20110813 雑記

微妙に面識のあるバンドの音源を聴いたり、MVを見たりしてすごくよかったときに、
それをWEB上に書きたくてもなんか書きづらい自分がいる。
完全に大御所クラスだったり、思っきり後輩だったりしたら書きやすいんだけどね。
微妙に知り合いで、しかもちょっと売れてたりしたらなんか媚び売ってるみたいじゃん。
そう思われるのもしゃくだから。
いいものをいいって言えないのはもどかしいね。


バンドのホームページにさ、BIOGRAPHYってあるじゃん。
もしくはPROFILEとか。
誕生日の月、日だけ書いて年書いてないバンドが多いんだけど、あれなんで?
年齢バレたくないの?
じゃあなんで誕生日だけ書くの?
プレゼント欲しいから?


よくラーメン屋に

「麺の硬さによって、お出しする順番が前後することがあります」

とか書いて貼ってあるじゃん。
前までは

「こんなこと考えたら分かるんだから、わざわざ書かなくていいだろ。
 客を馬鹿にしてんのかよ」

って思ってたんですよ。

でもちょっと前そば屋に行ったら、俺が頼んだものが全然出てこなくて、
俺より後に来た客には次々と食い物が運ばれてたの。
多分、俺と同じメニューを頼んだ客の所に先に出しちゃったかなんかで、
オペレーションにミスがあったんだろうね。
新規開店の店だったし、全然理解できるんだけど、
やっぱ腹減ってるときはイライラしちゃうね。どうしても。
俺でこれぐらいだから、文句言う奴も絶対いるわ。

昔、宅配ピザのバイトしてたときに、ピザの到着が遅くてブチ切れてる客がいたのね。
俺、そのとき時間帯責任者だったからドライバーがピザを届けたあとに謝りに行ったの。
そしたら口の周りテッカテカにしたおばちゃんが出てきて、
「遅れるときはお電話くださいねー」って電話してきたときとはまったく別人になってた。
飲食店でクレーム来たら、まず食べさせてから謝りに行ったほうがいいね。


飲食店で思い出したけど、サイン色紙がよく飾ってあるじゃん。
グチャグチャってサイン書いて、その下に読みやすい字で小さく名前書いてあるじゃん。
二度手間!


うちの会社って、みんなで飯食いに行っても必ずと言っていいほど男女別々に座るのね。
これって韓国人の特徴?
日本人もそんな感じ?
俺はそれ嫌なのね。
混ざって座ればいいじゃん。

だいぶ前だけど結婚式の2次会で、久々に小中の同級生が集まったのね。
男女6人ずつぐらいだったかな。
そのときも完全に6対6で座ってたのね。
で、俺が言ったの。
「せっかくだから混ざって座ろうぜ。女3人こっち来いよ」って。
そしたらその中の1人が「いいじゃんこのままで。合コンじゃあるまいし」って。
周りの女も微動だにしない。
俺こういうのマジで根に持つよ。
いつか復讐する。絶対に。


血液型は性格に影響を与えないって話をすると、
「そうだよね。人間の性格を4つに分けられるわけないもんね」
ってよく言われるけどそういうことじゃないんだよ。
だって逆に言ったら、分けられたとしたら血液型が影響してるってことになるじゃん。
それはまったく別の話でさ。
「『血液型が性格に影響する』と仮定した場合に、
人間の脳は『そうかもしれない』と思い込みやすい」ってこと。
バイアスとプラシーボね。

「無神論者」って言葉もちょっと腑に落ちない。
神ってものがいるかもしれなくて、それを否定してるのが無神論者っていう定義でしょ?
いや、いるかもしれなくないから。
いないから。
アホが勝手に言ってるだけだからそいつらに名前付けろよ。
俺たちはただの正常な人間です。

【参考】
信仰心と無神論の計算の違い
らばQ 「神はいない?」偉人たちの無神論的な50の格言


ほんとさ、俺こんだけデジタルを叫んでるんだけど、
同調してくれる人がほんと少ないのね。
「ちよんの言いたいことも分かる」とかならいるのね。
そうじゃないんだよ、これは。
そば派とうどん派みたいに言わないでくれよ。
好みとかの問題じゃなくて真理の話をしてんの。俺は。
このブログを更新してない日にも毎日見に来てくれてる人が150人はいるのね。
その中にデジオカに関して俺とまったく同じ考え方の人は何人いるのかな。
俺が知ってる人の中で今思いつくのは5人。

結局原発事故の捉え方とかも同じようなもんなんじゃないかな。
事実を事実として受け止められずに、
自分の都合のいいように、被害者ぶりたいときは都合の悪いように解釈するのがオカルトだから。
だってまだ言ってるんでしょ?
京都のこの問題とかもさ。
池田信夫さんのツイート読んでる人には分かるよね。
読んでない奴は知らん。


じゃあ最後にイシンバエワ(ちよんの妻)あるあるいくよー。
なんだかんだタンメン頼みがち♪
[PR]
by kimjiyoung | 2011-08-14 01:32 | 雑記・エッセイ | Comments(0)