鉄道人身事故について

鉄道の人身事故はほとんどが自殺だといいます。
昨日の件はそうだったという前提で。

昨日ライブを終え、翌日の仕事のためにと早めにライブハウスを出ました。
晩ご飯を食べていなかったので駅前でラーメンを1杯食べてから井の頭線に。
下北沢で小田急線に乗り換えようとしたところで電光掲示板を見ると、
とっくに発車してるはずの電車の名前が残ってました。
「生田駅~よみうりランド前駅間で人身事故」とのこと。

途中経過は省略しますが、結局35分で行ける距離を2時間20分かけて帰りました。
その間はラジオを聴く以外に何もできず、思い切り時間を無駄にしました。
さすがにすごくイライラしたし、やるせない気持ちでいっぱいになりましたね。

昔は人が自殺するということ自体、理解ができませんでした。
今は、理解できるというか、ありえることだという認識は持ってます。
僕は割とポジテイブなほうですが、それでも嫌なことが続けば気が滅入ります。
そのときは「メンタルの弱い人にこんなことが続いたら、死にたくなるのかもな」と思ったり。
僕自身、死にたいなどと思ったことは生きてきて一度もありませんが。

自殺の仕方にもいろいろ。
首吊り、飛び降り、服毒など。
昔「完全自殺マニュアル」って本がバカ売れしましたが(僕も読みました)、
今はインターネットでその辺の情報も簡単に得られるでしょう。
列車への飛び込み自殺で、他人にどれだけの迷惑がかかるかも知らないわけではないはず。

自らの人生を終わりにしようとしてる人に
「他人の迷惑も考えろ」というのは無理な話かもしれませんが、
それにしても迷惑ですよ。
本当に迷惑。
自分は死ぬんだから、せめて幸せに生きてる人に嫌な思いをさせていこうってこともあるのかな。
それなら目的は達成できてますね。

車両の点検とか信号機の故障で電車が遅れるのには、さほどイライラしない。
故意じゃないから仕方ない。
でも人身事故の場合は誰かの意思が働いてることだから、どうしてもそいつに腹が立つ。
警察の現場検証が要らないんじゃないか、すぐ電車を動かせとも思わない。
自殺に見せかけた殺人事件を防ぐためにも必要なことなのでしょう。
飛び込み自殺をする奴が100%悪い。

無差別殺人の動機が「生きてることがどうでもよくなった」とかだったりしますよね。
人を殺してはいないけど、やってることはある意味あれと同じだよ。
それぞれ差はあれど、みんないろんな事情を抱えて生きてるの。
自分の不幸を他人に撒き散らしちゃダメだろ。

昨日は深夜にも関わらずホームに人が溢れ、
動かない車内にはあまりの疲れに地べたに座る人もたくさんいました。
運転再開の目処が立っていないという旨のアナウンスが流れると、
人々の表情には一層曇りがかかりました。

無駄になった時間、消耗した体力、ストレスによって損なわれた週末の楽しい記憶、
全部返してほしいです。

「死ぬのは構わないから、他人に迷惑をかけずに死ね」と言うつもりはありません。
無責任に「生きろ」とも言えない。
その人の事情を俺は知らないから。
ただ、1人の勝手な行動によって、一生懸命に生きている大勢の無関係な人が
被害に遭うなんてことはおかしい。
昨日だけを考えたら小さなことかもしれないけど、
こんなことが年間に何百件も起こってるんですよ。
人の死に関わることだから「仕方ない」で済まされていいんでしょうか。
泣き寝入りするしかないんでしょうか。
かと言ってどうすればいいか分からないし、どうすることもできないのかもしれないけど。
[PR]
Commented by K at 2011-07-04 12:46 x
私も先週の東京からの帰りに人身事故のため大幅に電車が遅れていて待ち合わせにかなり遅刻し嫌な思いをして嫌な思いをさせてしまいました。昨日のお昼も電車に触れた人がいたとかでダイヤに影響がでていましたし本当に多いですよね。自分が乗っていた電車がひいてしまってトラウマになった知り合いもいます。やっぱり飛び込みはやめてほしいですね。ちよんさんの言うようにどうすることもできないかもしれませんが。
Commented by kimjiyoung at 2011-07-04 23:48
またいろいろ考えてみたんですが、やっぱり自殺がいけないんですよ。
殺人の場合は、殺されても仕方ないことをした可能性がありますけど、
自ら命を絶っていい理由なんてあるのかなと思います。
それでもやっぱり、死にたくなったことがない人間には分からないことなのかな。。。
by kimjiyoung | 2011-07-04 12:09 | 雑記・エッセイ | Comments(2)