早期教育って必要なの?

2つ前のエントリーの続き。

教育方針で感心できないのが、なんでも小さいときに始めさせなきゃダメだっていう考え方。
早期教育ってやつですかね。
僕はそれの重要性を認めてません。

物心もつかないときから英語を習わせて、もしネイティブばりに話せるようになったとする。
だから何なの?
そりゃちょっとはカッコいいよ。
だから何なの?
大事なのは何を話すかだろ。
何語を話すかじゃないんだよ。

ピアノを早くに習わせて、絶対音感を養ったからって何なの?
グラスがテーブルに当たる音を音階で表せたら、ちょっとは「へー」ってなるよ。
だから何なの?
そんなのただの一発芸だろ。
どんな曲を作るか、その中で何を表現するかが大事なんじゃないの?

沼澤尚さんていうトップドラマーがいます。
彼は大学卒業後にLAの音楽専門学校に留学したんだけど、
ドラムを叩いたのはそのときが初めてらしい。
それで卒業と同時にその学校の講師になって、それから20年以上ずっと一線で活躍してる。

ジャンボ尾崎こと、尾崎将司さんだって元々はプロ野球選手だよ?
高校時代、春のセンバツでは優勝投手にもなってる。
退団後、元打撃コーチに
「プロゴルファーになったほうがいいんじゃないか」
と言われてからゴルファーに転向して、世界の尾崎になったんだから。

語学もそう。
外国人力士があれだけ日本語を上手に話してるんだから、
早期教育を否定できる材料としては十分だよね。

「でもバイオリンや、ピアノは小さいときから始めないとダメな楽器だよね」
と言われたこともあります。
ダメって何?
じゃあどうなったらダメじゃないの?
もし本当にそうならそんな楽器、やんなくていいよ。

それにスーパーちびっこ大集合みたいな番組よくあったけどさ、
あの中から大人になってもちゃんと活躍してる奴が何人いる?
俺だって小6からドラム始めて、高校生んときなんかめちゃくちゃ上手かったんだから。
今なんて見てみ?
こんなに落ちぶれ(自虐ネタはもういいですか?)

とにかく、小さいときから何か始めて成功した人は、
それを始めるタイミングが遅かったとしてもきっとそれなりの結果を出してるはず。
ダメな奴は0歳から始めてもダメだよ。

僕の子供は、好き嫌いせずよく食べて、よく笑って、
きちんと挨拶のできる人間になってくれればそれでいいです。


じゃあそんな子供たちの母親でもあるイシンバエワのあるあるいくよー。
雨なのに洗濯機回しがち♪
[PR]
by kimjiyoung | 2011-05-11 00:36 | 雑記・エッセイ | Comments(0)