もう献血はしない

ちょっと前に新宿をぶらぶらしてた。
夕方ごろ特に予定もなく、夜は誰かと飲みに行こっかなぐらいな感じで。

そしたら献血ルームの人が立っててさ。
ご協力お願いしますって。
で、時間はどれくらいかかるのか聞いたのよ。
そしたら長いのと短いのがあって、1時間と1時間半とか言ってたっけな。

いやー、いくら予定ないっつっても1時間は割けないよ。
1時間あったらいろんなことできるじゃん。
割けて20分だな。

一応、何かもらえるのか聞いたのね。
そしたらカロリーメイトだって。
やんないでしょ。1時間とられてカロリーメイトじゃ(笑)。

だからごめんなさいっつって、引き続き新宿をぶらぶらしました。


若い頃はよく献血してたんだよね。
でも今考えたらあの頃は暇だったんだな。
バイトがない日はやることなくて、何かしようと思えばカネが出てくし、
図書館や献血ルームによく行ってた。
献血すると誰かの助けになれてるってことで気分も良かったしね。
つまり今はそれよりも自分の時間を確保するほうが
ずっと大事になったってことなんだろうな。

だから献血ルームの職員みたいな人は血が足りてないっていつも言ってるけど、
そうでもねえんじゃねえかなと。
昔の俺みたいに暇でカネないやつか、
カロリーメイトむちゃくちゃ好きなやつじゃなきゃやらんじゃんね。
それじゃ足りないってんならもっとメリット増やすだろうから。

つうわけで僕は今後も献血をしないでしょう。
おしまい。
[PR]
by kimjiyoung | 2014-11-05 20:14 | 雑記・エッセイ | Comments(0)