ブロガーとして考えてること

先日のライブでお客さんに、

「ブログを読んだ感じだと、もっと怖い人かと思ってました」

みたいなことを言われましてね。

まあそう思うのが普通かも。
殺すとか死ねとか平気で書くからね(笑)。

これ言っちゃったらつまんないかもしれないけど、
実際に会ってみるとめちゃくちゃ普通の奴ですよ。
だってブログは読みものだもん。
少し過剰なぐらいがちょうどいいんだと思ってます。
歯に衣着せてもつまんないじゃん。
普通のこと書いてても読んでもらえるぐらいのカリスマが本人にあるなら別だけどさ。
俺にはそれもないしね。


あと、近い知り合いとかだと

「せっかく内容はいいのに、書き方がキツいせいで届く人にも届かない。
損してるんじゃないか」

っていうのもよく言われます。

これはまさに「リテラシー」の部分なのかもしれないんだけど、
何を言わんとしてるかを文脈から読み取って内容を理解できる人じゃなければ、
読まなくてもいいよと思っちゃう。
あ、ちょっと訂正。
何を言わんとしてるかを文脈から読み取って内容までを理解してほしい。
人間のコミュニケーション能力として必要なことだと思うから。

まああとは読み手にもいろんな人がいるからさ、
そこまでいちいち合わせてらんないってのはあるよね。
どうせこっちが通ったらあっちが通らないみたいなことになるしさ。
だったら自分の書きたいように書くほうが、ストレートに伝わる分いいじゃん。

そうそう、ストレートに伝えたいの。
そのときに思ったことを浮かんだ言葉のままでさ。
反撃を恐れて攻撃の手を緩めるみたいなことはしたくない。
大体それをやってる人っていうのは、
「優しくするから、俺にも優しくしてくれよ」っていう考え方だと思うんだ。
俺にはそういうの全然ないから。
正当に評価するから、正当に評価してほしい。
いわば覚悟のうえで書いてます。
そうでなきゃいけないと思うしね。

それとこういうことを話すと、
「みんながみんな、お前と同じ考えじゃないんだから」
みたいなことを言われるんだけど、
俺はだからこそ、それぞれが自分の考えを主張すべきだと思うのね。
主張するのも自由、受け取り方も自由なんだからさ。
そのうえで状況に応じてきちんと折り合いをつけるっていうね。
考え方は人それぞれだからっつってみんなが自分を殺してたら
進むものも進まないんじゃないかな。
「自己主張する人間=聞く耳を持たない」ってことじゃないはずだしね。
少なくとも俺はそうあろうと思ってます。

なんだかんだで一番大きいのはさ、
いろんなこと気にして書いてたら更新頻度が落ちるってこと(笑)。
やっぱりブログを書く上で最も重要なことは何といっても更新頻度だからね。
これからも読み手に優しくするつもりはないですよ。
基本は思ったままを書きます。

もし今よりもっとたくさんの人が読んでくれるブログになれるとすれば、
それは書き方うんぬんじゃなくて、僕自身が人間として成長したときでしょうね。
[PR]
by kimjiyoung | 2011-03-30 04:58 | ちよんブログ関連 | Comments(0)

著者近影


by kimjiyoung
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31