【拡散希望】機材車盗難対策について保険屋さんに聞きました

ここ数年でバンドの機材車盗難についての話を耳にすることが多くなりました。
非常に腹立たしいことですが、これといった手立てがないのが悲しい現状。

そこで対策のひとつとして保険があります。
多くのバンドが事故を想定した対人対物保険には加入していても、
盗難に関してはノーケアなのでは?

実は僕の実弟が保険営業マンでして、弟に直接話を聞いてみました。
専門家の意見をQ&A形式でまとめましたので参考になれば幸いです。

*****************************************

Q.自動車の盗難を補償するにはどうしたらいいの?
A.皆さんが入られている自動車保険に「車両保険」を付けることでカバー出来ます。
車両保険が付いていないプランと比べて保険料は1.5~2倍ほどになります。
(※個別の契約によって保険料は異なります)


Q.補償額はどうやって決まるの?
A.補償金額=その自動車の時価額です。
保険加入時に車種と年式から現在その車両がいくらなのかを計算し、保険を付けます。
盗難に遭った場合は、その自動車の時価額が支払われます。


Q.車に楽器を積んであった場合の補償はどうなるの?
A.楽器の盗難に対しては別途「車内携行品特約」という特約を付ける必要があります。
(保険料の金額については別途記載)
楽器が盗まれたり自動車事故で破損した場合などに保険金が支払われます。
※もしくは別途動産保険を掛ける場合もあります。


Q.積んであった楽器の内容、金額はどう証明するの?
A.盗難事故に遭った場合、まず警察に盗難届を出していただきます。
盗難届を出す際に盗難に遭った被害物の報告もしていただくので、
保険についても盗難届の内容をもとに確認します。
(盗まれた楽器の金額によっては保証書や領収書の提出が必要)
金額は車両と同様にメーカーや機種、購入時期から時価額を算出します。


Q.盗難防止に関してアドバイスできることは?
A.イモビライザー(盗難防止装置)を付けるか、GPSを付けるなどの対策がありますが、
窃盗団はそれを簡単に破る術を持っているのであまり効果がないようです。


Q.ハイエースは狙われやすいらしいけど、どうして?
A.機材車に多いハイエースは車両盗難数が2007年から5年連続で最多と、
圧倒的に盗まれやすい車種であるといえます。

ハイエースが狙われやすい理由はいくつかあり、

・東南アジア諸国で人気がある
・耐久性が高い
・部品が流用できる
・盗みやすい

と言われています。
日産のキャラバンやマツダのボンゴなど、
ハイエース以外の大型車に乗り換えるだけでも盗難率を下げることができます。


△保険料例
H17年式のハイエース(車価)100万円
車内携行品特約 100万円限度
年齢条件:26歳以上 運転者限定:なし
等級:10等級(43%) 免許:ブルー
保険会社:大手T社     ・・・の場合

プラン1:対人対物保険○ 車両保険× 車内携行品× →5,430円/月
プラン2:対人対物保険○ 車両保険○ 車内携行品× →7,900円/月
プラン3:対人対物保険○ 車両保険○ 車内携行品○ →8,430円/月


※年齢条件や等級、免許証の色など様々な要素で保険料は変わります

*****************************************

すでに保険に加入している場合でも、保険証書があれば現在の加入状況が分かるので
見直しも含めて気軽に相談してくださいね。
僕と面識がないバンドマンでも、SNSなどを通して連絡をくれればもちろん対応します。
[PR]
by kimjiyoung | 2014-03-27 20:01 | バンド・音楽 | Comments(0)

著者近影


by kimjiyoung
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30