缶チューハイ気分

twitterでは何度か書きましたが、
KIRINの缶チューハイ「本搾り」にハマってます。

お酒はあまり選ばないようにしてるのですが、
家で甘いお酒を飲むことはあまりなかったんです。
ライブハウスでフードがない時には
フルーツジュースで割ったお酒が飲みやすかったりしますけど。

前にフサが家に来た時に、待ち合わせ場所に行ったら
すでに手に持って飲んでたのが本搾りで(笑)、
おいしいって言うし、近所のスーパーでは1本128円なので買ってみました。
飲んでみたらまあおいしい。
居酒屋で半分に切られた柑橘類がジョッキと一緒に出てくるやつあるじゃないですか。
あれと同じクオリティーです。
いや、それよりおいしいかも。

果汁の割合がレモン12%、グレープフルーツ28%、オレンジなんて45%も入ってます。
アルコール度数は反比例して少しずつ低めに。
僕の好みはオレンジ、グレープフルーツ、レモンの順かな。
マジでぐびぐびいけちゃうので危険です(笑)。

これって単純に果汁たっぷりだからおいしいってだけなの?
それなら何で今まで作られなかったのかな。
コスト的な問題が解消されたとか?

あと、ずっと缶チューハイって焼酎が使われてるのかと思ってたんですけど、
ほとんどはウォッカなんですね。
この本搾りも、同じKIRINの商品「氷結」もウォッカ。
居酒屋で出されるやつは焼酎だよね?
まあ、焼酎とウォッカの違い自体があまりよく分かってませんけど(笑)。

ちなみに「チューハイ」って「焼酎ハイボール」の略だって知ってた?
「ハイボール」っていうと一般的にウイスキーソーダのことを指すけど、
本来は蒸留酒やリキュールを炭酸水やジュースで割ったもの全般を指す言葉らしいです。
ちなみにウイスキーソーダはあまり好きではありません。


ここまでは前置きで、本当に書きたかったのはここからなんだけど(笑)、
サントリーから出してるノンアルコールカクテル・チューハイの「のんある気分」ってあるじゃん?
あれってネーミングおかしくない?

だって、アルコールは飲みたいんだけど「でも運転があるし」、「これから仕事だし」、
「授乳中だし」とかで飲むのがノンアルコールビール・カクテル・チューハイでしょ?
つまり「ノンアルコールだけど、アルコール気分で飲む」ってことじゃん。
じゃあ「アルコール気分」じゃね?

ノンアルコール気分だったら普通のジュースとかお茶飲むし(笑)。

だから商品名は「あるこーる気分」にするのが正しいんだけど、
そうしたらそうしたで、まぎらわしいね(笑)。
[PR]
by kimjiyoung | 2013-08-21 09:28 | 雑記・エッセイ | Comments(0)

著者近影


by kimjiyoung
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30