妻の愚痴は聞くべきか

この前テレビでドーパミンについての話をしてました。
僕も何となくは知ってましたが初めて聞く話もあって面白かったです。

みんなもざっくりは知ってますよね?
ドーパミンは脳内で合成される物質で、それが出ると脳が快感を覚える。
おいしいものを食べた時とか、何かをして褒められた時とか、
自分の言ったことで誰かが笑ったりした時にそれが出るらしいです。
そしてそれがクセになって、モチベーションにつながるんだと。
(あ、エントリーのタイトルが間違ってるわけじゃないです。あとでちゃんとその話になります)

そして個人差もあって、
ドーパミンが出やすくてそれに左右されやすい人と、そうでもない人がいて、
番組のアンケートによると僕は思いっきり左右されるタイプでした(笑)。

あとは「報酬予測」っつって、
楽しいことをしてる時よりも、その前にそれを想像してる時のほうがドーパミンは多く分泌されるらしいです。
旅行の計画立ててる時に「やべえ、これ絶対楽しいじゃん!」ってなるでしょ?
あの状態。
典型的なのは遠足の前日に興奮して寝られないってやつ。

僕がバンドをやってて一番興奮を覚えるのは、
SEが鳴り始めてからステージに上がって音を出すまでの間なんですが、
それも報酬予測ってやつなんですね。
テレビを見て納得しました。
考えてみたらフロアにいるみんなも音出す前にすげえニヤニヤしてるもんね。
あれも多分そうだね。

あとその報酬予測でまずいのが、ギャンブルにおけるそれなんですね。
例えばパチンコでいうと、ドーパミンは7が揃った時よりもリーチがかかってる状況が一番出るらしいです。
「来い!来い!あー、ダメかー。。。」っつって負けて帰っても、またパチ屋に行っちゃうじゃん。
もちろん勝てたらうれしいんだけど、脳は財布の中身が減ろうが関係なしに快感を覚えていて
またそれを欲するらしいです。
怖いよねー。

まずいのはまだあります。
いわゆる説教をしてる時ってドーパミンが出てるんだって。
意外でしょ?
だって気分が悪くて怒ってるのに。
険しい顔をしてるように見えても脳は気持ちよくてしょうがないらしいです。
説教がやたらと長い先生とかいたでしょ?
脳がそうさせてたんですね。
で、説教を聞いてるほうはというと、
コルチゾールっていう物質が出ていてそれは脳を萎縮させるらしい。
たまったもんじゃないよね。

つっても俺も身に覚えがあるんだよなー。
気持ちいいと思ってはないけど、人を叱ると達成感みたいなものは感じてました。
「叱りたくて叱ってるんじゃない。相手のためなんだ」ってことなのかと思ってたけど、
叱ることで悦に入ってたなんてすごく恥ずかしいです。
これは肝に銘じないと。

そしてここからが本題。
毎度長くてすいません。
嫌なら読まなくてい(ry

そのドーパミンの分泌に関して、男女で出方の違う部分があるらしいんだわ。
まず男は自慢話を聞いてもらってる時だって。
嫌だねー。
でもこれはまあほとんどの男が身に覚えありでしょ。
僕もしたくはなりますが、できるだけ抑えるようにはしてるかな。
ここはそんなに反省することもないかも。


そして女です。
女性の脳からドーパミンが出る時は、









愚痴を言って同調してもらえた時だって。





うぜえ!
うぜえよ!
女ったらうぜえ!!(#゚Д゚)ゴルァ!!


もうほんとにね、外で飯食ったり電車に乗ったりしてて
女が2、3人でいたら大体誰かの悪口言ってるからね。
クソ気持ち悪いよ。
悪いけど男はそんなことしない。
なぜかというと自慢話してるから(笑)。

で、この「同調」っていうのがミソで、
聞いてる相手が否定してきたりしたらドーパミンは出ないんだって。
だから女の集団は他人の悪口を言い合って、それがエスカレートするんだね。
脳のしわざとはいえ虫酸が走るっすわ。


ごめん、まだここまで前置きだった。
ここからマジ本題。

結婚当初、かみさんは俺にいろんな愚痴を言ってきてたわけ。
ドーパミン出したいから。
でも僕は全然同調しなかったんですよ。
その状況が不満なら変える努力をするか、変えられないならよそに身を置くか、
状況も変えられずに行く所もないなら黙って受け入れろ、
そんなこと俺に言っても何の足しにもならんぞと、正論中の正論をかましてたわけです。
話を聞いて本当にそう思ったし、俺はかみさんにそういう気持ち悪い女になってほしくなかったから。
かみさんを変えてやらなきゃと思ってたのかな。

でもずっとそうしてきた結果、僕に愚痴らなくはなったんですが、
それは「こいつに話してもドーパミン出ねえし」ってだけで、
「愚痴なんて言ってないで努力しなきゃ」と考えを改めたわけではなかったんですね。
しかも俺は小言いって、説教して、ラーメン食って自分だけドーパミンどばどば出してるでしょ。
かみさんの脳内ではコルチゾール出狂ってたと思うわ(苦笑)。

でもじゃあ愚痴を聞いて何も考えずに
「へー、そうなんだー。大変だねー」って言っときゃよかったと思うかっつったらそれも違って、
自分なりにまっすぐに向き合った結果だからしかたないとも思ってます。
俺の嫌いな生き物になってほしくないってのも本当だし。
ただ話を聞きつつ上手にアドバイスもするような寛大さを持てなかったことは反省してますね。
俺もガキだったし、そういう所は今も不器用なんですよね。
でも改めないと。


感覚も大事だけど、やっぱり知識なくして社会は生き抜けないわけでさ。
このメカニズムを知ったからには自分でやる気のスイッチを押して、
いい結果を出せるようになるべきだし、
男は自慢話をやめて、女は愚痴を言うのをやめるべきだよね。
自分の体の構造を知って、コントロールできてこそ人間。
これを読んだ今からでも人間になりましょうね。
[PR]
by kimjiyoung | 2015-05-18 21:55 | 雑記・エッセイ | Comments(0)