シンジ君のこと

シンジ君とはそこまで親しいわけではない。
最近は会えば挨拶する程度。
twitter、Facebookではつながってるけど絡みはない。
携帯の番号は登録されてるけど、とっくに変わっちゃってるかもしれない。

ただ付き合い自体は古くて、俺はSUPER COLAでシンジ君はまだSPICY SOCKSだった頃。
SECRET 7 LINEになってからはちょくちょく対バンしてた。
ドラム決まんないなーなんて思ってたら、その前から知ってたタケシが入って、
イベントに呼んでくれて出たことも、レコ発誘って出てもらったことも少しずつあった。

それから俺はバンドが定まらずにくすぶっていて、
その間にシクセブはどんどん人気バンドになって、なんとなく疎遠になっていった。
というよりも俺がバンドマンとしての自分に自信が持てなくて、
どんどん遠慮するようになってた。

俺はバンド活動を続けてはいたけど対バンは何年もなくて、
今年の8月になんばHatchでのPUNK DRUG NIGHT2015でやっと共演が決まったことが
本当にうれしかった。
3人とは住んでる所も近いし、年も近いし、
タケシとは個人的にずっとつながってて「やっとだね」みたいなこと話してた。
これからまた昔みたいに仲良くなれるかなって思ってた。

イベントの出順はSHACHIの次がシクセブで、
出番が終わったら機材を即搬出だったから、シクセブのライブはまともに見れなかったんだ。
大きなイベントではよくあることなんだけどね。
バックステージで機材をガシャガシャしまいながら、
「新曲いい感じじゃん。今度はちゃんと見たいなー」なんて思ってた。
シクセブは打ち上げにも来なくて、
シンジ君とも本番前の廊下で一瞬「久しぶりー」って目を合わせたぐらいだった。

逆に俺らのライブ中、シクセブはもう1つのステージでセッティングをしてたから
SHACHIのライブは見てたと思うんだよね。
俺のドラムも。
俺の音は届いたんだろうか。
何かを感じてくれたんだろうか。
そのことももう今はどうやっても聞けなくなってしまった。


昨日はSHACHIのMVが公開される日で、
ちょうど昼ごろに意気揚々とそれに関するツイートをしたり、
ドラマーのLINEグループに「飲み会やろうよ!」とか書いたりしてた。
そしたらどっちも思ってたような反応がなくて、
その代わりに嫌なことを予感させるツイートがタイムラインを埋めていった。

夜まで仕事だったから誰にそのことを話すでもなく、
情報としては頭に入ってきてるし疑う余地もないんだけど、
実感はわかないままタイムカードを切った。

そしたらSKALL HEADZの矢野から別件で連絡があってね。
SKALL HEADZはシクセブの直属の後輩だからさ。
少しだけそのことを話したら一気に涙が溢れてきた。
それからタケシのことが心配になってLINEした。
タケシとも少しだけ言葉を交わして、また泣いた。

あと俺、通勤でシンジ君ちの最寄り駅を通るんだよね。
そこを急行電車で通過する時もやっぱり泣いてた。
これから毎日通るのにどうすんだよ。。。

帰ってからシクセブのMVを見ながら乾杯。
きっとみんなもやってたよね。
俺は個人的に飲みに行くほどの仲ではなかったけど、
これから追いつきたいと思ってたところだった。
でも間に合わなかった。
それが本当に悔しい。


俺でもこんなに悲しいのだから、
もっと近い存在の人たち、誰よりもシンジ君の家族、
そしてリョウさんとタケシの悲しみは計り知れない。
力になりたい。
俺にできることなら何でも。
いくらでも。

そして俺は俺の人生を精一杯生きるしかない。
自分がやりたいこと、好きな人のためにできることを思い切り。
バンドを続けられることの意味と大切さを噛み締めて、音を鳴らし続けたいと思う。


こんなことじいちゃんやばあちゃんが死んだ時も思わなかったけど、
天国って所があって、痛みも苦しみもないそこで幸せに過ごしていてほしい。
間に合わなかったけど、追いつけなかったけど、
今までよりもう少しだけ頑張るから、俺がドラムを叩き続ける姿を空から見守っててほしい。
そして俺がそっちに行った時は一緒にうまい酒飲んでくれ。
吐くまでおごるからさ。

出会ってくれてありがとう。
心から。
会いたいよ、シンジ君。

d0082970_053236.jpg

d0082970_0491369.jpg

[PR]
Commented by ☆ぷ~☆ at 2015-09-02 20:15 x
私もワンモアタイムのPVを見た日に訃報を聞いて…実は複雑な心境でした。

ケムリやNOBの時もそうでしたけど…毎回…こういう事故はこれで最後になればいいな…って願ってますが、起きてしまうんですね。

SHACHI含め…ここを読んでいるバンドマンの皆様も移動中の運転にはくれぐれもお気をつけ下さいねm(__)m

全国に皆さんの音を楽しみにしてるファンの人達は沢山います。
その人達の笑顔を涙に変えないように…。

心よりご冥福をお祈り致します。。。

Commented by kimjiyoung at 2015-09-03 23:33
ツアーバンドはリスクを背負って続けていくしかないので、
毎日を大切に、力強く生きていかねばと思ってます。

コメントありがとうございました!
Commented by ☆ぷ~☆ at 2015-09-04 19:40 x
そうですね。
バンドマンの皆さんが日々、命懸けで 全国に本気で音楽を届けてれくれるからこそ、私達はツアーバンドに凄く惹かれるのかもしれません。
私もほぼ毎日車を乗るので…運転には 気を付けながら、毎日を大切に力強く 生きたいと思います。

こちらこそ…ありがとうございまし た。
by kimjiyoung | 2015-09-02 00:15 | バンド・音楽 | Comments(3)

著者近影


by kimjiyoung
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30