20120831 雑記

残暑が厳しいね。
好きな季節をたまに聞かれたりするけど、僕はどれも好きです。
四季のある国に生まれて幸せ。


よくテレビで「生活の意外な所に潜む雑菌」みたいなやつやってるじゃん。
ソファーの雑菌の数がどんだけだとか、
包丁の柄の部分には便座の何倍雑菌が付いてるとか。
マンゴツどうでもいい。
体に害ないだろ。
それとウンコの何倍だったら分かるけど便座ってなんだよ。
太もも当たるだけの所と比較すんなタワケ。


ガキの使いのハイテンション・ザ・ベストテンを見るたびに、
俺は芸人になんて絶対になれないなと思う。
すごいよね、あの人たち。


人間関係の悩みって耐えないもので。
自分の味方って誰なんだろうとか考えちゃうけど、
やっぱその人のためにどれだけリスクを負えるかってことなんだよね。
リスクってのは具体的には時間であったり、お金であったり、恥であったり。
バンド関係者でも、現場で会ってなんとなく親しげにするのは簡単じゃん。
そのレベルで親しい奴ならいくらでもいるけど、
自分たちの企画したライブに誘うとか、誘ったライブに出るとか、
プライベートの時間割いて会うってなると本当の信頼がないとできないよね。
俺はそういうところで判断しちゃうし、判断されてると思ってる。

バンド関係じゃなくてもそう。
俺から飲みに2回誘って2回とも都合が合わなくて、
それからしばらくしても向こうから誘いがなければ、
俺はある程度そいつには見切りつけちゃうな。
逆にそういうとこきちっとしてくれる人とはずっと付き合っていこうと思う。
なかなかいないけどね(苦笑)。


俺の義父、つまりかみさんの親父さんは昔滋賀で校長先生をやってたり、
今も教育関係の仕事をしてる人なんだけど、夏休みにちょっと面白い話を聞いた。

「教師が親に勝るところが何か分かるか?
子供たちを客観的に見ることができるところなんだよ。
親は自分の子供を客観的に見られない。
だから自分の子供は客観的に見てどうなのか、
ほかの子と比べてどうなのかっていう意見を大事に受け止めるべきなのに、
『自分の子供のことは親である私が一番よく分かってる』とか、
『若いからまだ何も分かってない』と言って教師の話を聞かない親が多い。
お前はそんな親になるなよ」


オカルト批判にもちょっと疲れてきたけど、
書店に行くとオカルトの根強さにいつも驚かされる。
いまだに細木数子のでっかいポップがどーんと置いてあるし、
「誕生日でその人の性格が分かる!」とかの類の本がずらーっと並んでるもん。
正気の沙汰じゃないよね。
誕生日で性格分かるの?マジで?ハンパない(笑)。
雨男だ晴れ男だとか、血液型性格判断とかもまだやってるっしょ。
インターネットがない時代ならいざ知らずさ。
まあ、そんな思考回路だったら原発反対すんのも無理ないわな。。。
[PR]
by kimjiyoung | 2012-08-31 09:28 | 雑記・エッセイ | Comments(0)

著者近影


by kimjiyoung
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30