歌のこと

小さいころから歌うことが大好きです。

母親の話によると、言葉より先に歌を覚えてたとか。
母が2歳下の妹を産んだときも、病院の廊下から僕の歌声が聞こえてきて、
僕が見舞いに来たことが分かったと言ってました。

もう少し大きくなって、父が運転する車ではずっと
スティービー・ワンダーとラッツ・アンド・スターの曲がかかってました。
歌詞カードも見ずに空で全曲覚えて歌ってましたね。
聞こえるままなんで言葉なんてめちゃくちゃでしたが、
それでもSir Dukeあたりを上手に歌ってましたよ。

で、小学校6年生のときに、サッカーが下手すぎて音楽の道を志すわけですが、
なんとなくボーカルにはいつでも転向できるって頭があったのかもしれませんね。
ドラムを始めて、途中でギターもかじりながら
それでもドラマーとして数年を過ごしました。

24歳で結婚をします。
プライベートではバンドでドラムを叩きながらも、
サラリーマンとして飲みの席で歌を歌う機会がいきなり増えるわけです。
そして当時一緒に働いていたのが、マカロンズの代表でもあるムギソラヒコ先輩
(彼の歌唱力はここ10年の歌舞伎町と赤坂を席巻し続けています)
2人でJ-POPと韓国歌謡を漁り、
まさにアフター5が主戦場と言わんばかりに飲み屋で歌いまくってました。
赤坂のコリアンクラブでは、おひねりで1曲最高5万円稼いだことがあります。

今はたまに行くスナックやキャバクラでちろっと歌う程度ですが、
それでも歌うことはすごく好きですね。
自転車漕いでるときもたいがい熱唱してます。

仕事で韓国の歌番組なんかを見ることも多いんですが、
もう俺、歌手になりたいよ。
なんだったら2AMに入りたい。

やっぱね、韓国歌謡ほんとにすごいよ。
バンドは市場自体がないに等しいから、
演る人間が少なくてレベルも低ければ、聴く側の耳も全然出来てないけど、
ポピュラーミュージックに関して言えば日本は歯が立たないと思う。


女の子も歌が上手いとめちゃくちゃかわいく見えます。
逆に歌い方が気持ち悪い女はいくらかわいくてもぶん殴りたくなります。
(下手じゃなくて、歌い方が気持ち悪い奴ね)

でも僕の場合、歌が上手くてモテたことはないですね。
ムギ先輩はモテまくってました。
何なんでしょうね。
女からしたら、歌はあんま関係ないのかな。
それとも僕のルックスや性格がそれを帳消しにしてるとか。






_| ̄|○



ドラムでちゃんと結果を出したら、自分がメインボーカルのバンドをやるのが夢です。
[PR]
Commented by にゃあ at 2010-12-09 10:30 x
ちよんの歌ちゃんときいたことないな。ちゃんと聴いてみたい。
Commented by kimjiyoung at 2010-12-09 19:42
メインボーカルのバンド作ったらぜひ聴いてください!
by kimjiyoung | 2010-12-09 02:04 | 雑記・エッセイ | Comments(2)

著者近影


by kimjiyoung
カレンダー