20110511 雑記

仕事上、履歴書に目を通すことが多いのですが、いまだに志望動機のところに

「日本と韓国の架け橋になりたい」

って書いてくる奴が後を絶たない。
もうとっくにいっぱい架かってるよ!
不採用。


いい大人になって、

「数学なんて社会に出ても使わないんだから」

って言ってる奴。
残念。
残念無念。

僕が高3のときの数学の先生がしてくれた話があって、

「数学って何だと思う? いいか、よく見てろよ」

と言って、ほうきを持って教室の外に出る。
ほうきの先端が左右に向くように持って教室に入ろうとする。
ほうきが戸の枠につかえて入れない。

「これじゃ入れないだろ?」

ほうきを先端が前後に向くように持ち直して

「こうすれば入れる。これが数学だ」


これ文章で超伝えづらい(笑)。
でもなんとか分かる?
俺はこれを聞いたとき、なんかやけに納得したの。


仕事をしていても、

部下  「素材の動画が再生できないんですけど、客先に連絡してもらえますか?」
ちよん 「ほかの動画ファイルは再生できる状態なの?」
部下  「いえ、試してませんけど」


いやいやいや。



いやいやいや。


数学的思考というのは、いかにして問題を解決、回避するかってことにおいて
非常に重要になってくるってことをテ・ヨンソク先生は言いたかったんじゃないかと思います。

僕も高校生レベルの数学でいい点取って喜んでただけだけど、
「社会に出ても使わないし」とかは思ったことないかな。


苦手意識を持たないってことはすごく大事。
数学が嫌いな人の気持ち自体があまりよく分からないんだけど、
「俺、数学は苦手だから」って思い込んで完全にふたしちゃってる人も多いと思う。
そうしちゃったほうが楽だからね。
苦手なことにチャレンジし続けるのはしんどいもん。

僕は「俺は○○は嫌い」とか「俺は○○は苦手」っていうふうには、
できるだけ思い込まないようにしてます。
前に洋パンクがあまり好きじゃないって言いましたけど、
それも決めつけてるわけじゃなくて、タイミングが合えば聴いてみてます。
いつか好きになるかもしれないしね。
ビートルズとか、ツェッペリンもそうかな。
いつか良さが分かるようになるんじゃないかと思って、たまに聴くようにしてます。

お酒もそう。
ちゃんと考えたら好きなお酒と、あまり好きじゃないお酒があるんだけど、
なるべくそう考えずまんべんなく飲んでます。
いつ好みが変わるか分からないしさ。
あとは誰かと一緒に飲むとして、俺がビールを飲みたいときは
相手もビールで乾杯してくれたほうがうれしいのね。
だから俺も、一緒に飲む人にお酒を合わせられるようになっておいたほうがいいのかなって。
「俺はビール党」とか「私の血はワインで出来てるの」とかは無駄だし、
損するだけのこだわりですよ。
いらない。
なんもカッコよくねーし。
黙ってそればっか飲んでる分には構わないけど、いちいちアピんなと。

季節もそうかな。
昔は「俺は夏生まれだから、夏が一番好き」とか無理やり思ってたけど、今はどの季節も好き。
梅雨も好き。
って思い込むようにして自己暗示をかけてる。
だってそっちのほうが毎年「梅雨かー、うっとうしいなー」ってなってるより得じゃん。
いや、俺も雨は嫌いだよ。
嫌いだけど好きだって思い込むの。
みんながこんなふうに考えられたらとても素敵。


じゃあ今日も最後にイシンバエワ(ちよんの妻)あるあるいくよー。
料理するときニンニクに頼りがち♪
[PR]
Commented by ikkyo14 at 2011-05-12 22:49
昔、アルバイト希望の子を面接したときに履歴書の志望動機欄に
「遊ぶ金欲しさ」って書いてるツワモノいましたよ。犯行動機かよw!
Commented by kimjiyoung at 2011-05-12 23:19
それ面白い(笑)。
その子はしっかりしてるか、とんでもない奴かのどっちかだな。
by kimjiyoung | 2011-05-12 00:13 | 雑記・エッセイ | Comments(2)