対バンのライブを見るのは義務か

結論から言っちゃうと、本人の自由です。
ただなかなか難しい問題ではあると思うので、僕の見解をまとめてみました。
長くなっちゃいましたが、お付き合いくださいまし。

まず僕はどうしてるかというと、
食事のタイミングがあったりもしますが、
極力各バンド少しずつでも見るようにしてます。
いいバンドが出てるのに見逃してたらもったいないし。
あと見てないバンドがいたら打ち上げで気まずいから(笑)。
誰がどのバンドのどのパートかぐらいは把握してから打ち上げに臨むようにしてますね。

ただ何バンド出てるイベントかにもよるけど、まあ全部見たらなかなか疲れるよね。
例えば自分たちがトリで、前の5バンド全曲見てたら出番前にヘトヘトになっちゃうよ(笑)。

あと単純につまんないライブは見てらんないから途中で出ちゃうし、
サウンドチェックで聴いて好みじゃないと思ったら見ない。
本番前のやり取りで態度悪かったりしたバンドも見ない。
どうせつながらないなら時間の無駄だし。

あと僕の場合は、週末に仕事を持ち帰ってることがあります。
それで結構、楽屋にノーパソ持ち込んで作業したりもしてるんだけど、
対バンのライブを見ててつまんなかったら、
「あー、やべーな。月曜の納品間に合うかなー」とか思っちゃうわけ(汗)。
それにもっと緊急性が高かったら、
ライブのクオリティーとかバンドの知名度に関係なく仕事するしかないし。
「バンド活動に仕事を持ち込むな」、「そこをきっちり棲み分けできてこその社会人バンドマンだろ」
とか言われるかもしれないけどね。
そこは自分の能力不足を認めて、これからも改善できるよう努力します。
(でも急に人が辞めちゃったりしたら大変なんだよ(涙))


もう何年も前になるけど北関東の某ライブハウスにレコ発で行った時の精算で、
ハコのスタッフにこんなことを言われたの。

「対バンのライブを全然見てなかったですよね。
地元の若手が『○○○○○ ○○○○がレコ発で来るから』って、
高いノルマ払ってライブしてるんですよ?
それはちょっとないんじゃないですかね」


まずその日、地元の若手って子たちには挨拶もまともにされてないし、
楽屋の使い方も雑で、椅子に荷物がガーって置かれてて座れなかったり、
一緒に楽屋にいても自分らで地元トークをひたすらかましてたりだったのね。
それで「ぜってーこいつらのライブ見てやんねえ」と思ったわけではないけど、
「この子たちがどんなライブするのか見てみたいな」とも思わなかったわけ。
その結果が行動に表れたんだろう。

だからそのスタッフに言いたいんだけど、(実際には言えないけど(笑))
まずその大事な地元の若手をちゃんと教育してほしい。
それができないならツアーバンドにライブ見んのを強要すんなと。
俺らに言う前に、地元の若手に
「お前らのライブをツアーバンドが見てなかったけど、ちゃんと挨拶した?
何か失礼なことはなかったか?」って聞けって。
それから俺らに説教するならいくらでも聞くけどさ。
あと高いノルマかけてんのはお前だろ(苦笑)。

要するに「対バンのライブを見る」ってことを義務にしちゃったら見てもらう努力をしなくなる。
それがよくない。
挨拶や態度で興味を持ってもらう努力、
そして見てくれたとしても、結局いいライブをしないと1、2曲で楽屋に帰られちゃうじゃん?
だから見てもらえるように、礼儀や演奏、いろんな面で頑張るわけだ。
そしてその先には「今日は全曲見てもらえた!」っていう達成感が待ってる。

覚えてるのだと、LEXTで高崎に行った時、
企画のホルマリンと若手のハイジンカーズってバンドが出てたんだけど、
俺らのサウンドチェックのときに全員横一列に並んでさ、気をつけしてじーっと見てたもんね。
それがかわいくて仕方なかった。
それから本番までの間にもそこそこ話したし。
だからその子たちがどんなライブをするのか気になって、ライブを見た。
いいライブしてましたよ。

先週末の立川にもアングリートマトっていう若手の子が出ていて、
ライブ前にきちんと接してくれたのでライブを見ました。
スタッフで来てた子もみんな礼儀正しくて、立川いいなって思いましたよ。
本来そういうものですよね?

逆に僕が演者側の立場としても、
対バンのメンバーが自分のライブを見てくれてたらうれしいし、好きになる。
最後の曲まで見てくれたり、ドラマーが袖に来てくれたりしたら本当にうれしい。
ただそれはあくまで、自分の振る舞いとかプレイで見せられたからうれしいんであって、
それが楽屋に「対バンのライブは見ましょう」、「ドラマーは舞台袖から足元を見ましょう」とか
書いてあったからだったら、なんもうれしくないじゃん?
だって義務なんだもん。

逆に親しいと思ってた対バンが自分らのライブを一切見てなかったりしたら、ちょっと嫌いになるよね。
先週末のACBにもいたから。
俺そういうのマジで根に持つよ(笑)。

だから繰り返すけど、見るか見ないかは本人の自由。
それで悔しい思いもうれしい思いもするのがやっぱり自然だよね。
ルールじゃないんだよ。

「みんなでイベントを作っていこう」、「全員で楽しんでこう」っていうのは分かるけど、
ライブを見てもらえない原因は見てもらえないバンドにあるのであって、
見てないほうが悪いとは言い切れないんだよね。

そんなとこかな。
異論反論どんとこい。
[PR]
Commented by kiotoki at 2013-09-04 22:37 x
先日twitterからのぞかせてもらいました者です。自分がふだん考えていたことをブログに書かれていたので面白く見させてもらいました。自分も義務的な感じで観ないといけないという事にいつも違和感を持ってました。観る立場でも自分が観られる立場でも観たいと相手に、自分に思わせるようなものを作りださないといけないということが重要だということですね。やはり相手に心から観てみたいと思わせてこそ表現者であると言えるのではないかと思います。あと相手の態度とかも重要ですね。要は書かれてることに私は同感だと言いたいという事です(笑)それでは、失礼しました。
Commented by kimjiyoung at 2013-09-06 08:37
コメントありがとうございます。そこまで共感していただけると恐縮です(笑)。ライブハウスのこの問題に限らず、ルール化・義務化することによって思考停止になってしまうのはよくないんですよ。僕が言いたかった根本的な部分はそこです。また楽しんでいただけるようなエントリーを書けるよう精進します!
by kimjiyoung | 2013-08-30 12:46 | バンド・音楽 | Comments(2)