離婚は悪か

結構前の話になるんですが、去年やったあるライブの打ち上げで、
出演者に何人もバツイチがいる時がありました。
僕ら世代ではまあ珍しくないです。
それがさらにバンドマンとなれば非バンドマンより多い気も。

でね、その中に彼女と結婚しようか迷ってるみたいなことを言ってる人がいて、
(その人は未婚ね)
バツイチが多いもんだから、やれどうせ結婚しても別れるだとか、
結婚なんてするもんじゃないとか、そんな言葉が飛び交ってたわけです。

そしたらまた別のある出演者が、

「結婚したいなら結婚したほうがいい。
離婚して後悔することになったとしても、結婚すればよかったと後悔するよりいいから」

と言ったんです。
そんなこと言ってる人は初めて見たので少し驚いたと同時に、
そういう考え方もあるんだなと感心しました。

それを言ってた人には10年以上も同棲した彼女がいたんだけど、
結婚に至らず別れることになり、相手が最近結婚したとかで、
今ではほんの一瞬でも夫でいたかったと後悔してるんだって。

もちろん全ての人に当てはまる話ではないですよ。
でもやっぱり「結婚を後悔する」っていうのは、
「離婚は悪」っていう感覚があるからこそのもので、
その世間の感覚はちょっと過剰なんじゃないかなと思ったりするわけです。

だって人間なんてそもそもは、
ただ単に男と女が気が合ったら気が済むまで一緒にいるってだけだったわけじゃん。
しかも1対1でもないのが普通だっただろうし。
それを本能的には原始人と大して変わらない現代人が、急に結婚なんて制度を作っただけだからね。
文明が本能を追い越しちゃってる。

まず学校ってものがあってさ、そこを出て仕事するようになってから、
体力的にも外見的にも衰える前に生涯添い遂げる相手を1人見つけろったって
そりゃ無理難題だって話ですよ。
「こいつだ!」と思える人を見つけられたとしても、相手もそうなるとは限らないし、
運良くお互いにそうなったとしても、直後にもっといい相手が現れたらどうすんの。
かといって麻雀みたいに「もっといい手が来るかも」なんて悠長なこと言って見逃してたら、
結局最後までアガれずに終わるのがオチだからね。
安手だろうがアガれる時にアガらないと、勝ち負け云々の前にゲームにすらならないんですよ。
人生も同じ。
麻雀は人生の縮図なのです。(脱線恐縮)

何が言いたかったのか完全に忘れました(笑)。
えーと要するに、誰かを好きになって、相手も自分のことが好きなら
結婚したいと思えば結婚すればいいし、
しばらくして離婚したいと思ったなら離婚すればいい。
簡単にくっついて、簡単に離れてもかまわないってことではなくて、
本人たちの人生なんだし、本人たちが考えて決めたことなら、
他人がとやかく言う必要はないってことですよ。
現代の結婚、離婚って周りにどう見られるかっていうことが
判断の要素として多くを占め過ぎだと感じるんですよね。

結婚した夫婦の3組に1組が離婚してるんだよ。
じゃあ残りの2組がどうかっつったら別居してたり、
家庭内別居状態だったり、そのどっちでもないけど年がら年中ケンカしてるとか、
別れたいけど子供が成人するまで我慢してるだけとかも多いわけだから、
生涯円満に添い遂げる夫婦なんてもはやファンタジーの話。

だから離婚は悪じゃない。
他人の目を気にし過ぎて後悔するよりも、
もっと自分の心のゆくままに事を決めていいんじゃないですかね。
[PR]
by kimjiyoung | 2015-01-17 23:46 | 雑記・エッセイ | Comments(0)