酒場としてのライブハウスを考える

僕はお酒が好きです。
音楽もそこそこ好きです。
でもライブハウスで酔うことはあまりありません。
今日はそんな話を。


まず、ライブハウスはお酒が高い。
1杯500円は良心的じゃないでしょ。
600円の所とかもなかったっけ。
1杯目は500円でもいいや。
貴重な収入源だろうし。
でも2杯目からはせめて300円にして。
350円でもいい。
じゃないと俺は飲む気がしない。
だって普段、缶ビール飲むのも我慢してビールもどきでごまかしてんのに。
ライブハウスにお金は落としたいけど、
1杯500円だと「出てから飲もっかな」ってなっちゃうよ。

実際、ライブ当日の周りのバンドマンを見てると、

酒飲みたい→でも金ない→コンビニ行くべ

ってなるパターンが多い。
そこのボーダーが350円ぐらいなんじゃなかろうかと。
350円ならコンビニに行く手間と、
どうせならライブハウスにお金を多い落としたいって気持ちで、
ライブハウスで飲もうってなる。

あと俺の場合はフードが無いっていうのもデカいんだよね。
せめてオリーブとかチーズ、サラミぐらいは置いといてほしいな。
食い物がなかったらビールが300円でもコンビニに行かざるを得ないから。
まあ結構みんな何も食わなくてもガブガブ飲んでるみたいだから、
これは俺だけかもしれないけど。

WALLはたしかお酒安いよね。
昔は発泡酒が300円だったけど、今もそうなのかな?
熊谷のBLUE FORESTも安かった。
関内のB.B.STREETは、値段は安くなかったかもしれないけど、
お酒の種類が豊富で手作りのフードも出してるよね。
ドリンク担当のようこちゃんも仕事にプライド持ってやってる感じがする。
値段を下げない代わりに内容を充実させてるんだよね。
上に挙げた3つのハコでは、みんながコンビニに酒を買いに行ってた記憶がない。

あとこれもライブハウスにお願いしたいんだけど、
ハコ打ちするときはフードが出るかどうかを先に教えてください(笑)。
揚げもの、ご飯ものもしっかり出るのか、乾きものだけなのかとか。
食い物出ないならテーブルセッティングしてる間に何か食べてくるとか
買ってくるとかするので。
逆に何も出ないと思ってしっかり食べたのに、
フライドポテトとから揚げが山盛りでどーん!だったら
「ちょっと、それ先に言ってよー」ってなるじゃん?(笑)


歩み寄りが必要なんだよね。
ドリンクで売り上げを取らなきゃいけない、
でも値段は下げない、持ち込み禁止、再入場も禁止ってされちゃうとさ
「いや、もうちょっと工夫しようよ」と思うのは無理ないでしょ。

そもそもライブハウス側が、
「300円で酒売ってたら赤字。どうぞコンビニ行ってください」
っていうことなんだったら全然構わないんだけど、多分そうじゃないよね?

バンドマンもお客さんも、お酒を飲みながらライブを楽しみたいんです。
それができるライブハウスには潤ってほしいっていう気持ちもあるはず。
でも世間では発泡酒が出て、第3のビールが出て、
居酒屋では200円台でビールを出してる店も珍しくないのに、
500円据え置きで、ただアルコールを出してるだけっつーのは
ちょっと無理があるんじゃないかと僕は思いますね。
あとフード出さないなら食い物は持ち込み可にしてください。
[PR]
by kimjiyoung | 2012-09-14 09:20 | バンド・音楽 | Comments(0)