脱根性=根性不要?

昨日目にしたこのニュース。

"脱根性バレー"で歩み始めた新生男子バレー代表

俺も効率が悪くて結果にも結びつかず、やってる気になるだけの練習や方法は嫌い。
スポーツの経験があまりない俺だけど、きっとすごくいい監督なんだろうなと思った。
ただ前にも書いたけど「叱るのは悪、徹底的に褒める」とかを賞賛してる人の多くは
ただ根性入ってないだけの奴なんじゃないかなって気がしてならないのね。

男子バレー代表の選手たちも、このサトウ監督自身も
「根性」を重視した方法で長い間取り組んできて、
「これだけじゃどうにもならないんだ」って気付いたってことじゃん?
ピンチの時にぐっと踏ん張れる力が根性や負けん気で、
そんなのはあって当たり前だと。
最初から甘ったれてる奴が「根性なんて意味ない」って言うのとは全然違うわけ。

この記事を書いた記者が言わんとしてることも
「根性なんて要らないよ」ってことではないと思うんだけど、
なんか自分の都合のいいように捉えてる読み手も多いんじゃないかって気がした。
[PR]
by kimjiyoung | 2013-05-23 09:17 | 雑記・エッセイ | Comments(0)