスコロデビューだし、演者たちともほとんど面識なくて、
ただでさえお前誰やねん状態なのに最後の最後でマジやっちまった。
1曲がクソ長く感じました。。。

まあ俺がステージにいたことすら気付いてない人のほうが多かったと思うけどさ、
気付いた人にはとんでもない出たがりに映ってたはず。
マジ恥ずい。

でも曲中で語りみたいになる所があって、そこでゲストボーカルを紹介していくんだけど、
「SHACHIのヒデタ君とタケさーん!」ってコールされた時に、
タケさんが(チヨンもいるよー!)みたいな感じで俺のほうを指さしてくれたんだよね。
あの優しさには泣きそうになりました。
タケさんを知ってる人ならタケさんのそういうとこ分かると思う。
この1日の中でも特に忘れられない瞬間でした。


d0082970_025517.jpg
終演からほどなくして打ち上げ会場へ移動。

演者同士はやっぱり仲がいいみたいで、顔見知りがほとんどいない僕は
今度こそ出しゃばらずに(笑)隅っこのほうでおとなしくしてました。
これは久々の15分ルール発動か?
なんて思ってたら、

d0082970_0255458.jpg
hanknが来てくれました!

d0082970_0255274.jpg
続いて4日間スタッフとしてイベントを支えたAT-FIELDのみんなも。

オンステージでもオフステージでもメンバー全員で全力投球するバンドは、
少なくとも最近の若手ではAT-FIELDしか知りません。
君たちの努力が実る日を信じてます。

d0082970_0255391.jpg
左からムーンシャイン ミヤモトさんとパインフィールズ ムーランさん。

ムーランさんはZOMBIESTARZの時からいつも優しくしてくれて、
現場や打ち上げ会場で見かけると、つい寄って行ってしまいます。
俺のことをちゃんと名前で呼んでくれるんだよね。
それって結構うれしいことでさ。
むしろSABOTENのメンバー以上に仲良しかもしれない(笑)。

ミヤモトさんは遊技場でガチャコロを担当していて、
そこで少し話してから打ち上げでもいろいろと話しました。
今ってESPにローディーコースっていうのがあって、そこを出てるらしいです。
要するに裏方のプロ。
こういう人たちがいるから、僕みたいなのがステージに立てるんだってことを忘れちゃいけませんね。

d0082970_0255363.jpg
セックスマシーンのモーリーと。

まさに圧倒的な存在感。
正直言って僕はそのカリスマに魅了されてます。
まだあまり話せてないけど、もっと仲良くなりたいなー。


そしてあっという間にお開きの時間。
みんなゆっくり店の外に出ながら、名残惜しそうに立ち話を続けていました。

僕も今ひとつ締まらない感じで、もう1杯ぐらい飲みたかったので、
AT-FIELDのアキヒロを連れてサシ飲み。
連休ど真ん中の夜中にやってる店が全然なくてかなりさまよったけど(笑)、
いろいろ話せたし、いい時間になりました。
アキヒロ、いつもありがとな。

d0082970_026270.jpg
っつってアキヒロとも別れてから金龍。

d0082970_026240.jpg
もうこれを食わないと大阪の夜は締まらない感じになってきました。


そしてホテルに帰ってから、やっと就寝。。。


正直、1年前の今頃はまさかマスコロに出演できるだなんて思ってもいませんでした。
バンドを続けてるとうれしいこともつらいこともあって、
もしかしたらつらいことのほうが多かったりするかもしれないけど、
この日はバンドをやっててよかったと心から思える数少ない日でした。
SABOTEN、PANをはじめとしたマスコロに関わった全ての方に感謝。
[PR]
by kimjiyoung | 2015-09-26 01:26 | バンド・音楽 | Comments(0)

著者近影


by kimjiyoung
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30