ZOMBIESTARZ 韓国ツアー 初日

ちよんブログの渋滞がなかなか解消されません(笑)。
さかのぼること約3週間、ZOMBIESTARZは韓国でライブをしてきました。
(マーは事情により不参加、LAST BLOW SHOT 13のカツが代役を)


行きの便は成田9時発。
ソウルに行くなら羽田⇔金浦が楽なんだけど、成田⇔仁川のほうが安いってことで。
僕は自宅近くの駅からリムジンバスの始発に乗って7時半成田着予定。
タケさんとカツは新宿で待ち合わせてからバスで来るとのこと。

5時過ぎにバスに乗り込むとタケさんから「起きれた!」とのLINE。
「僕はもうバスに乗ってまーす」と返す。




あれ?
既読が1つしか付かない。
まさか。。。







カツまだ寝てる。。。|(-_-)|


前日夜勤から帰ってきて知らん間に寝てたとかだったんだけど、
タケさんに電話で起こしてもらうも、やけにもたつくカツ。
かといってカツを置いて俺とタケさんだけで行っちゃうにしても、
カツ1人でソウルまでたどり着ける気がしない。
仕方なくタケさんにも待ってもらうことに。
結局、2人ともバスでも成田エクスプレスでも間に合わない時間になってしまい、
選択された手段はタクシー。
2人分の航空券取り直すよりは安いだろうと。

送られてきた画像がこちら。

d0082970_10132327.jpg
カツ、お前ピースしてんじゃねえし(苦笑)。

d0082970_9475894.jpg
そしてガンガン上がっていくメーター。。。


運転手さんもぶっ飛ばしてくれたみたいで、8時過ぎにはなんとか成田到着。
ひと安心してチェックイン完了。

d0082970_9475798.jpg
当然タク代はカツ持ち。

d0082970_9471698.jpg
これ、俺も前にやっちゃったんだよね。。。

飛行機に乗る直前に預けた荷物から取り出さなきゃならなくて面倒臭かったんだけど、
空港の職員のほうがもっとうっとうしかったはず。
みんなも気を付けようね。

d0082970_9471814.jpg
カツは韓国籍なので再入国カードに記入を。
ここでも何度も書き間違えてもたつくカツ。お前この野郎(笑)。

d0082970_9472113.jpg
こういうの見ると、少なくとも俺が死ぬまでには
タバコはこの世からなくならないんだろうなと思う。

d0082970_9475772.jpg
いざ、搭乗!(カツ半目)

d0082970_947311.jpg
空の旅の楽しみの1つが機内食。アシアナはおいしいんだよ。

d0082970_9473324.jpg
コチュジャンも言えばもらえます。
これをごはんにブチュッとかけて混ぜ混ぜして食べるのが定番。

d0082970_9473557.jpg
かんぱーい!
たまたま非常口前の席で、エコノミーにもかかわらず足を伸ばせて快適。


みんな寝不足だったから食ったら寝るのかなと思ったら、
3人ともワクワクがすごくて、ハイテンションでずっとおしゃべり(笑)。
タケさんは後半、DSで韓国語勉強してた。
マジ勤勉家。

d0082970_9474098.jpg
到着!言うほど寒くない。

d0082970_10311684.jpg
で、今回行くまで知らなかったんだけど、
仁川空港から金浦空港を通ってソウル駅まで行く空港鉄道ってのが3、4年前に出来てて、

d0082970_10311615.jpg
それを使えば400円ぐらいでソウルに行けちゃう。

d0082970_9475627.jpg
時間も40分程度だし、揺れの激しいリムジンバスより全然快適。

d0082970_948695.jpg
ほどなくしてライブハウスと宿のある弘大(ホンデ)に到着。

d0082970_948108.jpg
昔、韓国に住んでた時よく飲んでた思い出の味。バナナ牛乳。

d0082970_1244026.jpg
ゲストハウスに到着。

d0082970_9505494.jpg
この広さで一泊2500円ぐらいだから全然アリでしょ。

d0082970_951883.jpg
トイレとシャワーも部屋に付いてます。
お湯の出が少し悪かったけど、2500円だし目をつぶりましょう(笑)。


ひと息ついたところで、会場入りする前に腹ごしらえを。

d0082970_9511857.jpg
道中にあったラーメン屋。どんぶりからはみ出し狂ってるしめちゃくちゃ。
「火の味」って店名もイマイチよく分からんし。

d0082970_9512039.jpg
そんなラーメン屋に入るはずもなく、テグタン屋へ。

d0082970_9512296.jpg
テグタンっつーのはマダラのスープね。


セリがどっさり。
豆腐に、どでかい白子もたっぷり入ってて美味でした。
d0082970_9512484.jpg
UNIONWAY CREWのミノ。うまいものならコイツに聞け。的な。

d0082970_9513390.jpg
PRISM HALLに到着。(なんか到着してばっかだな(笑))

d0082970_9513634.jpg
ドラムセットが上手側に寄ってる不思議な作り。

d0082970_9513842.jpg
転がしのモニター。

d0082970_9514037.jpg
SAMSUNGかと思いきやSAMSON!ww


セッティングして、いざサウンドチェックってとこで、
「押してるから巻きでお願いします」との指示が。
いやいや、サウンドチェックは俺らがしょっぱななんですけど?(笑)

そんなこと言っててもしょうがないので、軽く音だけ出して終了。

d0082970_9514830.jpg
夕暮れ時にライブスタート。

d0082970_9521868.jpg
この日は俺らとPOINT-UPに韓国のバンドが5バンドって形でした。



ここからはジュランが撮ってくれたライブ写真をどうぞ。(拡大可能)

d0082970_954964.jpg
まずはPOINT-UPから。

d0082970_9541257.jpg
伸びるハイトーンが魅力のユウタ。

d0082970_954167.jpg
マコトも華があるんだよなー。テクもしっかりしてるし、好きなギタリストです。

d0082970_9541824.jpg
その2人を支えるユウジ。

d0082970_9542886.jpg
そしてZOMBIEカツSTARZ!

こっからはキャプションなしで。

d0082970_9552181.jpg

d0082970_9553677.jpg

d0082970_9555430.jpg

d0082970_9555892.jpg

d0082970_956784.jpg

d0082970_9561197.jpg

d0082970_9561415.jpg


3人でできるだけのことはやれたと思います。
あとMCがやたらとウケた(笑)。
俺もタケさんも韓国語でベラベラしゃべるからね。
韓国のお客さんたちからしたら、「なんなんだこの日本のバンドは(笑)」って感じだったんじゃないかな。
タケさんの言葉を借りると「日本にこんなバンドがいるんだぜ」ってことは、
しっかりアピールできたはず。

↓そのほかのバンドのライブ写真はここにUPされています↓
https://www.facebook.com/unionwaykrew/photos_stream

d0082970_9565349.jpg
この日のセットリスト。タケさんの遊び心(笑)。

d0082970_9574468.jpg
ゴンドラとも久々に再会。


宿に楽器を置きに行ってから、打ち上げ会場へ。

d0082970_9574745.jpg
韓国の二日酔い防止薬の定番を飲んで出陣。

d0082970_9575053.jpg
タットリタン!

d0082970_9575498.jpg
焼酎がグイグイ入っちゃうよ!

d0082970_957561.jpg
恐縮しちゃうほどの歓迎っぷり。

d0082970_958310.jpg
なんか3人とも肌がキレイだね。

d0082970_958599.jpg
韓国語が話せない日本チームも余裕で楽しんでました。

d0082970_958774.jpg
ユウタは感覚がアジア超えてっからな。

d0082970_958932.jpg
こういう写真は必ず撮るよ。俺は。

d0082970_9581114.jpg
女性はおでこを出してるほうが好きです。

d0082970_958248.jpg
この3人、マジでうっとうしかった!チョデ怖い!


しこたま飲んで、二次会で刺し身食いに行くって話だったんだけど、
俺はもう酒も食いもんも入りそうになかったし、翌日のことも考えて退散しました。

d0082970_9581491.jpg
若手の子たち。

やっぱ日本のバンドにすごく憧れてるみたいで、
俺より詳しいんじゃないかってぐらいいろいろ知ってました。
それを話してる時の目もキラキラしてて、純粋に音楽できるって素晴らしいなと思いましたね。
ただ全バンドドラムが単調なのは気になったかな。
セッティングもみんなほぼ同じで、表情もあまり無い感じ。


宿に向かって1人で歩いているとこんな看板が目に入ります。

d0082970_9581648.jpg
キムチチゲ。

d0082970_958217.jpg
飲んだあとのキムチチゲは別腹です。いただきます。


そんなわけで腹パンパンにして宿に戻って即寝。
翌日に続きます。
(長い!!!ww)
[PR]
Commented at 2013-12-30 18:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by kimjiyoung | 2013-12-30 12:27 | バンド・音楽 | Comments(1)